お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
resources

マーケットプレイスの返金ガイドライン

更新日時 4月 11, 2019

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Basic
HubSpot CMS

HubSpot マーケットプレイスでは、アイテムをお客様に販売したプロバイダーが、そのアイテムに対して責任を負います。マーケットプレイスでの購入は例外なく、Stripe または PayPal を介して購入者とプロバイダーの間で行われます。HubSpot でこのトランザクションを制御することはできません。

以下のガイドラインは一般的な消費者法に基づいて監修されており、お客様とプロバイダーが HubSpot マーケットプレイスで一貫した期待値を持てるよう、ベースラインとして提供されています。これらのガイドラインに加え、国によってはデジタル商品に対する返金に国固有の法律が適用される場合があります。

返金の請求理由

マーケットプレイスから購入したアイテムで次の問題が発生した場合は、プロバイダーに返金を請求してください。 

ご注意ください。すべての返金請求は購入者とプロバイダーの間で行われます。返金の請求に関して、HubSpot が担当する役割や義務は一切ありません。

購入したアイテムが説明と一致していない

アイテムが購入時の説明どおりではなく、説明やプレビューで紹介されていたものと実質的に異なる場合です。アイテムが「説明どおりではない」ことが明かになった場合は、返金を請求する資格があります。

購入したアイテムが正常に機能しない

アイテムが正常に機能せず、簡単に修正できない場合は、そのアイテムに対して返金を請求する資格があります。アイテムを修正できる場合、プロバイダーはマーケットプレイス上のアイテムを更新し、速やかに修正する必要があります。

購入したアイテムに約束されていたサポートやセットアップが実施されない

プロバイダーがサポートまたはセットアップ込みのアイテムであると宣伝していて、そのサービスが提供されない場合は、購入したアイテムに対して返金を請求する資格があります。

購入したアイテムにセキュリティ上の脆弱性がある

購入したアイテムにセキュリティ上の脆弱性があり、すぐに、または簡単に修正できない場合は、アイテムに対して返金を請求する資格があります。アイテムを修正できる場合、プロバイダーはマーケットプレイス上のアイテムを更新し、速やかに修正する必要があります。

返金を受けられない場合の理由

アイテムが説明通りもので、正常に機能する場合、通常はプロバイダーに返金の義務はありません。たとえば、次のような場合が該当しますが、これらに限定されません。

  • 購入後に気が変わって不要になった
  • アイテムが期待していたものではなかった
  • 誤ってアイテムを購入した
  • アイテムを使用するための十分な専門知識がない