メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

HubSpotのデフォルトリードプロパティー

更新日時 2024年 4月 15日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Sales Hub   Professional , Enterprise

HubSpotには、リードを管理するのに役立つデフォルトのリードプロパティーが多数用意されています

HubSpotのデフォルトのコンタクトプロパティーデフォルトの会社のプロパティデフォルトのチケットプロパティーデフォルトのディールプロパティープロパティーの管理方法、内部名称のビューを含む、内部名称の管理方法、新規カスタムプロパティーの作成方法についてはこちらをご覧ください。

  • 関連付けされた会社のタイムゾーン : 関連付けされた会社のタイムゾーン , もしあれば。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • 関連付けられているコンタクトのタイムゾーン : 関連付けられているコンタクトのタイムゾーン , もしあれば。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • 関連付け取引パイプラインステージ : プライマリー関連付け取引の取引ステージ .このフィールドはHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • 関連付け取引 : 関連付けられている全ての取引数の合計。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • 発信元番号 : リードに発信された通話の合計回数。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • クローズした取引金額 : クローズしたリードの関連付け取引金額合計 .このフィールドはHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • 「会社の前回のエンゲージメント日」 : 関連付けられている会社のコンタクトが、あなたのサイト、フォーム、ドキュメント、ミーティングリンク、またはトラッキングEメールに最後に関与した日付。このには、マーケティングEメールや複数のコンタクトへのEメールは含まれません。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 「会社の前回のエンゲージメントタイプ」 : 関連付けされている会社のコンタクトが最後に行ったエンゲージメントのタイプ。このには、マーケティングEメールや複数のコンタクトへのEメールは含まれません。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 「会社のページビュー数」 : プライマリーの会社に関連付けられたコンタクトのページビュー数の合計。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 「会社の前回のセッション日時」 : リードのプライマリー会社に関連付けされているコンタクトに帰属する最終セッション日時。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • コンタクト購入時の役割 : 関連付けられているコンタクトの販売プロセス中の役割 .
  • 「コンタクトの前回のエンゲージメント日」 : コンタクトがサイトやフォーム、ドキュメント、ミーティングリンク、Eメールに最後にアクセスした日付。マーケティングEメールや複数のコンタクトへのEメールは含まれません。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 「コンタクトの前回のエンゲージメントタイプ」 : コンタクトが最後に行ったエンゲージメントのタイプ。このには、マーケティングEメールや複数のコンタクトへのEメールは含まれません。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 「コンタクトのページビュー数」 : リードのプライマリーコンタクトからのページビュー数の合計。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 「コンタクトの前回のセッション日時」 : リードの主要コンタクトに帰属する最終セッション日時。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 作成者ユーザーID : リードを作成したユーザー。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • 失格理由 : 失格理由のリスト。のリード・プロパティー設定を編集したり、新規理由を追加することができます
  • 「Eメール数」 : このリードに送信されたEメールの合計数です。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 「初回アプローチ日」 : リードへの最初のアプローチ(電話、Eメール、ミーティング、その他のコミュニケーション)の日付。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • HubSpot担当チーム : リードオーナーに割り当てられたリードのチーム。、HubSpotでチームを作成する方法の詳細をご覧ください。
  • 「ターゲットアカウント」 : アカウントベースのマーケティング戦略において、その会社がターゲットアカウントとみなされているか .
  • *前回のアクティビティー日 : メモ、コールの記録、追跡され記録されたセールスメール、ミーティング、LinkedIn/SMS/WhatsApp メッセージ、タスク、チャットに関連付けられた最後の日時。これは、アクティビティーに設定されている最新の日付/時刻に基づき、HubSpotによって自動的に設定されます。例えば、ユーザーが通話を記録し、それが前日に発生したことを示す場合、前回のアクティビティーの日付プロパティーは、昨日の日付を表示する。
  • *Last Engagement Date : 1対1のEメールの開封数やクリック数、リードの再訪問通知、ミーティングの予約数、フォーム送信の最後の日時。これは、コンタクトの担当者プロパティーに値がある場合のみ、レコードにログを残す際にアクティビティーに設定された日付/時刻に基づいてHubSpotが自動的に設定します。 
  • *Last Engagement Type : 最後のエンゲージメントのタイプ。このには、マーケティングEメールや複数のコンタクトへのEメールは含まれません。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 「リードの見込みなしに関するメモ」 : そのリードが失格となった理由についてのメモ。
  • リードラベル : 現在のリードステータス。リードプロパティー設定で、新規ラベルを編集または追加することができます。
