Landing Pages

非公開コンテンツにアクセスするためにメンバー登録を必須にする

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

Service Hub  Professional, Enterprise
CMS Hub  Enterprise

公開権限を持つユーザーは、コンタクトごとにHubSpot上でアクセス可能な特定のページ、ブログ記事、ナレッジベースの記事を指定できます。特定のコンテンツを表示するためにパスワードを使用して登録するため、特定のHubSpotリストのコンタクトを招待することができます。パスワードで保護されたコンテンツは検索エンジンのクロールの対象にはならず、登録済みのコンタクトがログインした場合にのみ閲覧できます。

非公開コンテンツにアクセスするためのメンバー登録が必要な場合は、これを使用してコミュニケーション受信トレイのログイン訪問者を識別することや、ログインした訪問者のみに表示されるようにチャットフローをターゲット設定することができます。ログインしている訪問者とのチャットの詳細を確認してください。

注: 

  • ページ、ブログ、記事を非公開にしてもコンテンツは暗号化されず、ユーザーアカウントの代わりに使用することや、機密データを非表示にすることはできません。
  • この機能は自分が所有する接続済みサブドメインにのみ機能します。メンバーシップアクセスは、HubSpotアカウントの既定のサブドメイン(例:hs-sites.com)で公開されたコンテンツに対して有効になりません。

  • パスワードはUIからアクセスできないため、ユーザーがコンタクトのメンバーシップログインパスワードを検索することはできません。 

  • パスワードは安全です。最新の業界勧告および標準に従ってHubSpotのサーバーに保存されます。

ページのメンバーシップ登録をセットアップする

CMS Hub Enterpriseアカウントでは、ランディングページやウェブサイトのページのメンバーシップをセットアップできます。ページを登録必須の非公開にすると、選択したリストのメンバーであるコンタクトに登録Eメールが送信され、メンバーはパスワードをセットアップできます。今後これらのリストに新しいコンタクトが追加されると、そのコンタクトにもパスワード登録を完了するためのEメールが届きます。このEメールの言語は既定のアカウント言語に設定されます。コンテンツを非公開アクセスのみに設定した後、登録Eメールを送信する前に2分間の遅延があります。

注:ドメインで他の非公開コンテンツを表示するためにすでにパスワードを設定しているコンタクトには、追加のEメールは届きません。そのようなユーザーは、リストメンバーシップに基づいて既存のパスワードを使用してログインし、サイトでアクセス可能な非公開コンテンツを表示します。

  • HubSpotアカウントで、[マーケティング]>[ウェブサイト]>[ランディングページ]または[ウェブサイトページ]の順に進みます。
  • ランディングページにマウスを置いて、[編集]をクリックします。
  • ページエディターで[設定]タブをクリックします。
  • [詳細オプション]をクリックし、詳細設定のセクションを開きます。
  • [ページのオーディエンスアクセスを管理]セクションで、[非公開 - 登録が必要]を選択します
  • ドロップダウンメニューをクリックし、このページにアクセスするために登録が必要なコンタクトのリストの横のチェックボックスを選択します。

    control-audience-access-editor
  • [保存して、Eメールを送信]をクリックします。

コンタクトは、制限されたページURLを訪問したときに登録とログインを求められます。訪問者が正常にログインすると、HubSpotは訪問者のウェブブラウザーにcookieを追加します。これで、訪問者はログインを再度求められることはなくなります。必要に応じて、ドメインの非公開コンテンツアクセスからログアウトするための直接リンクをコンタクトに送信できます。

ページダッシュボードからページのメンバーシップ登録をセットアップするには、次の手順を実行します。

  • ページの上にカーソルを置き、[続き]ドロップダウンメニューをクリックし、[オーディエンスアクセスの管理]を選択します。
  • 複数のページのオーディエンスアクセスを一括で制御するには、アクセスを制限するページの横にあるチェックボックスを選択し、[オーディエンスアクセスの管理]をクリックします。

    control-audience-access-bulk

ランディングページとウェブサイトページの場合、ページ名の下のダッシュボードにオーディエンスアクセスが表示されます。

  • ページ詳細画面のページの上部にラベルが表示され、ページが非公開でありパスワードまたは登録が必要かどうかが示されます。ページに登録が必要な場合は、[詳細を表示]をクリックしてページにアクセスできるリストを表示します。

page-details-private-content-registration


ブログのメンバーシップ登録をセットアップする

CMS Hub Enterpriseアカウントでブログのメンバーシップをセットアップできます。ブログ記事の設定はアカウント設定で管理します。非公開ブログコンテンツのメンバーシップ登録をセットアップするには、ブログのすべての投稿を非公開に設定する必要があります。

