Sequences

シーケンスでEメールスレッドを作成する

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise

スレッド化を使用してシーケンスをセットアップすることで、各Eメールの個別のコミュニケーションを作成するのではなく、コンタクトが単一のコミュニケーションでシーケンスEメールを受信できるようになります。これにより、コンタクトにコンテキストを提供し、あなたとのやり取りをすべて1か所で確認できるようになります。

シーケンスに登録する際に、あらゆるシーケンスまたは個別のコンタクトに対して、既定でスレッド化を有効にすることもできます。

注:
  • シーケンススレッドは、接続されたGmail(G Suite)またはOffice 365の受信トレイでのみ使用できます。スレッド機能は、以降のシーケンスステップで件名をオーバーライドします。シーケンス内のすべてのEメールが、同じ件名を持つ最初のコミュニケーションの一部として表示されます。
  • スレッドを使用してシーケンスにコンタクトを登録しても、すでにコンタクトに持っている最初のスレッドからは引き継がれません。登録が新しいスレッドを開始しますが、シーケンス内の後続のEメールはそのスレッドに引き継がれます。

すべてのコンタクトで既定で有効にする

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [シーケンス]の順に進みます。
  • 編集するシーケンスの名前をクリックします。
  • シーケンス サマリー ページで[編集]をクリックします。
  • シーケンスエディターの上部にある[設定]タブをクリックします。
  • [フォローアップEメールを最初のEメールに対する返信としてまとめる]チェックボックスを選択します。sequence-editor-enable-threading

個別のコンタクトで有効にする

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
  • シーケンスに登録するコンタクトの名前をクリックします。
  • [Eメール]タブをクリックし、[シーケンス]をクリックします。

contact-enroll-sequence

  • ダイアログボックスが表示されたら、シーケンスにマウスポインターを合わせ、クリックして選択します
  • シーケンス登録ウィンドウの右上にある[フォローアップオプション]ドロップダウンメニューをクリックし、[スレッド化を有効にする]チェックボックスを選択します。
  • [適用]をクリックします。sequences-select-enable-threading-checkbox
  • シーケンスを確認し、必要に応じてさらにカスタマイズを行ってから、下の[シーケンスを開始]をクリックします。

このシーケンスのEメールは、個別のEメールスレッドではなく、このコンタクトの受信トレイの連続したコミュニケーションの一部として表示されます。見た目は、通常のEメールスレッドのスレッドと同じように表示されます。

注:セールEメールに添付するファイルのサイズには、20MBの上限が設定されています。シーケンスEメールをスレッド化すると、スレッドでのすべての返信がEメールの添付ファイルに含まれることになるので、ファイルサイズの上限に達する可能性があります。