メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

アクティビティーをレコードに関連付ける

更新日時 2023年 9月 27日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

レコードのタイムラインのアクティビティーは、自動または手動で他のレコードに関連付けすることができます。アクティビティーには、通話、1対1のEメール、ミーティング、メモ、タスク、郵便、LinkedIn、SMS、WhatsAppメッセージなどがあります。アクティビティーがコンタクト、会社、取引、チケット、カスタムオブジェクトレコードに関連付けされると、そのレコードのアクティビティータイムラインに表示されます。

また、レコードに関連付けされたアクティビティーの履歴を表示したり、レコード同士を関連付けたりすることができます。 

注:アクティビティーが持つことのできる関連付けの数は、オブジェクト、アクティビティーのタイプ、ご利用のHubSpotサブスクリプションによって異なります。

アクティビティーの自動関連付けを理解する

レコード上のアクティビティーは、特定の関連レコードに自動的に関連付けされます。アクティビティーが自動的に関連付けされるかどうかは、アクティビティーの種類、アクティビティーが最初に記録された場所、関連付けされるオブジェクトによって決まります。アクティビティーが記録されたオブジェクトをもとに、どのアクティビティーが自動的に関連付けされるかは、下記をご覧ください。

会社アクティビティー

電話、1対1のEメール、ミーティング、メモ、タスク、郵便、LinkedIn、SMS、WhatsAppメッセージが会社のレコードに最初に記録された場合、その会社の直近の5つの関連付けられたオープン取引(つまり、closed-wonまたはclosed-lost取引の段階でない取引)に自動的に関連付けされます。会社から送信した1対1の Eメールや電話をかけたコンタクトも関連付けされます。 

コンタクトアクティビティー

コンタクトレコードに電話、1対1のEメール、ミーティング、メモ、タスク、郵便、LinkedIn、SMS、WhatsAppメッセージが最初に記録された場合、コンタクトの主要会社および関連付けされた最新の5つのオープン取引(つまり、closed-wonまたはclosed-lost取引の段階でない取引)に自動的に関連付けされます。

コンタクトレコードに記録される特定のアクティビティーについては、例外があります:

  • デスクトップアプリのレコードから送信された1対1のEメールの返信は、スレッドの最初のEメールと同じレコードに関連付けされます(例:コンタクトがスレッドの最初のEメールを送信されたが、スレッドの返信を送信されなかった場合、そのコンタクトは返信メールに関連付けされます)。HubSpotモバイルアプリのコンタクトレコードから新しいメールや返信が送信された場合そのメールはのみメール送信されたコンタクトと関連付けされます。スレッドの最初のEメールに関連付けられたレコードであっても、他の関連レコードに自動的に付けられることはありませんデスクトップでEメールの関連付けを編集する方法についてご紹介します。
  • コンタクトレコードが以前別の会社に関連付けされていた場合、コンタクトの過去のアクティビティーは、新しい関連会社に自動的に関連付けられることはありません。過去のアクティビティーは、以前の会社レコードに関連付けされたままとなります。
  • HubSpot Sales Chrome extension for Gmailから作成したタスクは、コンタクトの関連会社や直近の5件のオープン取引に自動的に関連付けされません
  • コンタクトレコードのシーケンスから作成されたタスクは、コンタクトの関連付けされたレコードに自動的に関連付けされません。シーケンスの結果作成されたコンタクト、Eメール、ミーティングは、コンタクトの関連する主要会社および最新の5つのオープンディールレコードに自動的に関連付けされます

取引アクティビティー

電話、1対1のEメール、ミーティング、メモ、タスク、郵便、LinkedIn、SMS、WhatsAppメッセージが取引レコードに最初に記録された場合、その取引の主要会社に自動的に関連付けされます。取引から送信された1対1の Eメールや電話をかけたコンタクトも関連付けされます。

チケットアクティビティー

電話、1対1のEメール、ミーティング、メモ、タスク、郵便、LinkedIn、SMS、WhatsAppメッセージがチケットレコードに最初に記録された場合、そのチケットの主要会社に自動的に関連付けされます。チケットから送信したOne to Oneメールや電話をかけたコンタクトも関連付けされます。

カスタムオブジェクトレコードアクティビティー

カスタムオブジェクトレコードに記録されたアクティビティーは、関連付けされたレコードには自動的に関連付けされませんが、カスタムオブジェクトレコードから送信された1対1の Eメールや通話は、Eメールや通話をしたコンタクトに関連付けされます。

既存のアクティビティーを別のレコードに関連付ける

アクティビティーが特定のレコードに自動的に関連付けされない場合、アクティビティーを他のコンタクト、会社、取引、チケット、カスタムオブジェクトレコードに手動で関連付けることができます。

  • レコードに移動します。
    • コンタクト:HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コンタクト]の順に進みます。
    • 会社:HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[会社]の順に進みます。
    • 取引:HubSpotアカウントにて、[セールス]>[取引]の順に進みます。
    • チケット:HubSpotアカウントにて、[サービス]>[チケット]の順に進みます。
    • カスタムオブジェクト:HubSpotアカウントで、[コンタクト]>[カスタムオブジェクト]の順に移動します。アカウントに複数のカスタムオブジェクトがある場合は、[カスタムオブジェクト]にカーソルを重ねて、表示したいカスタムオブジェクトを選択します。
  • 関連付けるアクティビティーのレコードの名前をクリックします。
  • レコードに関連付けたいアクティビティーを探します。アクティビティーの詳細が折りたたまれている場合は、アクティビティーの左上の右矢印をクリックすると展開されます。rightアクティビティー左上の右矢印をクリックすると、アクティビティーが展開されます。
  • アクティビティー右下の[×]関連付けをクリックします。
associations-on-activity
  • ポップアップボックスでは、関連付けタブでアクティビティーに関連するすべてのレコードを表示するか、オブジェクトタブをクリックしてアクティビティーに関連するそのオブジェクトのレコードのみを表示することができます。

activity-association-selector

  • 追加でレコードを関連付けるには、関連付けるオブジェクトのタブをクリックし、[[オブジェクト]を検索]フィールドにレコードの名前を入力します。レコードの横にあるチェックボックスをオンにします。アクティビティーは、そのレコードのタイムラインに表示されるようになりました。
  • アクティビティーから関連付けを削除するには、レコードの名前の横にあるチェックボックスをオフにします。

手動で新しいアクティビティーを作成し、関連付けを追加する方法をご紹介します。

過去のアクティビティーを新しい取引やチケットに関連付ける

新しい取引やチケットを作成する際に、新しい取引/チケットを別のレコードに関連付け、そのレコードの過去のアクティビティーを新しい取引/チケットのタイムラインに自動的に追加することができます。 

注:過去の通話、Eメール、メモ、ミーティング、タスクのみが新しい取引/チケットのタイムラインに自動的に追加されることに注意してください。その他の種類のアクティビティー(マーケティングEメールのクリック、フォーム送信、ページビューなど)は追加されません。

  • 取引やチケットに移動します:
    • 取引:HubSpotアカウントにて、[セールス]>[取引]の順に進みます。
    • チケット:HubSpotアカウントにて、[サービス]>[チケット]の順に進みます。
  • 右上の[取引/チケット]を作成するをクリックします。
  • 右パネルの「取引/チケットの関連付け」セクションで、「会社/コンタクト」ドロップダウンメニューをクリックし、新しいレコードに関連付ける会社/コンタクトを検索して選択します。

関連付け-アクティビティー-ニューディール

  • これらのレコードのアクティビティーを新しいレコードに関連付けるには、[既存のレコード]のタイムラインアクティビティーをこの[取引/チケット]に追加する チェックボックスを選択します。過去30日間」ドロップダウンメニューをクリックし、レコードの過去のアクティビティーを新しいレコードに関連付ける時間帯を選択します。
  • その他の項目を入力し、「作成」をクリックします。出来上がったオブジェクトには、選択した時間枠に基づく関連付けされたレコードのアクティビティーが含まれます。

取引の作成チケットの作成、レコード作成フォームのカスタマイズについて詳しく説明します。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。