メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

オプトアウトリストをインポートする

更新日時 2021年 10月 20日

対象製品

すべての製品とプラン

健全なEメール送信の信頼性を確保するため、今後のマーケティングEメールシーケンスツール経由のEメールの受信を希望しないコンタクトのオプトアウトリストをインポートすることができます。

オプトアウトリストの準備

Excelのスプレッドシートに、Eメールを受信しないオプションを希望したコンタクトのEメールアドレスを記載した「Eメール」列を追加します。ファイルをCSV形式で保存します。

オプトアウトリストのインポート

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
  • 画面右上の[インポート]をクリックします。
  • [インポートを開始]をクリックします。
  • [オプトアウトリスト]を選択し、[次へ]をクリックします。
  • [ファイルを選択]をクリックします。ダイアログボックスで、お使いのデバイスからインポートするファイルを選択します。
  • [アップロード]をクリックします。
  • Eメールフィールドの列ヘッダーをクリックしてドロップダウンメニューを開き、インポート用ファイルでEメールのフィールドがある列ヘッダーを選択します。
  • [次は、選択内容を確認します]をクリックします。
  • テキストフィールドにコンタクトのを入力し、これらのコンタクトがEメールを受信しないオプションを選択していることを確認します。
  • 画面右下の[インポート開始]をクリックします。

オプトアウトリストをインポートして処理すると、リストのすべてのコンタクトの[すべてのEメールを配信解除済み]プロパティーが[true]に設定されます。

opted-out-contact-property-confirmation

これらのコンタクトは請求可能なコンタクト合計としてカウントされますか?

オプトアウトリストにインポートされるコンタクトは、HubSpotデータベースにコンタクトを作成するわけではないため、請求可能なコンタクト合計には追加されません。代わりに、リストのEメールアドレスにマークをつけ、アカウントからEメールを受信できないようにします。これらのEメールアドレスは、宛先不明で戻ってきたコンタクトと配信解除済みコンタクトのリストをエクスポートする場合に含まれます。

ただし、現在HubSpotコンタクトとして存在しているオプトアウトインポートの中にEメールアドレスがある場合は、自動的に登録解除されるものの、それらはまだコンタクトとして存在し、請求可能コンタクト合計としてカウントされます。これらのコンタクトが請求対象合計に含まれないようにするには、コンタクトを削除してから、オプトアウトリストとして再インポートすることができます。コンタクトはポータル内のコンタクトとしては存在せず、メールアドレスのみが不適格としてマークされます。

外部システムから定期的にオプトアウトリストをインポートする必要がある場合は、HubSpotに接続してデータ同期を使用する方法をご確認ください。