Lists

保存済みフィルター、動的リスト、静的リストの相違点

更新日時 November 5, 2018

free

HubSpotでは、複数の方法でコンタクトをセグメンテーションすることができます。ここでは、保存済みフィルター、動的リスト、静的リストの相違点について説明します。

保存済みフィルター

保存済みフィルターは、すべてのHubSpotアカウントで利用可能です。コンタクト、会社、取引、チケットのいずれかのダッシュボードから、データベースのセグメントをすばやく確認することに役立ちます。保存済みフィルターを利用したコンタクトのセグメンテーションには、HubSpotアカウントの既定のプロパティーやカスタムプロパティーをどれでも使用することができます。保存済みフィルターによって表示されるコンタクトは、設定された条件をそれぞれのコンタクトが現時点で満たしているかどうかに基づいて、自動的に追加・削除されます。

リスト(Marketing Hub のみ)

リストは、Marketing Hub アカウントに限定でご利用いただける機能です。 リストを利用すると、コンタクトのプロパティー値に加えて、ページビュー、フォーム送信、Eメールへの反応といった他のフィルターを使ってコンタクトをセグメンテーションできます。リストは、対象者を指定してマーケティングEメールの送信やワークフローへの登録(Marketing Hub ProfessionalおよびEnterpriseのみ)を行う場合に活用できます。

作成できるリストには、動的リストと静的リストの2種類があります

動的リストは、個々のコンタクトが設定された条件に合致するとリストに追加され、合致しなくなるとリストから削除されるというように、内容が自動的に更新されます。例えば、条件に合致する新規のコンタクトを追加しながら、コンタクトの特定のグループを対象とする継続的なEメールキャンペーンを実施したいという場合、動的リストが便利です。

動的リストの一般的な活用法には、次のようなものがあります。

  • コンタクトそれぞれの行動やプロパティーに基づく独自のマーケティングEメールを送信する。定期的にニュースレターを送信する場合は、動的リストを使用することで、絶えず変化する購読者の一覧を自動で管理できます。
  • コンタクトの行動やプロパティー値に基づいてコンタクトにアウトバウンドコールをかける。
  • ライフサイクルステージ別にコンタクトをグループ化し、各ステージのコンタクトの行動とプロパティーを明らかにする。動的リストを使用すると、各ステージのコンタクトの数をすばやく確認できます。
  • HubSpotスコアなど、時間とともに頻繁に変化するプロパティーに応じてコンタクトをセグメンテーションする。 

静的リストは、新しいコンタクトが条件を満たしても更新されません。静的リストは、ある時点で一定の要件を満たしていたコンタクトのグループを保存したスナップショットです。コンタクトは、手動で静的リストに追加または削除することができます。静的リストは、特定の日時に一定の条件を満たしていたコンタクトを把握するのに役立ちます。この静的リストを後から見直して、条件を満たさなくなったコンタクトを確認することもできます。

静的リストの一般的な活用法には、次のようなものがあります。

  • 他の静的リストまたは動的リストを作成する際の基準とする。
  • 手動でコンタクトをワークフローに追加する。
  • 1回限りの一斉送信Eメール、頻繁に実施しないEメールキャンペーン、めったに変更しないコンタクトのリスト(例:イベント参加者のリスト、社内ニュースレター用のスタッフリスト、展示会で集まったコンタクトのリストなど)に使用する。 
  • 共通のリスト条件がないコンタクトを手動でグループ化する。
  • セグメンテーションしたコンタクトをアカウントから一括削除する。

詳しくは、リストの作成についてを参照してください。