メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローで遅延を使用する

更新日時 2022年 8月 22日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional

ワークフローを作成するときに、遅延を使用してワークフローアクションを実行する間隔やEメール送信のタイミングを設定することで、プロスペクトや顧客に合わせてパーソナライズしたエクスペリエンスを創出できます。 

ワークフローに遅延を追加する

ワークフローアクションを一時停止する方法に応じて、ワークフローに遅延を追加します。遅延には次の4種類があります。

  • 設定された時間の遅延:登録されたレコードを特定の日数、時間数、または分数だけ遅延します。この遅延は、ワークフローアクション間で登録されたすべてのレコードを同一期間にわたり停止する場合に使用します。
  • 曜日または時刻までの遅延:登録されたレコードを特定の曜日または時刻まで遅延します。この遅延は、特定の曜日または時刻でのみアクションを実行する場合に使用します。 
  • 日付までの遅延:登録されたレコードを特定の日付または日付プロパティまで遅延します。特定の日付のみ、または特定の日付プロパティに基づいてアクションを実行する場合は、この遅延を使用します。  
  • イベントの発生まで遅延:フォーム送信やウェブサイトページの訪問などのイベントが完了するまで、登録されたレコードを遅延します。この遅延は、特定のアクションが実行されるまで登録されたレコードを一時停止するときに使用します。この遅延は、タスクの完了などの内部イベントに基づいても構いません。

注意:上記の遅延タイプは、特定の日付および取引先責任者日付プロパティのワークフローでは使用できません。代わりに、遅延アクションは中央の日付または日付プロパティーを基準にして設定されます。日付ベースのワークフローでのアクションのスケジュールについて詳細をご確認ください。

設定された時間の遅延

[設定された時間の遅延]アクションを使用して、特定の日数、時間数、または分数だけレコードを一時停止します。このタイプの遅延を追加するには:

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • ワークフローの名前をクリックします。
  • ワークフローエディタで、[++]アイコ  ンをクリックします。
  • 右側のパネルで、[設定された時間の遅延]を選択します。
  • [日][時間][分]フィールドを使用して、遅延期間を設定します。 
  • [Save(保存)]をクリックします。
     

曜日または時刻までの遅延

特定の曜日や時刻までワークフローを一時停止するには、[曜日または時刻までの遅延]ワークフローアクションを使用します。たとえば、一連のプロモーションメールを送信するためにワークフローを使用している場合、このタイプの遅延をメール送信アクションの直前に追加して、遅延した連絡先を火曜日の午前11時まで一時停止できます。

このタイプの遅延を使用する場合は、次の動作に注意してください。

  • 遅延に複数の曜日を追加すると、レコードでは最も近い該当する曜日で遅延が終了します。たとえば遅延に月曜日と木曜日が含まれる場合、火曜日に遅延開始となるコンタクトは、木曜日に遅延が解除されます。
  • 日数が選択されていない遅延に時間のみを追加すると、レコードは次の選択された時間に遅延を終了します。たとえば、午後2時までの遅延が設定されている場合、コンタクトが月曜日の午後9時50分に開始したコンタクトの遅延は、火曜日の午後2時に終了します。
  • 遅延に時間を追加しない場合、レコードは選択した日の遅延を入力と同時に終了します。たとえば、水曜日までの遅延が設定されている場合、月曜日の午後9時50分に開始したコンタクトの遅延は、水曜日の午後9時50分に終了します。

このタイプの遅延を追加するには:

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • ワークフローの名前をクリックします。
  • ワークフローエディタで、[++]アイコ  ンをクリックします。
  • 右側のパネルで、[日付または時刻まで遅延]を選択します。 
  • 遅延に曜日を追加するには:
    • [曜日まで 遅延]をクリックします。
    • 次に、追加する日付の横にあるチェックボックスをオンにします。 
  • 遅延に時間を追加するには:
    • [1日の特定の時間まで遅延]をクリックします。
    • 次に、[時間]ドロップダウンメニューをクリックして時間を選択します。 
  • 遅延をどのタイムゾーンに基づいて行うかを選択します。
    • 選択した時刻をHubSpotアカウントのタイムゾーンに基づいて設定するには、[ポータルのタイムゾーンを使用]を選択します。
    • 選択した時刻をコンタクトのタイムゾーンに基づいて設定するには、[コンタクトのタイムゾーンを使用]を選択します。コンタクトの[IPのタイムゾーン]プロパティーに値が設定されている場合には、HubSpotはそのタイムゾーンを使用します。コンタクトのそのプロパティーに値が設定されていない場合は、代わりにアカウントのタイムゾーンが使用されます。
  • [保存]をクリックします。

日付までの遅延

日付 アクションまでの遅延を使用して、特定の日付または日付プロパティまでレコードを一時停止します。たとえば、連絡先の誕生日プロパティに基づいて電子メールを送信する連絡を遅らせることができます。 

日付の遅延を追加するには:

