CMS-Pages-Editor

ページへのオーディエンスアクセスを制御

更新日時 November 26, 2018

対象製品

Marketing Hub
marketing-enterprise
Enterprise

[公開] 権限を持つ HubSpot ユーザーは、CMS メンバーシップ機能を使用して、HubSpot でホストされたページのオーディエンスアクセスを制御できますこの機能を有効にすると、選択した HubSpot リスト内のコンタクトはページコンテンツを表示する前にパスワードを入力する必要があります

注:
  • CMS メンバーシップ機能コンテンツを暗号化しないため、ユーザーアカウントの代わりに使用したり、機密データを非表示にするために使用したりしないでください。
  • パスワード保護されたページは検索エンジンによってクロールされません。以前に公開されインデックス化されていたコンテンツへのアクセス権を最近制限した場合、検索エンジンによりページのインデックス化が解除されるまで一定の時間がかかることがありますが、アクセス権が付与されたユーザーのみは、このコンテンツに引き続きアクセスできます。

ページダッシュボードから個々のページの CMS メンバーシップを有効にしたり、複数のページの CMS メンバーシップを一括で有効にしたりできます。この機能は、コンテンツエディターの [設定] タブで管理または有効化することもできます。この機能が有効になっているページにのみパスワードが必要です.パスワード保護されたコンテンツに他の HubSpot ページへのリンクが含まれる場合、そのページでも CMS メンバーシップが有効になっていない限り、ページにアクセスできます。

CMS メンバーシップが有効になっているページはページダッシュボードでラベル付けされており、ページ詳細画面で完全な情報を確認できます。コンタクトが非公開コンテンツにアクセスできるかどうかを確認するには、コンタクトレコードで [リストメンバーシップおよび非公開コンテンツに対するアクセス権] カードを確認できます。

ページの CMS メンバーシップの有効化

  • HubSpot アカウントで、ランディングページまたはウェブサイトページに移動します
    • 1 つのページのオーディエンスアクセスを制御するには、アクセスを制限するページにマウスポインタ―を合わせて [続き] ドロップダウンメニューをクリックし、[オーディエンスアクセスの管理] を選択します。

      control-audience-access-dashboard
    • 複数のページのオーディエンスアクセスを一括で制御するには、アクセスを制限するページの横にあるチェックボックスを選択し、[オーディエンスアクセスの管理] をクリックします。

      control-audience-access-bulk

  • ダイアログボックスで、コンテンツのプライバシー設定を選択します。
    • 公開: これは既定の設定です。公開したコンテンツはすべてのユーザーが表示できます。
    • 非公開 - パスワードが必要: ページへのアクセスは、パスワードを持つ訪問者に制限されます。このオプションを選択した後、コンテンツを表示するために使用できるパスワードを設定します。

      control-audience-access-bulk-password-required
    • 非公開 - 登録が必要: ページへのアクセスは、登録済みコンタクトに制限されます。このオプションを選択した後、ドロップダウンメニューをクリックし、チェックボックスを選択して、このコンテンツへのアクセスを付与するコンタクトのリストを選択します。このリスト内のコンタクトには登録 Eメールが自動的に送信され、このコンテンツの表示に使用できるパスワードの作成を求められます。登録 Eメールのテンプレートは自動的に生成されます。

      注: コンタクトが登録 Eメールを受信しない場合、コンタクトは noreply@domain.com (非公開ページをホストするドメイン) をアドレス帳に追加するか、送信元 IP アドレスをホワイトリストに追加する必要があります。これで、コンタクトレコードから登録 Eメールを再送信することができます。

      control-audience-access-bulk-registration-required
  • [保存] をクリックするか、[非公開 - 登録が必要] を選択している場合は [Eメールを保存して送信] をクリックして、コンタクトに登録 Eメールを送信します。

コンタクトは、制限されたページ URL を訪問したときに登録とログインを求められます。訪問者が正常にログインすると、HubSpot は訪問者のウェブブラウザーに cookie を追加します。これで、訪問者はログインを再度求められることはなくなります。

注: 訪問者にログアウトオプションを提供する場合は、ページ URL に次を追加することができます: http:///_hcms/mem/logout

これらの設定は、各ページのコンテンツエディターでも表示および編集できます。[設定] タブをクリックし、[詳細設定] セクションをクリックして展開し、これらの設定を表示または変更します。

control-audience-access-editorページへのアクセスを制限したら、アクセスがどのように制限されるかをページ詳細で確認できます。

  • ページダッシュボードで、ページ名の横に、パスワードまたは登録が必要なページかどうかが表示されます。ページの名前をクリックすると、ページの完全な詳細が表示されます。
  • ページ詳細画面のページの上部にラベルが表示され、ページが非公開でありパスワードまたは登録が必要かどうかが示されます。登録が必要なページの場合、[詳細を表示] をクリックすると、どのリストにアクセス権があるかを確認できます。

page-details-private-content-registration

 

コンタクトがアクセスできる非公開ページの表示

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
  • コンタクトの 名前をクリックします。
  • コンタクトレコードには [リストメンバーシップおよび非公開コンテンツに対するアクセス権] カードがあり、コンタクトが非公開コンテンツにアクセスできるかどうかが示されます。
  • [リストメンバーシップおよびアクセス権を管理] をクリックすると、コンタクトがメンバーになっているリストと、コンタクトがアクセスできる非公開ページ数が表示されます。

private-content-contact-record

  • コンタクトがアクセスできるコンテンツは、リストの詳細で正確に確認できます。
  • リストの上にマウスポインタ―を合わせて [詳細] をクリックすると、リストが HubSpot の他のツールで使用されているかどうかが示されます。右のペインには、[オーディエンスアクセス]と、このリストがアクセス権を持っている非公開ページの数が表示されます。
  • [オーディエンスアクセス] をクリックすると、プライベートページの名前が表示されます。

lists-audience-access

コンタクトが表示権限のないページを閲覧しようとすると、そのページへのアクセス権がないことを示す簡単なメッセージが表示されます.

access-denied

ページには、HubSpot アカウントの管理者に Eメールを送信するリンクも含まれます。また、上部には、ウェブサイトで閲覧していた前のページに戻るリンクもあります。

注: この時点でこのページのコンテンツは編集できません。

コンタクトの登録パスワードの管理

コンタクトの登録パスワードをコンタクトレコードから直接管理できます。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
  • コンタクトの 名前をクリックします。
  • コンタクトレコードで [リストメンバーシップおよび非公開コンテンツに対するアクセス権] カードを見つけて、[リストメンバーシップおよびアクセス権を管理] をクリックします。
  • [登録を管理] ドロップダウンメニューをクリックします。
    • Eメールの配信に問題があったためにコンタクトが元の Eメールを受信しなかった場合は、[登録 Eメールを再送信] を選択し、登録 Eメールを再送信します。
    • すでに登録を完了しているコンタクトがログインパスワードを忘れた場合、[パスワードをリセット] を選択して、コンタクトにパスワードのリセット Eメールを送信します。コンタクトはログインページで [パスワードをお忘れですか?] をクリックし、パスワードを自分でリセットすることもできます。

reset-password-or-resend-email

注: 自動送信される登録 E メールの Eメールテンプレートはカスタマイズできません。