メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

レコードへのユーザー別アクセス権の表示と管理(BETA)

更新日時 2024年 5月 15日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Marketing Hub   Professional , Enterprise
Sales Hub   Professional , Enterprise
Service Hub   Professional , Enterprise
Operations Hub   Professional , Enterprise
Content Hub   Professional , Enterprise

各レコードでは、レコードの所有者およびレコードへのアクセス権を持つ全てのユーザーを確認および管理することができます。HubSpotの既定のオーナープロパティーとカスタムのユーザープロパティーを含む、レコードのオーナーの履歴を表示することもできます。

ユーザーがレコードのアクセスパネルを表示するには、選択したレコードの表示権限が必要です。

  • レコードに移動します。
    • コンタクト:HubSpotアカウントにて、[CRM]>[コンタクト]の順に進みます。
    • 会社:HubSpotアカウントにて、[CRM]>[会社]の順に進みます。
    • 取引:HubSpotアカウントにて、[CRM]>[取引]の順に進みます。
    • チケット:HubSpotアカウントにて、[CRM]>[チケット]の順に進みます。
    • カスタムオブジェクト:HubSpotアカウントにて、[CRM]に移動し、[カスタムオブジェクト]を選択します。
  • レコードの名前をクリックします。
  • 左のサイドバーで、アクションをクリックし、レコードを表示を選択します。

ビューレコードアクセス

  • レコードのオーナーはパネルの上部に表示されます。これは、デフォルトのOwnerプロパティで選択されているユーザーです。レコードのオーナーを変更するには、Change ownerをクリックする。レコードのプロパティーが表示されるので、値を更新する
  • アクセス権を持つユーザータブで、CRM オブジェクト ユーザー権限 (表示のみ、表示および編集など) に基づいて、各ユーザーのチームやアクセス レベルなど、レコードを表示できるユーザーを表示します。
  • ユーザーをフィルターするには、すべてのチームまたはすべての権限をクリックし、チームまたは権限を選択し、そのフィルター条件を満たすユーザーをテーブルに含めます。

フィルター・レコード・アクセス

  • 特定のユーザーを検索するには、検索バーにユーザーの名またはEメールを入力してください。
  • ユーザーの詳細情報を表示したり、権限を編集するには、ユーザーの名前をクリックします。ユーザーの設定が表示されます。
  • 追加のレコード所有者を表示するには、Owners。このタブには、カスタムHubSpotユーザープロパティーで選択したレコード担当者とユーザーが含まれます。表示するオーナーを選択するには、プロパティーを選択ドロップダウンメニューをクリックし、カスタムユーザープロパティーまたは既定のユーザープロパティーを選択します。

オーナーズタブレコードアクセス

  • レコードの所有者の履歴を表示するには、History。レコードがユーザーのプロパティーによって複数のオーナーを持つ場合、表示するオーナー履歴を選択するには、プロパティーを選択ドロップダウンメニューをクリックし、オーナープロパティーを選択します。

所有者記録アクセス履歴

  • 右上のXをクリックしてパネルを閉じる。

アカウント内のツールやアセットにアクセス可能なユーザーをよりよく理解するために、すべてのユーザー権限を確認することができます。また、アカウントのアクティビティー履歴を表示し、トラブルシューティングやユーザー別アクションを監視することもできます。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。