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • ワークフローの名前をクリックします。
  • ワークフローエディタで、[++]アイコ  ンをクリックします。
  • 右側のパネルで、[日付まで遅延]を選択します。

select - delay - until - a - date - as - workflow - action

  • 遅延のソースを選択します。
    • カレンダーの日付:その後のアクションは、特定の日付時刻まで遅れます。
    • [object] dateプロパティ:登録されたオブジェクトの特定のdateプロパティが設定する条件を満たすまで、次のアクションが遅延します。
      • [プロパティ]ドロップダウンメニューをクリックして、プロパティを選択します。
      • [遅延タイミング]で、[日付オン]、[日付]、または[日付後] ラジオボタンを選択します。[日付の前]または[日付の後]を選択した場合は、選択した日付プロパティの前後の日数を入力します。
      • 遅延が終了する時間を選択します。
  • 設定した日付を過ぎているかどうかに基づいて異なるアクションを実行するには、[はい]チェックボックスをオンにして、ブランチを追加します。
    • 遅延の原因としてカレンダーの日付を選択した場合、ブランチには2つのブランチが含まれます:日付と日付の後です。たとえば、8月31日午前10時まで遅れるワークフローを作成できます。その時点で、ウェビナーリンクを含む電子メールを送信します。日付が過ぎると、ワークフローに登録したその後の連絡先に、元のウェビナーが終了したことを知らせる別の電子メールを受け取り、代わりに参加できる今後のウェビナーのリストを提供するよう指示することができます。 
    • 遅延の原因としてDateプロパティを選択した場合、ブランチには3つのブランチが含まれます。日付、日付の、および日付のプロパティが不明です。
    • チェックボックスをオンにしなかった場合、設定された遅延の後、登録されたレコードはすぐに次のアクションに進みます。
  • [保存]をクリックします。

delay - a - date - workflows

 

イベントの発生まで遅延

指定されたイベントが発生するまでレコードを一時停止するには、[イベントの発生まで遅延]のアクションを使用します。たとえば、ページを訪問した時点、またはフォームに入力した時点までコンタクトを遅延します。

注意:このタイプの遅延では、レコードが遅延に入ったときにすでにイベントが発生している場合、遅延はすぐに終了しません。レコードは、レコードが遅延中にイベントが発生した場合にのみ遅延を終了します。

このタイプの遅延をワークフローに追加するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • ワークフローの名前をクリックします。
  • ワークフローエディターで、[++]アイコンをクリックして、ワークフローアクション を追加します。
  • 右側のパネルで、[イベントの発生まで遅延]を選択します。
  • 連絡先のフォーム送信や開いている電子メールなど、ワークフローに登録されたレコードに関連して発生するイベントに基づいて遅延を設定するには: 
      • [データソース]ドロップダウンメニューをクリックし、このワークフローで[オブジェクト]を選択します。
      • [イベント]ドロップダウンメニューをクリックして、イベントを選択します。
      • スクロールまたは入力して検索し、フィルタリングする プロパティを選択します。
      • オプションを選択し、条件を設定します。
      • 条件を設定したら、[フィルタ を適用]をクリックします。基準を満たす記録は遅延を終了します。 


  • 以前に作成されたタスクが完了としてマークされるまでなど、ワークフロー内の以前のアクションからの出力に関連して発生するイベントに遅延を基づいて設定するには: 
    • データソースのドロップダウンメニューをクリックし、このワークフローの前のアクションから出力を選択します。
    • 複数のアクションがある場合は、[アクションを選択]をクリックして、ワークフローから前のアクションを選択します。使用できないアクションはグレー表示されます。 
    • [イベント]ドロップダウンメニューをクリックして、イベントを選択します。
    • スクロールまたは入力して検索し、フィルタリングする プロパティを選択します。
    • オプションを選択し、条件を設定します。
    • 条件を設定したら、[フィルタ を適用]をクリックします。関連付けられた出力が基準を満たすと、登録されたレコードは遅延を終了します。 

  • 遅延イベントを設定した後、連絡先が遅延から解放されるまで待つ最大時間を設定します。
    • [ 日]、[時間]、[  ]フィールドに 時間を入力します。イベント条件を満たしていないコンタクトの場合、設定された時間の経過後に遅延解除されます。
    • 問い合わせを最大5年間遅らせるには、[最大5年間の遅延]チェックボックスをオンにします。
  • [保存]をクリックします。

遅延待機中のレコードを確認する

[設定された時間の遅延]と[曜日または時刻までの遅延]の場合、遅延待機中のレコードとその残り時間を確認できます。
  • ワークフローエディターで、遅延アクション内のレコード件数をクリックします。

  • 右側のパネルには、遅延で待機しているレコードと残り時間が表示されます。 



遅延を編集

遅延の編集は、現在遅延待機中のすべてのレコードに影響します。

  • 遅延を削除すると、遅延を待機していたレコードは直ちに次のアクションに進みます。
  • 1日または1時間の遅延までの遅延を編集する場合、遅延は将来計算されるように再計算されます。遅延で待機しているレコードは、その将来の日付または時刻まで遅延し続けます。ただし、遅延を特定の時間なしで現在の日に編集すると、遅延レコードはすぐに遅延を終了します。
  • 一定時間の遅延を編集すると、遅延で待機しているレコードは直ちに再スケジュールされます。再スケジュールでは、元の遅延で経過した時間が考慮されます。
    • 遅延を長くすると、新しい遅延期間の残り時間を完了するように遅延レコードが再スケジュールされます。例えば遅延を1時間から2時間に調整する場合、すでに30分待機しているレコードの新たな待機時間は1時間30分となります。
    • 遅延を短くすると、レコードが新しい長さにスケジュール変更されるか、遅延を終了します。例えば遅延を2時間から1時間に調整する場合、すでに30分待機しているレコードの新たな待機時間は30分となります。すでに1時間30分待機しているレコードでは、遅延が即時終了します。
  • プロパティ値または日付遅延までの遅延に関連付けられた設定日付を編集すると、遅延で待機しているすべてのレコードの遅延に影響します。
    • プロパティの値または 予定表の日付 が将来 さらに別の日付に変更さ れた場合、遅延はそれに応じて延長されます。
    • プロパティ値または 予定表の日付が 以前の日付に変更 された場合 、遅延はそれに応じて短縮されます。
    • プロパティ値または 予定表の日付 が過去の日付に変更された場合、遅延は終了し、レコードは自動的に次のアクションに進みます。
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.