Email

以前にバウンスしたコンタクトに E メールを送信する

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
CMS Hub  Professional, Enterprise
Marketing Hub Basic(旧製品)

すべてのバウンスが永久に続くわけではありません。バウンスの性質によっては、バウンスした E メールアドレスへの再送信、バウンスされた E メールアドレスの監査、E メールアドレスのバウンス解消を試みることができます。

バウンスしたコンタクトについて何かをする必要がありますか?

HubSpot は、不変的な理由(受信者が無効、受信者が見つからないなど)でバウンスしたコンタクトには、次回の送信で自動的に E メールの送信を停止し、送信者の評判を保護しようとします。これらのコンタクトは、E メールの送信後の画面で [未送信] タブに表示されます。これらのコンタクトに送信されないように、フィルタリングまたは削除する必要はありません。ただし、これらのコンタクトのアドレスが古かったり正しくなかったりして、将来 E メールを送信するためにデータベースに保存しておくのに値しないと決定することはできます。

バウンスはコンタクトレコードではなく E メールアドレスと関連付けられているため、コンタクトの E メールアドレスを更新することは可能です。以前の E メールアドレスに関連付けられているバウンスが新しい E メールアドレスに繰り越されることはありません。同じように、コンタクトの E メールアドレスを更新して、以前にハードバウンスしたものにすると、そのコンタクトは E メール送信の対象から外されることになります。

バウンスした E メールアドレスを監査するにはどうすればいいですか?

E メールでバウンスしたコンタクト、およびそれに対応するバウンスの理由を確認するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • 左にあるサイドバーメニューで、[送信済み] をクリックします。
  • E メールの名前をクリックします。
  • E メールの送信後のページで、[受信者] タブをクリックします。
  • 左にあるサイドバーメニューで、[バウンス] をクリックします。
  • [>] をクリックして特定のコンタクトを展開してバウンスの理由を表示します。
  • バウンスの理由を一括表示するには、[リストアクション] ドロップダウンメニューをクリックして [受信者リストをエクスポート] を選択します。

ハードバウンスは解消できますか?

はい、E メールが有効であるとわかっている場合は、ハードバウンスを解消できます。

注: コンタクトのバウンスを解消する必要があるのは、コンタクトの E メールアドレスが有効であることが確認済みである場合のみです。無効な E メールアドレスに送信すると、送信者の評判に悪影響があり、エンゲージメントしたコンタクトに E メールを送信できなくなるおそれがあります。

  • E メール送信ドメインが HubSpot に接続されていることを確認します。
  • コンタクトの E メールアドレスが有効であることを確認します(たとえば、HubSpot 外でこの E メールアドレス宛に送信してこのコンタクトと連絡が取れたか)。
  • バウンスの理由としてホワイトリスト、ネットワーク、コンテンツの問題に気付いた場合は、その問題が解決されていることを確認してください。コンタクトがマーケティング E メールの配信可能性を確保できるようにする方法を説明します。
  • コンタクトの E メールアドレスが有効であることを確認して将来のバウンスを防止する対策を講じたら、コンタクトのレコードに移動します。
  • 左側のパネルで [バウンスを解消] をクリックします。

注: コンタクトの E メールアドレスがグローバルにバウンスすると、HubSpot アカウントでそれらのバウンスを解消することはできません。その E メールアドレスが正当なものである場合にバウンスを解消するには、HubSpot サポートにお問合せください。ただし、アドレスが不明な場合やメールボックスに空き容量がないなどの特定のバウンスタイプは、受信トレイが放棄されている可能性があるため、バウンス解消できません。

Unbounce-contact

  • このダイアログボックスで、コンタクトのバウンスに関する情報を確認します。[このメールアドレスが正しいことを確認しました] チェックボックスをオンにして、[このコンタクトのバウンスを解消] をクリックします。

注:

  • 利用規定で購入済みのリストが禁止されているため、HubSpot はサードパーティーリストからのバウンスの監査や解消のリクエストを拒否します。HubSpot を使用してE メール送信をしても OK のコンタクトリストのタイプを説明します。
  • HubSpot では、権限ベースの送信者としてのリストのクリーニングサービスは提供していません。リストをすっきりさせるには、無効なサブスクライバーを削除したり、再エンゲージメントキャンペーンを検討したり、サードパーティーのスキャナーを採用したりすることをお勧めします。