ブログのコンテンツを非公開に設定すると、カスタマイズされたコンテンツアクセスをまだ登録していないコンタクトに登録Eメールが送信されます。このEメールの言語は既定のアカウント言語に設定されます。コンテンツを非公開アクセスのみに設定した後、登録Eメールを送信する前に2分間の遅延があります。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[ウェブサイト]>[ブログ]の順に進みます。
  • 左上で、[修正するブログを選択]ドロップダウンメニューを使用してカスタマイズするブログを選択します。
  • [全般]タブで、[これを非公開ブログ登録]チェックボックスをオンにします。
  • [リストを選択]ドロップダウンメニューを使用して、アクセス権があるコンタクトのリストを選択します。このアクションにより、カスタマイズされたコンテンツアクセスをまだ登録していないコンタクトに登録Eメールが送信されます。

control-audience-access-to-blog

  • [保存]をクリックして変更を適用します。

ナレッジベースのメンバーシップ登録をセットアップする

Service Hub ProfessionalおよびEnterpriseアカウントでナレッジベース記事のメンバーシップをセットアップできます。登録が必要なナレッジベース記事を非公開に設定すると、選択したメンバーのリストにあるコンタクトに登録Eメールが送信され、そのコンタクトからパスワードをセットアップできるようになります。その後、リストにコンタクトを追加すると、そのコンタクトにパスワードを登録するためのEメールが届きます。このEメールの言語は既定のアカウント言語に設定されます。コンテンツを非公開アクセスのみに設定した後、登録Eメールを送信する前に2分間の遅延があります。

注:ドメインで他の非公開コンテンツを表示するためにすでにパスワードを設定しているコンタクトには、追加のEメールは届きません。そのようなユーザーは、リストメンバーシップに基づいて既存のパスワードを使用してログインし、サイトでアクセス可能な非公開コンテンツを表示します。

  • HubSpotアカウントにて、[サービス] > [ナレッジベース]の順に進みます。
  • [記事]タブをクリックして記事の上にカーソルを置き、[編集]をクリックします。
  • エディターで[設定]タブをクリックします。
  • [オーディエンスアクセスの管理]セクションで、[非公開 - 登録が必要]を選択します。
  • ドロップダウンメニューをクリックし、この記事にアクセスするため登録が必要なコンタクトのリストの横にあるチェックボックスを選択します。
knowledge-article-audience-access
  • 右上にある[更新]をクリックします。

コンタクトは、制限された記事URLを訪問したときに登録とログインを求められます。訪問者が正常にログインすると、HubSpotは訪問者のウェブブラウザーにcookieを追加します。これで、訪問者はログインを再度求められることはなくなります。必要に応じて、ドメインの非公開コンテンツアクセスからログアウトするための直接リンクをコンタクトに送信できます。

記事ダッシュボードからオーディエンスアクセスを管理するには次の手順を実行します。

  • 記事の上にカーソルを置き、[続き]ドロップダウンメニューをクリックし、[オーディエンスアクセスの管理]を選択します。
  • 複数の記事のオーディエンスアクセスを一括で制御するには、アクセスを制限する記事の横にあるチェックボックスを選択し、[オーディエンスアクセスの管理]をクリックします。

    knowledge-article-control-access-bulk

ダッシュボードの記事名の下にオーディエンスアクセスが表示されます。

  • HubSpotアカウントにて、[サービス] > [ナレッジベース]の順に進みます。
  • [記事]タブをクリックします。
  • 記事の名前をクリックしてアクセス制限の詳細を表示します。

knowledge-article-restricted

  • ページ詳細画面のページの上部にラベルが表示され、ページが非公開でありパスワードまたは登録が必要かどうかが示されます。 

設定とテンプレートのカスタマイズ

CMS Hub Enterpriseアカウントで、非公開コンテンツ登録のEメールおよびページ用のカスタムテンプレートを作成できます。

非公開コンテンツの一般設定のカスタマイズ

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[非公開コンテンツ]に移動します。
  • [編集するドメインを選択]ドロップダウンメニューをクリックして、非公開コンテンツがホストされているドメインを選択します。

