お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

コンタクトにマーケティングEメールの再サブスクライブを促す

更新日時 2021年 4月 2日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotアカウントから送信されるマーケティングEメールをサブスクライブ解除したコンタクトは、Eメールの再サブスクライブまたはEメール設定の更新を実施する必要があります。マーケティングEメールをオプトアウトしたコンタクトでも、1対1のEメールトランザクションEメールを受信できます。

注:コンタクトがマーケティングEメールをサブスクライブ解除した後に、代理で再サブスクライブすることはできません。HubSpotアカウントから送信されるマーケティングEメールを再び受信するためには、コンタクト自身がアクションを実行する必要があります。ただし、アカウントのHubSpotユーザーが手動でコンタクトをオプトアウトした場合は、このオプトアウトステータスを削除できます

コンタクトが再サブスクライブする場合は、次の手順を実行する必要があります。

  • Eメール受信トレイに移動します。
  • HubSpotアカウントから送信したマーケティングEメールを探して開きます。
  • Eメールフッターで、再サブスクライブまたはEメール設定を更新するための[Eメールの設定]リンクをクリックします。

注:HubSpotでは、悪意のあるユーザーが再サブスクリプションEメールを悪用できないようにするための保護措置を導入しています。コンタクトがすでに再サブスクリプションのためのフォームで各自のEメールアドレスを送信している場合は、アドレスを再送信できるようになるまでに1時間待つ必要があります。

HubSpotフォーム(Marketing Hub EnterpriseProfessional、またはLegacy Marketing Hub Basicのみ)を介してコンタクトを再サブスクライブする

コンタクトがHubSpotアカウントから送信された古いマーケティングEメールを見つけることができない場合は、再サブスクライブEメールが有効になっていれば、HubSpotフォームまたはポップアップフォームで再サブスクライブできます。この機能では、フォームまたはポップアップフォームの1つにEメールアドレスを入力すると、コンタクトにオプトアウトステータスを通知し、再サブスクライブするためのリンクを提供します。

オプトアウトステータスは、レコードではなく、コンタクトのEメールアドレスに関連付けられています。コンタクトのEメールアドレスが変更された場合、新しいアドレスを使用して再度オプトアウトする場合を除き、前のオプトアウトステータスは適用されません。

注:コンタクトがブランドからのすべてのEメールをオプトアウトした場合、そのコンタクトはHubSpotフォームのいずれか1つを使用しなければ再サブスクライブできません。コンタクトが特定のサブスクリプションタイプを選んでオプトアウトした場合、HubSpotフォームを通じてEメールに再サブスクライブすることはできません。