お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Landing Pages
Email
Design Manager

コンテンツをパーソナライズする

更新日時 2020年 8月 19日

対象製品

すべての製品とプラン

パーソナライゼーショントークンを使用すると、パーソナライズされたコンテンツをCRMデータベース内のコンタクトに表示できます。パーソナライゼーションは、ウェブサイトとEメールのキャンペーンを使用したエンゲージメントを増やすことができます。コンタクトプロパティーまたはカスタムプロパティーを使用して、Eメール、ウェブサイトページ、およびランディングページ内のコンテンツをパーソナライズできます。

この記事では、ページエディター、マーケティングEメールエディター、およびページテンプレートとEメールテンプレートでパーソナライズされたコンテンツをリッチ テキスト モジュールに追加する方法について説明します。パーソナライゼーションをEメールの件名に追加する方法やパーソナライゼーションをセールスEメールテンプレートまたはスニペットに追加する方法を学習します。

パーソナライゼーションの仕組み

パーソナライゼーショントークンで値を表示するには、それを表示するコンタクトがCRM内のコンタクトレコードとそのトークンのプロパティー値を知っている必要があります。

注:Eメールでは、HubLフィルターをパーソナライゼーショントークンに適用できません。 

コンテンツにパーソナライゼーションを追加する

  • エディターで、リッチテキストモジュールをクリックしてパーソナライズトークンを挿入します。
  • パーソナライゼーショントークンを挿入する場所にカーソルを置き、リッチ テキスト ツールバーの[パーソナライズ]ドロップダウンメニューをクリックします。
  • [トークン]ドロップダウンメニューをクリックしてから、検索バーを使用して トークンを選択します。
    • 会社:このトークンでは、HubSpotデータベース内のコンタクトに関連付けられている会社のプロパティの値を使用します。これには、会社所有者、総収益、業界、および名前のトークンが含まれます。 
    • コンタクト:このトークンでは、HubSpotデータベース内のコンタクトに関連付けられているコンタクトプロパティの値を使用します。これには、コンタクト所有者、名、姓、E メールのトークンが含まれます。
    • オフィス所在地: このトークンは、設定内の E メールフッター情報から取得されたものです。これには、市区町村、都道府県、郵便番号が含まれます。
    • サブスクリプションタイプ:このトークンは、E メールのサブスクリプションタイプの名前を使用します。

注:取引チケット見積もりのパーソナライズトークンのタイプは、自動化用に保存されたマーケティング E メールでのみ利用可能です。これらのトークンは、自動送信 e メールが対応するタイプのワークフローで使用される場合にのみ有効です。(例、取引ベースのワークフローで使用される自動送信 e メールの取引パーソナライズトークン。)

  • ドロップダウンメニューからトークンとして使用するプロパティーを選択します。
    • [コンタクト担当者]または[会社担当者]を選択する場合は、[ユーザープロパティー]ドロップダウンメニューをクリックして、所有者のユーザープロファイルからトークンとして使用するプロパティーを選択します。 
  • トークンの既定値を設定します。デフォルト値は、コンタクトが特定のプロパティに値を持たない時使用されます。トークンのグローバル既定値を設定することもできます。

    insert-personalisation-token
  • [トークンを挿入]をクリックします。リッチテキストモジュールで、選択したプロパティ名を持つトークンが強調表示されます。

パーソナライゼーションをプレビューする

ご注意ください:既定値が設定されていない場合、CONTACTT.PROPERTYNAME はテスト E メールまたはページプレビューに表示され、公開中のコンテンツに値が表示されません。

  • パーソナライゼーションがランディングページとウェブサイトページでどのように表示されるかをプレビューするには、右上にある[プレビュー]をクリックしてページをプレビューします。
  • Eメールでパーソナライゼーションをプレビューするには、右上にある[アクション]ドロップダウンメニューをクリックして、[プレビュー]選択し、Eメールをプレビューします。

コード化されたテンプレートにパーソナライズを追加する 

デザイナーがコードテンプレートを作成する場合、パーソナライズトークンを手動でテンプレートに追加することができます。パーソナライズパーソナライズに使用するコンタクトのプロパティー名と共に、 サポートされている変数 を含める必要があるトークンに注意します。 

のため、例えば、 [名] コンタクトのプロパティーを使用する場合は、そのプロパティの名前を適切な変数の名前に含めることができます。コードテンプレート内のこのトークンは次のように表示されます。

 >様{{contact.firstname}}!</

設定で使用されるパーソナライズトークンのデフォルト値を管理できます。.

/jp/cos-general/how-to-use-personalization-with-your-content