メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

レポートコレクションを使用してセールスレポートを作成する

更新日時 2024年 6月 19日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Sales Hub   Professional , Enterprise

セールス レポート コレクションを使用して、自分のチームの業績を追跡し、営業パイプラインの現状を把握します。自分のチームの進捗状況や期待される営業成果を包括的に把握できる、あらかじめ作成されたレポートをカスタマイズします。 

レポートのカスタマイズが完了したら、レポートを保存したり、ダッシュボードに追加したりすることができます。

セールスレポートを表示、選択、保存する

セールスレポートを保存するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、[レポートとデータ]>[レポート]の順に進みます。
  • 左サイドバーのメニューで[セールス]をクリックし、分析したいトピックをクリックすると、利用可能なレポートが表示されます。
  • 使用するレポートを選択します。これらのレポートについては、下記で詳しくご紹介しています。
  • 中央のパネルにレポートのプレビューが表示されます。 
  • 互換性のあるレポートでは、[Over time / Totals]切り替えスイッチをクリックして視覚化を変更すると、横棒グラフまたは縦棒グラフが期間別に分かれて表示されます。
  • 選択したレポートの種類(説明や使用されているプロパティーなど)を確認するには、右側パネルの[詳細]タブに移動します。
  • データを絞り込むには、右側のパネルの[フィルター]タブのドロップダウンメニューを使用します。メニューの内容は、選択したレポートによって異なりますが、次の項目が含まれています。
    • による日付範囲:この日付のレコードをプロパティー値に基づいて絞り込みます。使用される日付プロパティーが示されます。
    • グループ化の基準:所有者または所有者のチームに基づいてレコードをまとめます。
    • 営業担当を選択:所有者に基づいてレコードを絞り込みます。
    • チームを選択:所有者のチームに基づいてレコードを絞り込みます。
    • パイプライン:取引パイプラインに基づきレコードを絞り込みします。
  • レポートにフィルターを追加するには、add [フィルター追加]をクリックし、フィルター条件を選択します。

sample-sales-report

  • カスタマイズしたレポートを他のユーザーと共有するには、中央パネルの[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[レポートURLをコピー]を選択します。このレポートを、セールスレポートにアクセスできるすべてのユーザーと共有することができます。
  • レポートをカスタマイズしたら、[レポートを保存]をクリックしてそれをレポートリストに保存するか、ダッシュボードに追加します。

セールスレポートのタイプ

担当者およびチームをコーチング

  • コールの成果:このレポートには、実施済みコールと、ユーザーまたはチームのコールの成果が表示されます。
  • チャット:このレポートには、ウェブチャットまたはFacebook Messengerでのユーザー/チームごとのチャットコミュニケーションの数が表示されます。
  • 完了したアクティビティー:このレポートは、ユーザーが完了したアクティビティーを表示します。アクティビティーにはコール、ミーティング、タスク、Eメール、メモなどがあります。完了のマークが付いていないミーティングとタスクはこのレポートから除外されます。

注:アクティビティーを日付で絞り込むと、作成日や完了日ではなく、期日に基づいてタスクが含まれます。


  • 作成された取引:このレポートには、ユーザーまたはチームごとに作成された取引の数が表示されます。
  • リードファネル:このレポートは、最初のコンタクトから取引コンバージョンまでにかかる時間を追跡します。これを使用してリードコンバージョン率を分析することで、リードナーチャリング戦略を最適化できます。[リード]タブを使用すると、チームがリードの進捗とコンバージョンをどのように管理しているかを追跡できます。[リードジャーニー]タブを使用すると、リードがどのようにステージを通過しているかを可視化できます。
    • [リードジャーニー]タブに表示されるステージをカスタマイズするには、右側パネルの[フィルター]タブに移動し、ステージの隣にある鉛筆アイコンeditをクリックします。

    • ダイアログボックスで、「ライフサイクルステージ」の隣にあるチェックボックスをオンにして、レポートに含めます。
    • ステージの順番を変更するには、ステージをクリックして新しい位置までドラッグします。
    • 各ステージをまだ通過していないレコードをリード ジャーニー レポートに含めるには、[任意]チェックボックスをオンにします。
    • ステージを編集し終えたら、[適用]をクリックします。

      2024-02-16_11-49-42 (2)
  • リードレスポンスタイム:このレポートでは、コンタクトがユーザーに割り当てられてから、そのユーザーがコンタクトと対話するまでの時間の長さを示しています。Eメールの送信、電話の発信、チャットの使用、タスクの進行中や完了のマーク、ミーティングの開始時間などが含まれます。コンタクトに新規ユーザーが再び割り当てられる場合、この時間はリセットされます。その後、コンタクトに新規ユーザーが割り当てられてからの時間と、新規ユーザーがコンタクトとやり取りした時間が計測されます。使用可能なプロパティーは次のとおりです。
    • 最初のエンゲージメントの日付:現在のコンタクト担当者がコンタクトと最初にエンゲージした日付。
    • 最初のエンゲージメントのタイプ:現在のコンタクト担当者によるコンタクトとの最初のエンゲージメントのオブジェクトタイプ。
    • 最初のエンゲージメントの説明:現在のコンタクト担当者によるコンタクトとの最初のエンゲージメントに関する説明。
    • リード対応時間:現在の担当者が最初の適格なエンゲージメントを行うのに要した時間(ミリ秒)。
    • 最初のエンゲージメントのID:現在のコンタクト担当者によるコンタクトとの最初のエンゲージメントのオブジェクトID。
  • ミーティングの成果:このレポートには、成果ごとのミーティング数が表示されます。
  • 案件創出アクティビティー:これはセールス アクティビティー レポートのコレクションです。上部のタブを使用して、シーケンス、ミーティング、コール、タスクのパフォーマンスデータと効率データを確認できます。 
  • 完了済みタスク:このレポートには、作成されたタスクの数が、タスクステータス([未開始]、[完了]など)別に表示されます。
  • チームのアクティビティーのタイムライン:このレポートには、チームが実行したアクティビティーが時系列順に表示されます。アクティビティーには、記録されたタスク、Eメール、ミーティング、コールなどがあります。
  • 取引ステージの滞留時間:このレポートには、担当者またはチーム別にグループ化された取引のステージ滞留平均時間が表示されます。選択された日付範囲に「クローズ日」の値が含まれており、かつ選択されているパイプラインに含まれている取引のみが、このレポートに表示されます。