一般設定

[ジェネラル]セクションで、次の項目をカスタマイズできます。
  • 会社名:登録ページテンプレートに表示される会社名。
  • ウェブサイトアドミニストレーター:ログイン、ログアウトまたは登録に問題があった場合に訪問者が連絡するEメールアドレスを入力します。メンバーシップ登録のトラブルシューティングについて詳細をご確認ください。

各アクション後の既定の移動先

特定のアクションが完了した後、サイトの特定のページにコンタクトを誘導できます。

  • ドロップダウンメニューをクリックして、次の状況で訪問者に表示するリダイレクトページを選択します。
    • 訪問者が登録した後で:コンタクトが登録後にリダイレクトされるウェブサイトのページ。
    • 訪問者がサインインした後で:ウェブサイトのユーザーがドメイン上で非公開コンテンツを表示するためにログインしたが特定の非公開ページのリンクをクリックしていない場合に表示するページ。訪問者が特定のパスワード保護されたページを表示するためにサインインした場合は、代わりにその非公開ページが表示されます。
    • 訪問者がサインアウトした後で:サインアウト後にコンタクトがリダイレクトされるウェブサイトのページ。ウェブサイトからページを選択しない場合、コンタクトにはサインアウトしたことを示すシンプルな既定のページが表示されます。

メンバーシップの登録ページとEメールテンプレートのカスタマイズ

非公開コンテンツには、自社の名前やロゴを特徴とするシンプルな既定の登録ページとEメールがあります。これらのテンプレートは、既定で[非公開コンテンツ]一般設定で設定されたロゴ、会社名、およびウェブサイト管理者を参照します。

Eメールテンプレートのカスタマイズ

[非公開コンテンツ]設定の[作成]リンクを使用して、新しいメンバーシップの登録Eメールとパスワードの確認Eメールを作成できます。新しいEメールを保存したら、[非公開コンテンツ]設定で選択できるようになります。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[非公開コンテンツ]に移動します。
  • [編集するドメインを選択]ドロップダウンメニューをクリックして、カスタマイズするドメインを選択します。
  • [テンプレート]タブをクリックします。
  • [登録]セクションで、次のEメールテンプレートをカスタマイズできます。
    • 登録Eメール:非公開コンテンツにアクセスするよう招待されたコンタクトに送信されるEメール。
    • パスワード保存確認Eメール:登録中に新規パスワードが保存されたことの確認、またはパスワードがリセットされたことの確認をするために訪問者に送信されるEメール。
    • パスワードリセットEメール:パスワードをリセットしたときに訪問者に送信されるEメール。
  • カスタマイズするEメールの横にある[作成]をクリックします。
  • 自動化用に保存する新しいEメールを作成します。または、カスタムEメールテンプレートまたはドラッグ&ドロップEメールテンプレートで選択できます。
  • 自動化用に新しい登録Eメールを保存したら、[非公開コンテンツ]設定に戻ります。
  • [登録Eメール]ドロップダウンメニューをクリックし、作成した新しいEメールを選択します。

メンバーシップ登録ページテンプレートのカスタマイズ

すべてのアカウントには、メンバーシップ登録ページのシンプルなテンプレートが含まれています。これらのページテンプレートをカスタマイズするには、開発者と協力してデザインマネージャーツールで新しいHTML/HubLテンプレートをデザインする必要があります。 

注意:テンプレートが[非公開コンテンツ]設定に表示されるには、デザインマネージャーで新しいHTML/HubLテンプレートを作成するときに、対応するテンプレートタイプを選択する必要があります

customize-private-content-page-templates

非公開コンテンツページの新しいカスタムHTMLテンプレートを選択するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[非公開コンテンツ]に移動します。
  • [編集するドメインを選択]ドロップダウンメニューをクリックして、カスタマイズするドメインを選択します。
  • [テンプレート]タブをクリックします。
  • [登録]セクションで、以下のページタイプのカスタムHTMLテンプレートを選択できます。
    • 登録ページ:招待されたコンタクトが非公開コンテンツにアクセスするためにサインアップできるページ。
    • アクセス拒否ページ:非公開コンテンツへのアクセス権が付与されていない場合に訪問者に代わりに表示されるページ。
    • サインインページ:訪問者が非公開コンテンツにアクセスするためにサインインするページ。
    • サインアウトページ:訪問者がサインアウトした後に表示されるページ。
    • パスワードリセットリクエストページ:訪問者がパスワードのリセットをリクエストするときに表示されるページ。
    • パスワード新規作成ページ:訪問者がパスワードを新規作成するページ。

