お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

レコードの所有権を割り当てる

更新日時 2019年 8月 14日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise

HubSpot では、コンタクト担当者会社担当者取引担当者チケット担当者のプロパティーを使用してコンタクト、会社、取引の所有権を設定します。カスタムHubSpot ユーザーフィールドタイプのプロパティーを使用して追加の所有者を割り当てることもできますコンタクトへのアクセス権を持つ HubSpot アカウントユーザーは、所有者として指定できます

HubSpot のレコードに所有者を割り当てる方法はいくつかあります。

ご注意ください: Salesforce 統合が有効になっている場合、コンタクト担当者の割り当ては、Salesforce で指定された内容になります。

ダッシュボードから所有者を割り当てる

  • ダイアログボックスで、[選択した項目を割り当て]ドロップダウンメニューをクリックし、所有者を選択します。
  • [割り当て]をクリックします。

代わりに、以下を実行できます:

contact-owner-change-column
  • ダイアログボックスで、[選択した項目を割り当て]ドロップダウンメニューをクリックし、所有者を選択します。
  • [割り当て]をクリックします。

レコードから所有者を割り当てる

  • コンタクト、会社、取引、またはチケットに進みます
  • レコードの名前をクリックします。
  • 左のパネルで、[すべてのプロパティーを表示]をクリックします。
  • 上部の検索バーを使用して[オブジェクト]所有者のプロパティーを見つけ、プロパティと所有者を選択するのドロップダウンメニューをクリックして、所有者を選択します。
  • 画面の下部にある[保存]をクリックします。

ワークフローを使用して所有者を割り当てる 

登録済みオブジェクトすべてに 1 人の所有者を割り当てる

ワークフローツールへのアクセス権がある場合は、[オブジェクト]プロパティー値の設定アクションを使用して登録オブジェクトに所有権を自動的に割り当てることができます。所有者のプロパティーを選択し、登録済みオブジェクトを割り当てるユーザーを選択します。

他の所有者に所有権を自動的に割り当てるには、各担当者の割り当てルールに基づいてワークフローを複製し、[オブジェクト]プロパティー値の設定アクションで選択した所有者を更新することができます。または、分岐ロジックを使用して異なる条件に基づいて異なる所有者をオブジェクトに割り当てる。

複数の所有者間でオブジェクトをローテーション(Sales Hub ProfessionalまたはEnterprise、Service Hub ProfessionalまたはEnterprise)

Sales Hub ProfessionalまたはEnterpriseまたはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseアカウントがある場合、ワークフローを使用している複数のユーザー間で割り当てをローテーションできます。この方法を使用すると、ワークフローは指定された所有者に均等に割り当てられます。コンタクトベースのワークフローで、リードのローテーションアクションを使用する。会社、取引、見積もり、またはチケットベースのワークフローで、ローテーション[オブジェクト]を所有者アクションに使用します。

ご注意ください:サブスクリプションを購入した場合に応じて、ユーザーは有料シートを所有者ローテーションに含める必要がある場合があります:

アクションをローテーションする所有者の配信は、各ユーザーがアカウントで全体的に所有するオブジェクトの数に基づいていません。代わりに、各ローテーションアクションの分布は、その特定のアクションの割り当て数に基づきます。ワークフローに複数のローテーションアクションがある場合、各アクションは個別のカウントになります。

たとえば、ローテーションリードのアクションを3つの所有者で設定したとします。

コンタクト‐リード-ローテーション‐例

最初にワークフローを有効にすると、このアクションの3つの所有者すべてが割り当てられます。3人のユーザーがすべて均等に割り当てられているため、このアクションに到達する最初のコンタクトは、そのアクションの1つにランダムに割り当てられます。

最初のコンタクトが割り当てられたら、1人のリードを持つ1つの担当者が1つの担当者になり、リードがゼロになります。次のコンタクトがワークフローを通過すると、リードがまだない残りの 2 人のユーザーに割り当てられます。すべての所有者が1つのリードに割り当てられたら、次のリードを受け取ることができます。この例では、9 件のコンタクトがこのローテーションアクションを実行した場合3人の所有者は3つのリードに割り当てられます。

リードアクションを使用し、[ローテーション]オブジェクトを所有者 アクションに使用する場合は、次の点に注意してください

  • 既定では、アクションはすでに所有者にローテーションされなくなります。すでに所有者があるオブジェクトをローテーションするには、アクションの設定中に[オブジェクト]が既存の担当者になっている場合は[上書き]を選択します。

    上書き-存在する-所有者-ローテ―ション-チェックボックス
  • HubSpot所有者プロパティーをSalesforceに同期している場合、所有権をクリアして回転させることができない場合があります。Salesforceは、HubSpotが所有権をクリアした後であっても、HubSpotを更新しようとしている可能性があります。
  • ワークフローが有効になった後にアクションから所有者を追加または削除すると、そのアクションの割り当て数がリセットされ、ランダム割り当てが再び開始されます。新しく登録されたオブジェクトは、以前に登録されたオブジェクトの回転割り当てカウントに関係なく、選択したすべての所有者またはチームメンバーに均等にローテーションされます。