メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

スケジュール済みワークフローの作成

更新日時 2022年 1月 18日

対象製品

Operations Hub Professional, Enterprise

事前設定された一定間隔ごとに繰り返されるようにワークフローのスケジュールを設定します。レコードは、スケジュールされた日になって初めてワークフローに登録されます。

週や月の特定の日にワークフローが実行されるようにスケジュールすることができます。例えば、社内リマインダーを毎週木曜日の午前7時、あるいは毎月28日に送信するようにワークフローを設定できます。

あるいは特定のカレンダー日付やコンタクト日付プロパティーに基づきワークフローアクションを設定する必要がある場合は、「特定の日付」または「コンタクト日付プロパティー」ワークフローの作成について参照してください。

ワークフローのスケジュール設定

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 右上の[ワークフローを作成]をクリックします。
  • 左側のパネルで[新規作成]タブをクリックします。
  • 左側のパネルで[(オブジェクト)ベース]を選択して、ワークフロー オブジェクト タイプを選択します。これにより、ワークフローに登録できるレコードのタイプが決まります。スケジュールワークフローは、すべてのワークフロー オブジェクト タイプで使用可能です。
  • 右側のパネルの[タイプを選択]で、[スケジュール]を選択します。


  • 繰り返されるワークフローのスケジュールを次のように設定します。
    • 例えば毎日午前8時のようにワークフローを毎日繰り返すには:
      • トリガーをスケジュール]ドロップダウンメニューをクリックし、[Daily(日次)]を選択します。
      • [時刻]ドロップダウンメニューをクリックして、ワークフローを毎日実行する時刻を選択します。 
    • 例えば毎週金曜日の午前8時のようにワークフローを毎週繰り返すには:
      • [トリガーをスケジュール]ドロップダウンメニューをクリックし、[Weekly(週次)]を選択します。
      • [曜日]ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローを実行する曜日の横にあるチェックボックスを選択します。
      • [時刻]ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローを実行する時刻を選択します。 
    • 毎月繰り返されるワークフローを設定するには: 
      • [トリガーをスケジュール]ドロップダウンメニューをクリックし、[Monthly(月次)]を選択します。
      • 例えば毎月23日の午前8時のように、月の特定の日にワークフローを起動させるには: 
        • [日付]セクションで、[特定の日付]オプションを選択します。 
        • [日付]ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローを実行する日付の横にあるチェックボックスを選択します。
      • 毎月最終日の午後3時など、月によって変動する日にワークフローを起動させるには: 
        • [日付]セクションで、[任意の日付]オプションを選択します。 
        • [日付]ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローを実行するを選択します。例えば[月の最終日]、[月の最初の月曜日]などです。 
      • [時刻]ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローを実行する時刻を選択します。 
    • 例えば毎年7月4日の午前8時のように、毎年繰り返されるワークフローを設定するには: 
      • [スケジュールトリガー]ドロップダウンメニューをクリックし、[毎年]を選択します。
      • [月]ドロップダウンメニューをクリックして、ワークフローを実行する月を選択します。
      • [日付]ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローを実行する特定の日を選択します。
      • [時刻]ドロップダウンメニューをクリックし、ワークフローを実行する時刻を選択します。

注意:スケジュール済みワークフローは、スケジュールされた特定の曜日と日付にのみ実行されます。例えばワークフローを「毎月」繰り返すように設定した場合、「月の日付」を31日に設定すると、31日がない月にはワークフローが実行されません(例えば28日または29日しかない2月)。     


  • 鉛筆アイコン[編集]をクリックしてワークフローに名前を付けてから、[ワークフローを作成]をクリックします。自動的にワークフローエディターに移動します。

ワークフロースケジュールの更新 

ワークフローの作成後、ワークフロースケジュールを変更することにした場合は、ワークフローエディター内で変更できます。 

  • ワークフローエディターで[トリガーをスケジュール]をクリックします。
  • 右側のパネルで新しいワークフロースケジュールを選択します。 
  • [保存]をクリックします。スケジュールを変更すると即時にそれが反映されます。

登録条件を設定する

繰り返しスケジュールが設定されているそれぞれの日時に、トリガー基準を満たすすべてのレコードが登録され、ワークフローを通過していきます(以前にレコードが登録された場合でも)。トリガー基準を満たさなくなったレコードは、もはやワークフローに登録されません。

手動で登録されたレコードは、トリガー基準を満たさない限り、設定済みスケジュールに従って後続のスケジュール済み日に自動的に登録されることはありません。手動で登録されたレコードは、ただちにワークフローを実行させます。

  • ワークフローエディターで、[登録トリガーを設定]をクリックします。
  • 右側のパネルで、登録トリガーのフィルタータイプを選択して登録基準を設定します。再登録トリガーはスケジュール済みワークフローには適用されません。その理由は、登録基準を満たすすべてのレコードが、定期的にスケジュールされた日時に登録されるからです。
  • 条件を設定して[フィルターを適用]をクリックします。 
  • [保存]をクリックします。

アクションを追加する

  • ワークフローエディターでプラスアイコン+をクリックします。
  • 右側のパネルで、アクションを選択します。ワークフローアクションを選択する方法をご確認ください。
  • アクションの詳細を設定して、[保存]をクリックします。
  • プラスアイコン+をクリックして、さらにワークフローアクションを追加します。

設定を管理する

ワークフローの設定を管理するには、[設定]タブをクリックします。[全般]ページで、ワークフローアクションを一時停止する日を選択したり、コンタクトベースのワークフローにキャンペーンを関連付けたりします。

スケジュール済みトリガーを使用しているワークフローでは、ワークフローアクションが実行可能になるタイミングを設定することはできません。[これらのアクションをいつ実行しますか?]オプションはグレー表示になります。


[登録解除と除外]ページでは、ワークフローからレコードを自動的に削除または除外するための登録解除/除外条件を設定します。

ワークフロー設定の管理について詳細をご確認ください。

ワークフローを有効にする

  • 右上の[確認および公開]をクリックします。
  • ページの[登録]セクションに、トリガー基準を現在満たしているレコードの数が表示されます。次のスケジュール済み日にトリガー基準を満たしている既存のすべてのコンタクトが登録されます。 
  • アカウントが「Marketing Hub Starter」、「Professional」、または「Enterprise」である場合、コンタクトベースのワークフローで、[リストを使用してこれらのコンタクトを表示]をクリックすることにより、条件を満たすコンタクトの静的リストを表示できます。リストは自動的に保存され、リストダッシュボードからこれにアクセスできます。

  • ワークフロー設定を確認してから、[有効にする]をクリックします。

ワークフローを有効にした後、ワークフロー履歴を表示することにより、登録されたレコードを確認できます。