メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

ワークフローで登録解除トリガーを設定する

更新日時 2023年 11月 13日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional, Enterprise

登録解除トリガーを設定して、ワークフローからレコードを除外または登録解除することができます。登録解除トリガーは、会社、取引、チケット、見積、カスタムオブジェクト、コミュニケーションベースのワークフローに設定できます。

抑制リストを使用して、コンタクトベースのワークフローでレコードを除外または登録解除する方法について説明します。

登録解除トリガーの仕組み

ワークフローに登録解除トリガーを追加すると、次の3つの処理のいずれかが実行されます。

  1. レコードが現在ワークフローに登録されておらず、登録解除トリガー :をミーティングしている場合、は、登録トリガーを後で満たしたとしても、ワークフローに登録されません。
  2. ワークフローに現在登録されているレコードが登録解除トリガーの条件を満たしている場合:レコードは直ちにワークフローから登録解除されます。
  3. ワークフローに現在登録されているレコードが登録解除トリガーの条件を満たしていない場合:レコードはワークフローに残されます。ただし、後から(ワークフローでまだアクティブなときに)登録解除トリガーの条件を満たした場合、その時点で登録解除されます。

ワークフローへの登録解除トリガーの追加

  • HubSpotアカウントにて、[自動化]>[ワークフロー]の順に進みます。
  • ワークフローの名前をクリックします。
  • Settings and notificationsタブをクリックします。
  • 左のサイドバーで、[登録解除と除外]をクリックします。
  • 右側のペインで、登録解除トリガーを設定します。たとえば、取引ベースのワークフローでは、取引のプロパティー | 金額 | 次の値より小さい | 1,000を選択して、1,000ドル以下の金額の取引を登録解除するか除外します。

  • 登録解除トリガーを設定したら、[保存]をクリックします。
この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。