メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Inbox

コミュニケーション受信トレイでホスト型EメールアドレスにEメールを転送する

更新日時 2021年 9月 9日

対象製品

すべての製品とプラン

受信トレイがOffice 365またはGoogleでホスティングされていない場合、またはGoogleグループアカウントまたはEメールエイリアスを使用してコンタクトとコミュニケーションする場合は、コミュニケーションの受信トレイでホスト型Eメールをセットアップして、メールクライアントからのEメールを受信ボックスに転送できるようにしてください。たとえば、Googleグループのメーリングリストがある場合、Googleグループの設定にHubSpotでホストされたEメールを追加すると、Googleグループのアカウントに送られたEメールをコミュニケーションの受信トレイに表示できます。

ホスト型Eメールの設定は、2つのステップで構成されます。つまりHubSpotでホスト型Eメールをセットアップした後、Eメールプロバイダーで転送先アドレスとしてそのホスト型Eメールを追加します。

注:HubSpotは、7月14日以降のすべての受信Eメールに対してセキュリティーチェックを追加しています。これにより、スパムがHubSpotでホストされているコミュニケーションの受信トレイに表示されなくなります。一部のEメールが拒否される場合があります。正当なEメールが拒否されていると思われる場合は、IT部門にメールサーバーが正しく設定されていることを確認するように依頼してください。

HubSpotでホスト型Eメールアドレスを設定する

受信トレイの設定でホスト型Eメールアドレスをカスタマイズすることができます。 

  • HubSpotアカウントにて、[コミュニケーション] > [受信トレイ]の順に進みます。
  • 左下にある[受信トレイ設定]をクリックしてから、[チャネル]を選択します。
  • [チャネルを接続]をクリックします。
  • [チームEメール]をクリックします。
  • [はい、これは共有アカウントです]を選択します。
  • [次へ]をクリックします。
  • [その他のEメールアカウント]を選択します。
    conversations-connect-email-channel-choose-email-provider
  • 次の画面で、コンタクトがあなたからのEメールを受信したときに送信者名とアドレスが表示される方法をカスタマイズします。

注:複数のホスト型Eメールアドレスで同じ送信者名を使用することはできません。接続するホスト型Eメールアドレスの送信者名には、一意の値を設定する必要があります。 

  • 表示される送信者名をカスタマイズするには、[送信者名]ドロップダウンメニューをクリックし、オプションを選択します。
    • エージェントと会社名:このオプションを選択すると、ユーザーの名前と会社名が表示されます。テキストフィールドに会社名を入力します。
    • 会社名:会社名のみを表示するには、このオプションを選択します。テキストフィールドに会社名を入力します。customize-from-name-in-hosted-inbox
  • 送信元アドレスをカスタマイズするには、オプションの横にあるラジオボタンを選択します。
    • 既定の使用:有料アカウントのユーザーの既定の送信元アドレスは[ユーザー名]@[サブドメイン].hs-inbox.comとして表示されます。無料ユーザーの既定の送信元アドレスは[ユーザー名]@[サブドメイン].hubspot.inbox.comとして表示されます。
    • 送信元アドレスをカスタマイズ:表示するEメールアドレスをテキストフィールドに入力します。認識されていないEメールアドレスを入力する場合は、そのドメインへのアクセス権があることを確認する必要があります。[アドレスを認証]をクリックし、ダイアログボックスで[認証Eメールを送信]をクリックして、そのEメールへのアクセス権があることを確認します。verify-hosted-email-in-inbox

注:Marketing HubSales HubまたはService Hub StarterProfessionalもしくはEnterpriseユーザーの場合、接続済みEメール送信ドメインを、カスタマイズした送信元アドレスとして入力できます。Eメール送信ドメインの接続方法をご覧ください。 

