メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Reports

アトリビューションレポートを作成する

更新日時 2022年 3月 21日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
CMS Hub Professional, Enterprise

アトリビューションレポートを使用して、コンタクトがカスタマージャーニーに沿って行ったインタラクションを確認します。そして、さまざまなアトリビューション・モデルを使用して、ビジネスにとって意味のある方法で、資産やインタラクションにクレジットを帰属させることができます。 

以下では、HubSpotで利用できるアトリビューションレポートの種類と、一般的なアトリビューションレポートのアプローチ方法について説明します。

アトリビューションレポートの種類

HubSpotでは3種類のアトリビューションレポートを作成でき、それぞれが異なるタイプのコンバージョンを測定します。

  • コンタクトクリエイトのアトリビューションレポートは、どのマーケティング施策が最も多くの新規コンタクトを獲得したかを理解するのに役立ちます。
  • 案件創出アトリビューションレポートは、どのマーケティング施策が最も多くの新規案件を創出したかを把握するのに役立ちます ( マーケティングハブエンタープライズのみ)。
  • 収益アトリビューションレポートは、どのマーケティング活動が最も収益獲得につながったかを理解するのに役立ちます ( マーケティングハブエンタープライズのみ)。

3種類のアトリビューションレポートをすべて作成することで、マーケティング活動の効果を完全に把握することができます。もし、あなたのビジネスがファネルモデルで運営されているならば、コンタクト作成、取引作成、収益属性のレポートは、それぞれファネルの上、中、下と考えることができます。

レポートの作成

  • HubSpotアカウントで、Reports > Reportsに移動します。
  • 右上の[カスタムレポートを作成]をクリックします。
  • 左のパネルで、「属性」を選択します。
  • 右側のパネルで、Contact createDeal createRevenueの各セクションで利用可能なサンプル収益アトリビューションレポートを表示します。 
    • サンプルレポートに基づいてレポートを作成するには、[サンプルレポート]を選択します。 
    • レポートを一から作成する場合は、「レポートを一から作成する」を選択します。
  • 右上の[次へ]をクリックします。レポートビルダーにリダイレクトされます。
  • レポートビルダーの上部にある鉛筆のアイコンをクリックし、レポートに名前を付けます。

次に、レポートの設定を行います。

レポートを設定する

左サイドバーで、レポートのチャートタイプ、アトリビューションモデル、ディメンションを設定します。

  • レポートの視覚化を選択するには、「チャートの種類」ドロップダウンメニューをクリックし、チャートの種類を選択します。について詳しく知るチャートタイプ .

注:[ドーナツ]、[円]、[集計]チャートタイプは、1つのアトリビューションモデルを使用している場合にのみ選択できます。

  • アトリビューションモデルのドロップダウンメニューをクリックし、1つまたは複数のモデルを選択することで、さまざまなタイプのインタラクションにクレジットを割り当てる方法を定義します。
  • コンバージョンクレジットの割り当て方法を選択するには、Dimensionsドロップダウンメニューをクリックし、ディメンジョンを選択します。別のディメンションを追加] をクリックすると、レポートに別のディメンションを追加できます。以下は、使用可能な寸法の略称です。詳細については、アトリビューションレポートレファレンスガイドをご覧ください。
    • アセットディメンション:ランディングページなど、コンタクトが旅先で接触したアセットにコンバージョンクレジットを割り当てます。
    • 案件次元:関連する案件の属性によってコンバージョンクレジットを割り当てる。
    • インタラクションディメンション:コンタクトのジャーニーで発生したインタラクションによって、コンバージョンクレジットを割り当てる。 
    • UTMディメンション:インタラクションが発生したURLに存在するUTMパラメータによってコンバージョンクレジットを割り当てます。
    • その他のディメンション:広告キーワード、CTA、ソーシャル投稿など、その他のディメンションによってコンバージョンクレジットを割り当てることができます。

次に、レポートフィルターを設定します。

レポートフィルターを追加する

左のサイドバーで、レポートに追加のフィルターを設定します。

  • コンタクトはアトリビューションレポートのみを作成します。
    • コンタクト作成日:レポートデータをコンタクトが作成された特定の日付範囲に制限します。を含む日付フィルターを選択した場合、週の開始は日曜日です。
    • Lifecycle stage& date:レポートデータを特定のライフサイクルステージとライフサイクルステージが変更された日付に制限しています。
    • 連絡先リスト:レポートデータを特定の連絡先または特定の連絡先リストに制限します。
    • ライフサイクルステージ:レポートデータを、現在特定のライフサイクルステージにあるコンタクトに限定します。
  • ディールはアトリビューションレポートのみを作成します。
    • Deal create date:レポートデータを、案件が作成された特定の日付範囲に制限します。週を含む日付フィルタを選択した場合、その週は日曜日から始まります。
    • 案件:レポートデータを特定の個別案件のみに限定して表示します。
  • 収益帰属報告書のみ。
    • 取引クローズ日:レポートデータを、収益を伴う取引が成立した特定の日付範囲に限定します。その日付範囲内でクローズした取引の収益が、チャートのデータに含められます。を含む日付フィルターを選択した場合、週の開始は日曜日です。
  • アセットタイプ:レポートデータに、特定のタイプのアセット(例:ウェブサイトページ)で発生したコミュニケーションに関連付けられた取引収益のみが含まれるように限定します。
  • キャンペーン:特定のキャンペーンに関連する取引収益のみを含むようにレポートデータを制限します。キャンペーン
  • インタラクションソース:レポートデータに、特定のソース(例:オーガニック検索)から来たコミュニケーションに関連付けられた取引収益のみが含まれるように限定します。

デフォルトのフィルターに加えて、「+フィルターを追加」をクリックすると、カスタムフィルターを追加することができます。

アドフィルター-to-アトリビューション-report0

レポートを作成した後は、HubSpotアカウントに保存するか、エクスポートすることができます。

レポートの保存またはエクスポート

レポートをセットアップしたら、それをレポートリストやダッシュボードに保存するか、またはHubSpotからデータをエクスポートします。

レポートをレポートリストまたはダッシュボードに保存するには、次のようにします。

  • 右上の[保存]をクリックします。レポートをコピーとして保存するには、「名前を付けて保存」をクリックします。
  • 右側のパネルで、レポート名を[レポート名]フィールドに入力します。
  • レポートを保存する場所を次のように選択します。
    • ダッシュボードに追加しない:レポートはあなたのレポート一覧 .
    • 既存のダッシュボードに追加:レポートは、既存のダッシュボードに追加されます。レポートを追加するダッシュボードを選択するには、ドロップダウン・メニューをクリックします。
    • 新規ダッシュボードに追加: レポートは、新たに作成するダッシュボードに追加されます。ダッシュボードの名前を入力し、その可視性を選択します。
  • 右下の[保存]をクリックします。

また、レポートをエクスポートして、オフラインでデータを利用することもできます。

  • 右上にある[エクスポート]をクリックします。
  • ダイアログボックスで、エクスポートの名前を入力し、レポートを保存するファイル形式を選択します。[エクスポート]をクリックします。ファイルの処理が開始され、レポートがダウンロード可能になると通知を受け取ります。
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.