お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

ワークフローで使用する自動送信Eメールを作成する

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise

コンタクトベース、 会社ベース、取引ベース、見積もりベース、チケットベースのワークスローでマーケティングEメールを送信するには、自動Eメールを作成して保存する必要があります。

通常のエディターまたはドラッグ&ドロップで操作できるエディターで、Eメールツールを使用して自動Eメールを作成できます。また、ワークフローツールで自動Eメールを作成することもできます。

Eメールエディターで自動Eメールを作成する

自動Eメールを作成するには、通常のEメールエディターまたはドラッグ&ドロップ式のエディターを使用できます。

通常のエディター

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • 右上にある[Eメールを作成]をクリックします。
  • ダイアログボックスで[自動化]を選択します。

    email-type-automated
  • テンプレートを選択します。 
  • ダイアログボックスの[E メール名]にEメールの名前を入力し、[Eメールを作成]をクリックします。

ご注意ください:取引またはチケットのパーソナライズトークンを挿入する場合、そのEメールを使用できるのは、取引またはチケットのワークフローに限られます。コンタクトと会社のパーソナライズトークンは、任意のワークフロータイプで使用できます。

  • Eメールを作成して設定したら、[受信者]タブをクリックします。
  • [受信者を選択]で、[自動化用に保存]が選択されていることを確認します。

  • 右上にある [次へ] をクリックし、Eメールの設定を確認します。
  • 右上にある[自動化用に保存]をクリックして自動Eメールを公開します。

自動Eメールが公開されると、その自動Eメールをワークフローの[Eメールの送信]アクションで選択できるようになります。

ドラッグ&ドロップ式エディター

ドラッグ&ドロップ式エディターで自動Eメールを作成するには

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • 右上にある[Eメールを作成]をクリックします。
  • ダイアログボックスで[自動化]を選択します。

    email-type-automated
  • [ドラッグ&ドロップ]タブをクリックし、テンプレートを選択します。

    drag-and-drop-tab-select
  • Eメールを作成して設定したら、[送信]タブをクリックし、Eメールが自動Eメールとして設定されていることを確認します。通常のEメールと自動Eメールの間でEメールのタイプを切り替えるには、右上にある[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、 [変換]を選択します。

    confirm-automated-email
  • Eメールを公開するには、右上にある[確認して保存]をクリックします。次に、右側のパネルで[自動化用に保存]をクリックします。

自動Eメールが公開されると、その自動Eメールをワークフローの[Eメールの送信]アクションで選択できるようになります。

ワークフローエディターで自動Eメールを作成する

ワークフローエディター内で直接、シンプルな自動Eメールを作成できます。ワークフローツールで作成されるEメールの外観は基本的なものですが、Eメールエディターでさらにカスタマイズできます。

ワークフローツールで自動Eメールを作成するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 既存のワークフローの名前をクリックするか、新しいワークフローを作成します。
  • ワークフローエディターで、プラスアイコンをクリックし、ワークフローアクションを追加します。
  • 右側のパネルで、[E メールを送信]アクションを選択します。

    send-email-action
  • [+新規Eメールを作成]をクリックします。

    create-automated-email-workflows
  • 右側のパネルで、Eメールの詳細を入力します。Eメールをさらにカスタマイズするには、パネルの上部にあるEメールツールをクリックします。
  • Eメールを作成したら、右側のパネルの下部にある[Eメールを保存]をクリックしてEメールを保存します。

Eメールが保存されると、任意のワークフローでそのEメールを選択して使用できるようになります。また、EメールダッシュボードからEメールにアクセスして、さらに編集することもできます。