お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Snippets

テンプレートやスニペットにパーソナライズトークンを追加する

更新日時 2020年 11月 12日

対象製品

すべての製品とプラン

セールスEメールテンプレートスニペットを作成する際には、受信者に応じてコンテンツを調整するためにパーソナライズトークンを追加してください。パーソナライズトークンには、Eメールテンプレートを送信したりスニペットを使用したりする際に、対応するプロパティー値が入力されます。トークンを挿入して、そこにコンタクト、会社、取引、チケット、送信者(HubSpotユーザー)のプロパティーの値が入れられるようにすることができます。または、HubSpotプロパティーに保存されない1回限りの値を入力するよう送信者に求めるプレースホルダートークンを追加することもできます。

注:プレースホルダートークンは、セールスEメールテンプレートでのみ利用可能です。 

  • HubSpotアカウントで、テンプレートまたはスニペットに移動します。
  • 編集するテンプレートやスニペットの名前をクリックするか、または新規テンプレート新規スニペットを作成します。
  • パーソナライズトークンを挿入するテンプレートまたはスニペットの本文をクリックします。
  • 下部のツールバーで、[パーソナライズ]ドロップダウンメニューをクリックします。
  • [タイプ]ドロップダウンメニューをクリックし、プロパティータイプを選択します。
    • プロパティートークンを選択する場合は、検索バーを使用してその場所に移動し、特定のプロパティーを選択します。

personalize-templates

    • プレースホルダートークンを使用する場合は、[カスタムトークン]フィールドにそのプレースホルダートークンの名前を入力します。

テンプレートまたはスニペットをコンタクトに送信する際、プロパティータイプのトークンの部分に、対応するプロパティー値が代入されます。プロパティー値が不明な場合、トークンの代わりに[[MISSING TOKEN - PROPERTY NAME]]と表示されます。テキストを更新してプロパティー値を含めることができます。

プレースホルダートークンを使用している場合は、コンタクトにEメールを送信する前にトークンの値を入力します。ここに入力する値はHubSpotプロパティーには保存されません。 

注:コンタクトの関連会社の名前をテンプレートやスニペットに追加する場合は、[会社トークン][名前](Salesforce統合の場合は[アカウント名])を追加する必要があります。これは、[会社名]というコンタクトのプロパティーとは異なります。これらの2つのプロパティーの違いについて詳細をご確認ください。

コンタクトに複数の取引が関連付けられている場合、取引のパーソナライズトークンには、最近作成された取引の値が表示されます。