メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

CRMに記録されたEメールへのアクセスを制限(BETA)

更新日時 2024年 1月 29日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

ユーザーによっては特定のコンタクトと機密情報をやり取りすることもあるため、すべてのユーザーが完全に利用できるようにすべきではないEメールの記録()[コンタクト]を保護することが重要です。HubSpot CRMに記録されたEメールの権限を編集して、アカウントのユーザーが自分に関連するEメールにのみアクセスできるようにすることができます。

Eメールのログを残す編集権限

Eメールのログを残す権限を設定するには

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ユーザーとチーム]に移動します。
  • 編集したいユーザーのをクリックする。
  • 「現在のビュー」ドロップダウンメニューの右側にある、「権限を編集」をクリックする。
  • CRMタブで、オブジェクトアクセスをクリックし、セクションを展開します。
    • 「CRM Eメール」ドロップダウンメニューをクリックし、オプションを選択します:
      • Everything:ユーザーは、HubSpotに記録された全てのCRMメールにアクセスできます。
      • チームのみ:ユーザーは、自分がリストアップされているEメール(送信者、受信者、CCまたはBCCなど)、またはチームメンバーがリストアップされているEメールにアクセスできます。
      • 「担当分のみ」:ユーザーは自分がリストアップされたEメール(送信者、受信者、CC'dまたはBCC'dなど)にアクセスできます。
更新-Eメールアクセス権限
    • 右下の「保存」をクリックする。