  • 受信トレイから送信するEメールにチームのEメール署名を含めるには、[チーム署名を追加]をクリックします。 
    • テキストボックスの[シンプル]エディターで、チームEメール署名をカスタマイズします。
      • 下部のアイコンを使用して、テキストのフォーマットの成形、リンクの挿入、または画像の挿入を行います。 
      • 送信者の氏名または名前に入力するパーソナライズトークンを挿入するには、[トークンを挿入]ドロップダウンメニューをクリックして[フルネーム]または[名]を選択します。コンタクトがチームのEメールアドレスからのEメールを受信すると、Eメールを送信したユーザーの名前がEメールの署名に表示されます。email-signature-in-conversations
  • 右側で、送信元名、送信者アドレス、およびEメール署名がコンタクトの受信トレイにどのように表示されるかをプレビューします。 
  • [次へ]をクリックします。
  • 既定では、受信したコミュニケーションは、チームがトリアージするために未割り当てのままになります。コミュニケーションを特定のユーザーとチームメンバーにルーティングする場合は、[自動的にコミュニケーションを割り当て]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。
    • [割り当て先]ドロップダウンメニューをクリックし、ルーティングオプションを選択します。
      • 特定のユーザーおよびチーム:受信したコミュニケーションを選択したユーザーまたはチームにルーティングする。[特定のユーザーおよびチーム]ドロップダウンメニューからユーザーまたはチーム名を選択します。
      • コンタクト所有者:受信コミュニケーションをコンタクトの担当者にルーティングします。コンタクトのレコードには担当者が割り当てられていること、コンタクトがCookieでトラッキングされることが必要です。所有者がオフラインの場合、コミュニケーションはEメールで訪問者の所有者に送信されます。
  • 既定では、受信会話についてチケットが作成されます。
    • チケットのプロパティーをカスタマイズするには、[チケットを編集]をクリックします。
    • 右側のパネルでプロパティーを編集し、[保存]をクリックします。
    • 受信コミュニケーションごとのチケット作成をしないようにするには、[受信したコミュニケーションをサポートチケットとして扱う]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。 
  • [次へ]をクリックします。
  • [転送先アドレスをコピーする]フィールドで、転送先アドレスをプレビューします。転送先アドレスを編集するには、[アドレスをカスタマイズ]をクリックし、ダイアログボックスでアドレスを編集してから、[保存]をクリックします。

コミュニケーション受信トレイでEメールを受信するには、その前に、Eメールプロバイダーの設定に、転送先アドレスを追加します。 

注:このステップの後で転送先アドレスを編集することはできません。変更は、ホスト型Eメールのセットアップを完了する前に行ってください。

Eメールプロバイダーの設定に転送先アドレスを追加する

HubSpotでホスト型Eメールアドレスをセットアップした後、Eメールプロバイダーの設定で、転送先アドレスとしてそのホスト型Eメールを追加する必要があります。 

  • HubSpotで、転送先アドレスの横にある[コピー]をクリックします。copy-your-forwarding-address
  • 転送先アドレスを追加する方法の説明を表示するには、[Eメールプロバイダーを選択]ドロップダウンメニューをクリックします。Eメールプロバイダーの設定に転送先アドレスを追加するには、次の手順を実行します。 
view-instructions-for-provider 
  • Eメールプロバイダーの設定に転送先アドレスを追加したら、HubSpotに戻り、右下の[接続して完了]をクリックします。

ホスト済み受信トレイに確認Eメールが送信されたという通知を受け取ることができます。アカウント内のコミュニケーション受信トレイに移動して確認コードを表示し、Eメールを確認します。ホスト型Eメールが正常に接続されると、他の接続済みチームEメールチャネルとともに表示されます。コミュニケーション受信トレイに転送されるEメールに返信する方法をご確認ください。

hosted-email-listed-in-channel-settings

注:Eメールがコミュニケーション受信トレイのホスト型Eメールアドレスに転送されると、既定では、HubSpotは転送者のEメールアドレスではなく、元のEメールの「送信者」のEメールアドレスがあるコンタクトレコードにそのEメールを関連付けます。これにより、受信トレイで自動転送ルールを使用している場合でも、Eメールをコンタクトに正しく関連付けることができます。受信トレイで転送ルールを管理する方法について詳細をご確認ください。