Become a HubSpot power user — join us for HubSpot Training Day 2017.

Forms

スパムフォーム送信をやめさせるにはどうすればよいですか。

更新日時 December 1, 2016

HubSpotフォームのEメールフィールドにEメールアドレスが入力されるごとに、HubSpotによってアドレスはすぐに検証されます。この機能は、すべてのHubSpotフォームに組み込まれており、有効にする必要はありません。Eメールアドレスが有効でない場合(存在しない場合、スペルが間違っているなど)、ユーザーはフォームを送信できません。

Eメールのフォームフィールドに他の検証を追加したい場合もあります。その場合は、[Contacts(コンタクト)] > [Forms(フォーム)]の順に進みます。Forms(フォーム)のダッシュボードに移動したら、検証の追加が必要なフォームクリックして編集できるようにします。次に、Eメールフィールド鉛筆アイコンをクリックします。

Eメールフィールド編集の鉛筆アイコン
Eメールフィールド編集の鉛筆アイコン

Eメールフィールドに他の検証を追加する2つのオプションが表示されます。

  1. [Email Domains to Block(ブロック対象のEメールドメイン)]- このオプションは、過去に特定のドメインからスパムを受け取ったことがある場合(または、ブロックしたいEメールが下の2番目のオプションに該当しない場合)に有効です
  2. [Block free email providers(無料Eメールプロバイダーをブロック)] - ビジネス等に関連するドメインからの送信のみを受け取りたい場合は、このオプションが有効です(ブロックされる無料プロバイダーについては、リストを確認してください
ユーザー追加画像
ユーザー追加画像

変更が終了したら、[Done Editing(編集完了)]をクリックします。

ユーザー追加画像
ユーザー追加画像

また、スパム送信に関するより詳しいデータを取得する方法として、非表示フィールドをフォームに追加することができます。非表示フィールドを追加すると、その非表示フィールドを入力して送信したコンタクトのリストを作成できるため、スパム送信者が誰なのかを確認できます。このしくみが有効である理由は、実際の訪問者はフォーム上の非表示フィールドを入力できませんが、スパムボットには非表示フィールドを含むすべてのフィールドが見えるため、スパムボットはフォームに配置された非表示フィールドを入力して送信することになるからです。

注:Forms APIを使用する場合、独自のカスタム検証を記述する必要があります。HubSpotフォームを使用する際に実行される組み込みの検証は、APIに直接POSTされる場合は適用されません。

関連記事: