メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

CRMデータ監査インテグレーション(ベータ版)のインストールと使用

更新日時 2022年 9月 8日

In Beta

対象製品

すべての製品とプラン

CRMデータ監査統合をインストールして、Zohoなどの外部CRMでデータを監査することができます。外部CRMデータを監査すると、HubSpotデータと比較して、CRM内のさまざまな種類のデータが表示されます。たとえば、2つのCRM間で同期を設定する必要がある場合に便利です。

現在、以下の統合がアプリマーケットプレイスで利用できます。

  • Copperデータの監査役
  • Pipedriveデータの監査役
  • Zohoデータの監査役
  • ActiveCampaignデータのオーディット担当
  • Mailchimpデータのオーディット担当

CRMデータ監査ツールをインストールするには:

  • HubSpotアカウントで、メインナビゲーションバーの[マーケットプレイス]アイコンマーケットプレイスをクリックし、[アプリマーケットプレイス]を選択します。
  •  検索バーを使用して、外部CRMに対応するデータ監査ツールを見つけます。
  • [アプリ をインストール]をクリックします。 
  • ポップアップウィンドウで、外部CRMアカウントを選択し、[送信]をクリックします。次の画面で、[承認]をクリックして、統合がCRMデータにアクセスできるようにします。

統合がインストールされている場合、監査を実行できるようになりました。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[統合] > [接続済みアプリ]に移動します。
  • 接続したデータ監査アプリをクリックします。
  • [監査の実行]をクリックします。その後、監査は処理を開始します。
  • 監査が完了したら、[監査ファイルをダウンロード]をクリックして、監査結果を含むスプレッドシートをエクスポートします。
  • コンピュータで監査ファイルを開き、CRMデータの内訳を表示します。エクスポートには次のページが含まれます。
    • 結果のエクスポート:監査中に分析されたオブジェクトの概要。
    • [オブジェクト]タブ:各オブジェクトタイプにページが作成され、外部CRMでそのオブジェクトに作成されたプロパティが一覧表示されます。各プロパティは、名前、データタイプ、一致するHubSpotデータタイプ、およびプロパティに関する追加情報によって分類されます。
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.