  • リード名:リードのフルネーム。
  • *Lead Number of Pageviews : あなたのサイトでリードが表示したページ数の合計。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 「リード担当者」 : リードの所有者。プライマリー関連付けされているコンタクトの担当者がデフォルトです。利用できない場合は、プライマリーの会社関連付けの会社の所有者から継承される。
  • リードパイプライン : そのリードがいるパイプライン。
  • リード・パイプライン・ステージ : リードが今いるパイプライン・ステージ。 
  • *リードソース : リード作成時のリードの分析ソース。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • *Lead Time of Last Session : コンタクトがウェブサイトを訪問した最終日時。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • リードタイプ : リードタイプのドロップダウンリスト。リードプロパティー設定で、新規ラベルを編集または追加することができます。
  • ミーティング予約数 : このリードで予約されたミーティングの合計数。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • Merge record IDs : このレコードにマージされたレコードIDのリスト。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 「メッセージスレッド数」 : このリードで開かれたメッセージスレッド(SMS、LinkedIn、WhatsApp)の発信元番号。これはHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • *次回のアクティビティー日 : そのリードの次回のアクティビティー日。この設定は、プライマリーコンタクト/会社の関連レコードでのユーザーアクションに基づいてHubSpotが自動設定します。これには、将来のコール、セールスEメール、ミーティング、将来のミーティングのスケジュール設定、将来完了されるタスクのスケジュール設定が含まれます。シーケンスでスケジュールされたEメールとタスクは、このプロパティーを更新しません。
  • オブジェクトの作成日時 : このリードが作成された日時。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 「オブジェクトの最終変更日時」 : このオブジェクトのプロパティーが更新された最新のタイムスタンプ。これにはHubSpotの内部プロパティーも含まれ、表示または非表示にすることができます。このフィールドはHubSpotによって自動的に更新され、変更することはできません。
  • 未決済取引金額 : このリードに関連付けされた未決済取引の合計値。クローズした取引とは、クローズ勝ちまたはクローズ負けした取引ステージにない取引である。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • オープンリード:リードのパイプラインステージに適格または非適格以外のカテゴリーがあるかどうかに基づいて割り当てられた番号。はまだオープンであることを示す。パイプラインステージのカテゴリーがqualifiedまたはunqualifiedの場合はリードに0が割り当てられ、それ以外の場合は1が割り当てられる。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • アプローチ・アクティビティー数 : 営業担当者からリードへのアプローチ・アクティビティー(電話、Eメール、ミーティング、その他のコミュニケーション)の合計数。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • 担当者割り当て先日 : 担当者がリードに割り当てられた直近の日付。これはHubSpotによって自動的に設定され、セグメンテーションやレポートに使用できます。
  • 「パイプライン ステージ カテゴリー」 : t リードの現在のパイプラインステージに割り当てられたカテゴリー。
  • プライマリー関連会社のオブジェクトID : プライマリー関連会社のオブジェクトID。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • プライマリー関連付けコンタクトオブジェクトID : プライマリー関連付けコンタクトのオブジェクトID。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、変更することはできません。
  • プライマリー関連付けオブジェクト名 : プライマリー関連付けコンタクトまたは会社名。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • プライマリーコンタクトがシーケンスに登録 : プライマリー関連付けコンタクトがシーケンスに登録されているかどうかを示す。コンタクトが現在シーケンスに登録されている場合は、自動的に「True」に設定されます。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • レコードID : リードに固有のID。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • レコードソース : どのようにリードが作成されたか。これは、HubSpotによって自動的に設定されます。
  • レコードソース詳細1 : リードがどのように作成されたかに関する最初のレベルの詳細。これは、HubSpotによって自動的に設定されます。
  • レコードソース詳細2 : リードがどのように作成されたかについての第二レベルの詳細。これは、HubSpotによって自動的に設定されます。
  • レコードソース詳細3 : リードがどのように作成されたかに関する3つ目の詳細レベル。これは、HubSpotによって自動的に設定されます。
  • ソースライフサイクルステージ : リード作成時のライフサイクルステージ。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 「ファーストタッチまでの時間」 : リード作成から最初のアプローチ活動までの時間。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。
  • 更新者ユーザーID : リードを最終更新したユーザー。このフィールドはHubSpotによって自動設定され、、変更することはできません。

*プライマリー関連付けられているコンタクトが利用可能な場合、このプロパティーはそのオブジェクトから継承される。そうでない場合は、プライマリーの関連会社から継承される。

 

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。