お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

計算プロパティーの作成

更新日時 2020年 10月 30日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise
CMS Hub  Professional, Enterprise

HubSpotの計算プロパティーには、数値のプロパティーに基づくカスタムの数式を設定できます。さらに、関連レコードのプロパティーについて、最小値・最大値・件数・合計・平均を自動的に計算することができます。

他のタイプのプロパティーについて詳細をご確認ください。

注:スコア、計算済み、日付または複数行のプロパティーが作成された場合、そのフィールドタイプは編集できません。

  • [Build formula(式を作成)]をクリックします。
  • [Calculated property type(計算済みプロパティータイプ)]のドロップダウンメニューをクリックし、作成したい式のタイプを次の中から選択します。
    • Custom equation(カスタム数式):複数の数値プロパティーの値を組み合わせたり整数定数を加算したりすることで、プロパティーの値を計算することができます。カスタム数式には、新しいプロパティの作成時に指定されるレコードタイプ以外のプロパティーを使用することはできません。
      • ドロップダウンメニューをクリックして数値プロパティーを選択するか数値を入力して、[Constant: [entered value](定数:[入力値])]のオプションをクリックして、数式に整数定数を含めます。
      • 演算記号のドロップダウンメニューをクリックして、加(+)、減(-)、乗(*)、除(/)のいずれかを選択します。
      • 式の要素を追加するには、[Add to equation(式に追加)]をクリックします。式の途中にさらに要素を追加するには、カッコ内の[Expand(展開)]ボタンをクリックします。

        calculation-property-custom-equation

注:カスタム式で使用されるプロパティーのいずれかに値がない場合、計算されたプロパティー値が空になります。数値が一定に含まれている場合でも値が空になります。

    • Min(最小値):選択された関連レコードタイプ内で、選択された数値プロパティーの最小値を表示します。
    • Max(最大値):選択された関連レコードタイプ内で、選択された数値プロパティーの最大値を求めます。
    • Count(件数):選択されたレコードタイプ内で、選択された数値プロパティーに値がある関連レコードの合計件数を計算します。
    • Sum(合計):選択されたレコードタイプ内で、選択された数値プロパティーの値の合計を計算します。
    • Average(平均):選択されたレコードタイプ内で、選択された数値プロパティーのすべての値の平均値を計算します。
    • Time between(経過時間):日付選択カレンダーで選択した2つのプロパティーの間の時間の長さを計算します。
      • 時間の表示方法は、HubSpotのツールごとに異なります。
      • オブジェクトレコード(コンタクトレコードなど)について表示される値は、時間、または日数、または月数、または年数です。たとえば、計算された時間値が1か月20日の場合、表示される値は1か月になります。
      • このフィールドタイプのプロパティーを使用しているカスタムレポートでは、表示される値が日数単位になります。たとえば、計算結果の時間が1年と20日の場合、表示される値は385日になります。
  • [作成]をクリックします。作成後のプロパティーに表示されるフィールドタイプは、選択した計算済みプロパティータイプに応じて「方程式」または「ロールアップ」になります。