edit-registration-page-templates

非公開コンテンツのメンバーシップ登録のトラブルシューティング

コンタクトがアクセスできる非公開コンテンツを確認する

コンタクトがアクセスできる非公開コンテンツを確認するには、コンタクトレコードの詳細を確認します。

  • HubSpotアカウントで[コンタクト]>[コンタクト]に移動します。
  • コンタクトの名前をクリックします。
  • 左パネルの[リストメンバーシップおよび非公開コンテンツに対するアクセス権]セクションで、[リストメンバーシップを管理]をクリックすると、コンタクトがメンバーになっているリストと、コンタクトがアクセスできる非公開ページ数が表示されます。
  • リストの上にカーソルを置き、[詳細]をクリックします。
  • 右のパネルで、[オーディエンスアクセス]をクリックすると、リスト内のコンタクトがアクセスできる非公開ページの名前が表示されます。

lists-audience-access

登録Eメールを特定のコンタクトに再送信する

コンタクトが登録Eメールを受信しなかった場合、noreply@domain.com(非公開ページがホストされている「ドメイン」であるサブドメイン)をアドレスブックに追加するか、送信IPアドレスを許可リストに入れるよう通知します。コンタクトレコードから登録Eメールを再送信することができます。

  • HubSpotアカウントで[コンタクト]>[コンタクト]に移動します。
  • コンタクトの名前をクリックします。
  • 左パネルの[リストメンバーシップおよび非公開コンテンツに対するアクセス権]セクションで、[リストメンバーシップを管理]をクリックします。
  • 右上にある[登録を管理]ドロップダウンメニューをクリックします。
    • コンタクトが元のEメールを受信しなかった場合は、[登録Eメールを再送信]を選択し、登録Eメールを再送信します。
    • すでに登録を完了しているコンタクトがログインパスワードを忘れた場合、[パスワードをリセット]を選択して、コンタクトにパスワードのリセットEメールを送信します。コンタクトは、ログインページで[パスワードをお忘れですか?]をクリックし、パスワードを自分でリセットすることができます。

reset-password-or-resend-email

非公開コンテンツ登録に関するコンタクトのプロパティー

非公開コンテンツを表示するために招待されるコンタクト用に更新されるコンタクトのプロパティーがいくつかあります。手動またはワークフローで更新できる[メンバーシップのメモ]プロパティーもあります。

  • 登録Eメールの宛先ドメイン:コンテンツメンバーシップへの登録招待Eメールが送信された宛先ドメイン。
  • Eメールが確認されました:コンタクトからの確認。
  • メンバーシップのメモ:コンタクトのコンテンツメンバーシップに関するメモ。
  • 登録日時:コンタクトがコンテンツメンバーシップをセットアップした日時。
  • ステータス:コンタクトのコンテンツメンバーシップのステータス。
  • 時間登録Eメールが送信されました:登録Eメールがコンタクトに送信された日時。

登録ページへの直接リンクをコンタクトに送信する

非公開コンテンツ用のログインページへの直接リンクをコンタクトに送信するには、ページドメインの末尾に「/_hcms/mem/login」を追加します。たとえば、inbound-marketing.comでホストされているコンテンツの場合、ログインページURLは「http://inbound-marketing.com/_hcms/mem/login」です。

log-in-cms-membership-page

コンタクトをログアウトページに誘導するにはページドメインの末尾に「/_hcms/mem/logout」を追加します。たとえば、inbound-marketing.comでホストされているコンテンツの場合、ログアウトページURLは「http://inbound-marketing.com/_hcms/mem/logout」です。

アカウントからすべてのメンバーシップ登録アクティビティーをエクスポート

コンタクトが登録ページと非公開コンテンツを含むすべてのやり取りを確認するには、アクティビティーログをダウンロードできます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[非公開コンテンツ]に移動します。
  • [編集するドメインを選択]ドロップダウンメニューをクリックして、非公開コンテンツがホストされているドメインを選択します。
  • 設定で下にスクロールし、[アクティビティーログをダウンロード]をクリックします。

export-private-content-activity-log

  • [ファイル形式]ドロップダウンメニューをクリックしてファイルタイプを選択します。
  • [エクスポート]をクリックします。

非公開コンテンツまたは登録ページにエンゲージメントした各コンタクトのEメールアドレスとコンタクトIDを含むスプレッドシートが届きます。ファイルには、各コンタクトが正常に登録を完了したか、非公開コンテンツを表示するためにログインしたかどうかが記録されます