メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

HubSpot標準サンドボックスアカウントをセットアップする

更新日時 2024年 1月 29日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Marketing Hub Enterprise
Sales Hub Enterprise
Service Hub Enterprise
Operations Hub Enterprise
CMS Hub Enterprise

スーパー管理者、メインのHubSpotアカウントに影響を与えることなく、標準のサンドボックスアカウントを作成して機能をテストできます。例えば、アプリを標準サンドボックスアカウントに接続して、新しい連携をテストできます。そうすることで、メインアカウントからデータを同期して連携をテストできるので、メインアカウント内のデータをクリーンに保つことができます。

注:標準サンドボックスアカウントでは、メインアカウントと同じツールと機能(配信登録に基づく)にアクセスできます。ただし、ユーザーがコールを発信したり、リードスコアリングを行うことはできません

標準のサンドボックスアカウントから既存のサンドボックスユーザーに対し、1対1のテストメールマーケティングメールを送信することができます。サンドボックスのユーザーではないコンタクトにEメールを送信しても、それらのコンタクトは標準サンドボックスアカウントのユーザーではないため、Eメールは送信されません。サンドボックスアカウント内でHubSpotユーザーを追加することができます。標準サンドボックスアカウントから送信されるEメールは、メインアカウントとは異なるトランザクションIPアドレスから送信されます。

メインアカウントから同期されるのは、ProfessionalとEnterpriseのトライアル版のみです。ベータ版の機能は、メインアカウントから同期されません。これらの機能を利用するためには、ベータ版の標準サンドボックスアカウントに登録する必要があります。

注:HubSpotでは、ウェブサイトの再設計に標準サンドボックスアカウントを使用することを推奨していません。再設計されたテンプレートとページをメインアカウントに転送することはできないためです。

ユーザーを標準サンドボックスアカウントに追加する場合、HubSpotはそのユーザーをメインアカウントの新しいユーザーとしては作成しません。例えば、コンサルタントや契約社員を標準サンドボックスアカウントに追加しても、これらのユーザーがメインアカウントにアクセスすることはできません。既定では、標準サンドボックスアカウントのユーザーとして追加されるのは「スーパー管理者」だけです。 

同様に、標準サンドボックスアカウントで割り当てられた有料シートがメインアカウントのシートに影響を及ぼすことはありません。また、メインアカウントで「Sales Hub Enterprise」または「Service Hub Enterprise」の有料シートを持つユーザーが標準サンドボックスアカウントに追加されても、ユーザーにそのシートが自動的に割り当てられることはありません。トライアルアカウントで標準サンドボックスをセットアップした場合は、トライアル終了までサンドボックスを利用できます。トライアルが終了すると、標準サンドボックスアカウントにアクセスできなくなります。トライアルが終了してから90日以内にアップグレードした場合は、再び標準サンドボックスアカウントにアクセスできるようになります。

注:標準の andboxアカウントは、アプリ開発者アカウントとは異なります。

標準サンドボックスアカウントを作成して管理する

標準サンドボックスアカウントを作成するには、次のようにします。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで[サンドボックス]を選択します。
  • 新しいサンドボックスを作成するには、[標準サンドボックスを構築]をクリックします。
    build-standard-sandbox
  • [作成]画面の[サンドボックスに名前を付ける]に、サンドボックスの名前を入力します。
  • 右下の[次へ>]をクリックします。
  • 「アセットを選択」画面で、「サポートされる全てのアセットを同期」または「特定のアセットを選択」を選択します。コンタクト、フォーム、リスト、マーケティングEメール、オブジェクト定義、パイプライン、テーマ、テンプレート、ワークフローをサンドボックスアカウントに同期することができます。スーパー管理者」権限を持つユーザーと、アカウントのツールと機能を使用できるユーザーは、サンドボックスアカウントに自動的に同期されます。
select-assets-to-sync
  • 「次へ」 をクリックする。
  • [特定のアセットを選択]を選択した場合は、次のようにします。
    • 同期するアセットの横にあるチェックボックスをクリックします。[次へ>]をクリックします。
    • 同期するオブジェクトの横にあるチェックボックスをクリックします。[次へ>]をクリックします。

      select-assets-to-sync-sandbox
  • 選択したアセットを確認します。選択内容に問題がなければ、右下の[標準サンドボックスを構築]をクリックします。

注:あなたの標準サンドボックスアカウントは、自動的に本番アカウントと同じベータに登録されます。サポートされる全てのアセットであれ、特定のアセットであれ、同期をセットアップする時はいつでも、サンドボックスアカウントは前回の同期以降に本番アカウントで行われた新しいベータに自動的に登録されます。サンドボックスアカウントでベータに登録することもでき、本番アカウントがそのベータに登録されていない場合は、同期の影響を受けません。

既定では、作成できる標準サンドボックスアカウントの数は1つに限られますが、サンドボックスアカウントでは最大100,000件のコンタクトを使用できます。サンドボックスアカウント数の上限に達した場合、既存のサンドボックスを削除してからでないと、新しいサンドボックスを作成できません。追加のサンドボックスをサブスクリプションの追加オプションとして購入することもできます。

既存の標準サンドボックスを更新することもできます。更新すると、コンタクトおよび関連レコードを除き、メインアカウントの現在の状態がサンドボックスと再同期されます。標準のインポートとエクスポートツールを使用して、標準のサンドボックスにコンタクトを手動で追加することができます。

標準サンドボックスを更新すると、標準サンドボックスアカウントに同期されているアセットに加えた変更が上書きされます。標準サンドボックスアカウントでカスタムオブジェクトを作成し、本番アカウントでは作成していない場合、サンドボックスアカウントを再同期しても、カスタムオブジェクトは上書きされません。 

既存の標準サンドボックスアカウントを更新するには、次のようにします。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで[サンドボックス]を選択します。
  • 更新する既存のサンドボックスの名前の横にある[サンドボックスへの同期を設定]を選択します。

標準サンドボックスアカウントを削除するには、次のようにします。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで[サンドボックス]を選択します。
  • 削除するサンドボックスの名前にカーソルを重ねて、[削除]を選択します。

標準サンドボックスアカウントにアクセスする

標準サンドボックスアカウントの全てのユーザーは、メイン アカウント メニューからサンドボックスにアクセスできます。

  • HubSpotアカウントで、右上のアカウント名をクリックします。
  • アカウント名の上にカーソルを重ねると、最近使用したアカウントのリストが表示されます。
  • ドロップダウンメニューで、アクセス対象のサンドボックスの名前をクリックします。

navigate-to-sandbox-1

上部に、標準サンドボックスアカウントを使用中であることを伝えるバナーが表示されます。

sandbox-banner

 

スーパー管理者、アカウント設定からサンドボックスにアクセスすることもできる:

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで[サンドボックス]を選択します。
  • アクセス対象のサンドボックスの名前をクリックします。 
  • サンドボックスアカウントを終了するには、画面上部にある[本番アカウントに戻る]をクリックします。

 

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。