メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

プロパティーの表示および編集アクセス権を制限する

更新日時 2024年 1月 29日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Marketing Hub Enterprise
Sales Hub Enterprise
Service Hub Enterprise
Operations Hub Enterprise
CMS Hub Enterprise

スーパー管理者権限を持つユーザーは、プロパティーを制限して、特定のユーザーやチームだけがプロパティーに記録されたデータを表示したり編集したりできるようにすることができます。制限されたプロパティーの名前は、すべてのユーザーに表示されますが、与えられたアクセス権に基づき、ユーザーはプロパティーの値を表示または編集することができない場合があります。

スーパー管理者は、制限されたプロパティーを表示・編集することができます。また、デフォルトで表示制限をかけられないプロパティーもあります。

注:この機能はアクセスを完全に制限するものではないため、プロパティー制限をセキュリティー対策として使用することは推奨されていません。制限プロパティーの値は、ワークフローやレポートなど、プロパティーが使用されるツールで表示されます。アクセス権に関係なく、全てのユーザーを対象に、ワークフロー、HubSpotのAPI、または手動でレコードを作成する際に、制限プロパティーを設定または編集できます。これを回避するために、特定のオブジェクトまたは適用可能なツールへのアクセスを制限することができます。

プロパティーを表示するアクセス権が与えられていないユーザーとチームには、hide hide icon instead of a property value, and they'll be unable to view records in saved views whose filters are based on that property. Users with restricted view access will still be able to view the property's values in workflows and reports.が表示されます。

hidden-property-value

プロパティーを編集する権限が与えられていないユーザーやチームには、レコード上のプロパティーにマウスポインターを合わせると、「このフィールドの値を編集する権限がありません」というメッセージが表示されます。編集アクセスが制限されているユーザーは、レコードを手動で作成したり、ワークフローやAPIを介してプロパティー値を設定することができます。

property-cant-be-edited
プロパティーの表示および編集アクセス権を制限するには、次の手順に従います。
  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左サイドバーのメニューから、 プロパティーに移動する。
  • オブジェクトの選択 ]ドロップダウンメニューをクリックし、プロパティーを表示または編集するオブジェクトを選択します。表示・編集の制限は、コンタクト、会社、取引、チケット、カスタムオブジェクトのプロパティーに対してのみ設定可能です。
  • プロパティーのアクセス欄では、各プロパティーにアクセスできるユーザーやチームを確認できます。
  • 個々のプロパティーへのアクセスを編集するには、プロパティーにマウスポインターを合わせ、「More」ドロップダウンメニューをクリックし、「「ユーザーを割り当て」」& Teamsを選択します。

property-assign-users-and-teams

  • 複数のプロパティーに同じアクセス権を設定するには、プロパティーの横にあるチェックボックスをオンにし、テーブルの上部にある[ユーザーおよびチームを割り当て]をクリックします。これらのプロパティーの1つまたは複数にアクセスルールがすでに設定されている場合は、[続ける]をクリックして、変更する内容によって既存のアクセス権が上書きされることを確定します。
assign-multiple-users-and-teams
  • 右側のパネルで、プロパティーの表示および編集アクセス権を更新します。
    • 管理者以外の全てのユーザーがレコードのプロパティーの値を表示または編集できないようにするには、[スーパー管理者専用の非公開]を選択します。全てのユーザーに対して表示される必要がある一部の既定のプロパティーでは、このオプションは利用できません。
    • レコードのプロパティーの値を全てのユーザーが表示および編集できるようにするには、[誰でも表示および編集可能]を選択します。
    • 全てのユーザーに対してレコードのプロパティー値の表示を許可し、編集は許可しない場合は、[誰でも表示可能]を選択します。この場合スーパー管理者が、プロパティーの値を編集できる唯一のユーザーとなります。
    • レコードのプロパティー値を表示または編集できるユーザーやチームを指定するには、[ユーザーおよびチームを割り当てる] を選択します。
      • [チーム]タブでチーム別のアクセス権を確認するか、または[ユーザー]タブをクリックしてユーザー別のアクセス権を確認します。チーム名またはユーザー名の横の[アクセス]列に、現在のプロパティーのアクセス権限が表示されます。
      • 個々のユーザーまたはチームのアクセス権を更新するには、名前の横にあるドロップダウンメニューをクリックし、[表示および編集]、[表示のみ]、または[アクセスなし]のいずれかを選択します。
      • 複数のユーザーまたはチームのアクセス権を更新するには、名前の横にあるチェックボックスをオンにします。ヘッダー行の[アクセス権を更新]ドロップダウンメニューをクリックし、[表示および編集]、[表示のみ]、または[アクセスなし]のいずれかを選択します。 

注:「スーパー管理者」権限が付与されている別のユーザーのアクセス権を制限することはできません。

manage-view-access-to-properties
  • 完了したら、[保存]をクリックします。保存後、プロパティー値は、選択したチームのユーザーまたはメンバーによるレコードにのみ表示されるか、編集可能になります。 

デフォルトでは、すべてのオブジェクトのレコードIDプロパティーへの編集アクセスを制限することはできません。以下のプロパティーに対して表示アクセスを制限することはできません:

  • コンタクトのプロパティー
    • Eメールアドレス

    • ライフサイクルステージ 

  • 会社のプロパティー
    • 会社名 

    • 会社ドメイン名

    • ライフサイクルステージ

  • 取引プロパティー
    • 取引名
    • パイプライン
    • 取引ステージ
    • クローズ日
    • 取引通貨
    • 前回のアクティビティー日
  • チケットプロパティー
    • チケット名

    • パイプライン

    • チケットステータス

    • 作成日

    • クローズ日

  • マーケティング イベント プロパティー
    • 名前
  • カスタム オブジェクト プロパティー
    • パイプラインとパイプラインステージ。カスタムオブジェクトによってこれらのプロパティーのラベルが異なることがありますが、HubSpotはパイプラインとパイプラインステージの内部値を持つプロパティーを検索します。

    • primaryDisplayLabelPropertyNameを内部値として持つプロパティー。レコードの関連付けカードに表示されるラベルです。 

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。