予測およびパイプライン

  • 取引の変更履歴:このレポートには、取引のステージ、金額、クローズ日の変更が表示されます。作成された取引も表示されます。このレポートでは、取引変更が時間枠内である場合と時間枠外である場合を比較することができます。 
  • 取引ファネル:取引ファネルレポートには、選択したパイプラインの取引ステージの取引数が表示されます。これには、取引が典型的な取引ステージの時系列に従わない場合のスキップ数、コンバージョン率、各取引ステージに留まった時間などが含まれます。
    • 取引ステージ]タブには、ステージを順番に通過したかどうかに関係なく、パイプラインのいずれかのステージを通過した取引を示すレポートが表示されます。また、スキップ数や累積コンバージョン数も確認できます。
    • Sales Hub Enterpriseユーザーは、[アクション]>[カスタマイズ]をクリックしてレポートをさらにカスタマイズできます。
  • 取引パイプラインウォーターフォール: 2つの期間の取引パイプラインの収益推移を、取引金額と成約日に基づいて分類したもの。取引のクローズ日を考慮するとき、レポートでは、取引が成立/不成立パイプラインステージに移動した日が使用されます。または、取引が進行中ステージで「クローズ日」が将来の日付である場合は、[クローズ日]プロパティーが使用されます。取引は以下のいずれかのカテゴリーに分類されます。
    • 新規の作成:パイプラインの変更期間中に作成された取引の合計金額。
    • クローズ日先送り:選択されたクローズ日期間から別のクローズ日期間に移動された取引の合計金額。「クローズ日」がレポートの日付範囲内にあり、その日付範囲の終了日までにクローズ済みステージに移動されなかった取引も、このカテゴリーに表示されます。
    • クローズ日前倒し:別のクローズ日期間から選択されたクローズ日期間に移動された取引の合計金額。
    • 金額減少:選択されたクローズ日期間の取引の金額における正味の減少。
    • 金額増加:選択されたクローズ日期間の取引の金額における正味の増加。
    • 不成立:選択されたクローズ日期間中に成立しなかった取引の合計金額。
    • 成立:選択されたクローズ日期間中に成立した取引の合計金額。
  • 取引プッシュ率:このレポートでは、担当者、チーム、取引ステージごとに、クローズ日が変更された取引件数が表示されます。取引終了日が押された」と表示されるには、取引終了日が選択したタイムフレーム内から選択したタイムフレーム外に移動していることが必要です。これは、[取引の変更履歴]レポートに表示される[クローズ日先送り]データとは異なります。[取引先送り率]はクローズ日のみに焦点を当てています。
  • 予測カテゴリー取引金額を用いて計算された、予測カテゴリー別の取引収益の予測値です。
  • 履歴スナップショット:
    • このレポートには、特定の時点での取引の数が、選択するタブに応じてカテゴリー別(例:取引ステージ、金額)に表示されます。
    • このレポートを取引ステージ、金額、またはフォーキャスト(予測)カテゴリー別に分類するには、右側パネルの[フィルター]タブにある[内訳の分類条件]ドロップダウンメニューをクリックします。


注:パイプラインフィルターを使用すると、レポートでは現在そのパイプラインにある取引のみが表示され、クローズした取引は表示されません。


  • ノルマ達成度:このレポートでは、MRが設定した目標に対して、案件を成立させた収益の合計が表示されます。
    • このレポートには、担当者の取引でクローズされた合計収益が、設定した目標と対比して表示されます。
    • 目標に向けた経時的な進捗状況を増分または合計で表示するには、右側パネルの[フィルター]タブに移動し、[グループ化の基準]ドロップダウンメニューをクリックします。[クローズ日]を選択し、[比較対象]ドロップダウンメニューをクリックして、目標の表示方法を選択します。

  • 加重パイプラインフォーキャスト:選択した日付範囲内の各取引について、[金額]プロパティーの値に、取引が位置している取引ステージに基づく確率を乗算します。HubSpotでは、[グループ化の基準]ドロップダウンメニューで選択された基準に基づき、営業担当者またはチームに基づいてこれらの値が合計されます。

営業の成果

  • 平均取引金額:このレポートには、取引担当者またはチームごとの取引の平均取引金額が表示されます。
  • 取引失注の理由:このレポートには、取引担当者またはチームごとに、失注ステージにある取引の数と、各取引の[失注の理由]プロパティーの該当する値が表示されます。
  • ソース別の取引収益:このレポートには、担当者別またはチーム別の取引の合計金額が、取引のオリジナルソース別に表示されます。 
  • クローズまでの日数:このレポートには、ユーザーまたはチーム別の取引クローズまでの平均日数が表示されます。検討対象の取引は、選択した日付範囲内にクローズ日が含まれる取引です。
  • 成立した取引と不成立になった取引:このレポートには、ユーザーまたはチーム別の成立した取引と不成立になった取引の数が表示されます。
  • セールスベロシティー:このレポートは、取引を成約させるまでに要する時間を示します。成約に至った取引の割合と、取引金額の平均が表示されます。
この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。