Integrations

HubSpotのカレンダーとGoogleカレンダーまたはOutlookカレンダーとの同期を使用する

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

すべての製品とプラン

GoogleカレンダーおよびOutlookカレンダーとHubSpotとの同期により、CRMへのミーティングの記録、そのミーティングのGoogleカレンダーイベントの作成、ミーティング参加者への招待メールの送信を同時に実行することができます。さらに、GoogleカレンダーまたはOutlookカレンダーでHubSpotコンタクトとのミーティングイベントを作成すると、そのイベントが該当するコンタクトレコードのタイムラインに表示されます。

HubSpotミーティングツールでカレンダーを使用する場合は、こちらの記事をご確認ください。

GoogleカレンダーをHubSpotに接続する
  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • 右上にある[アプリマーケットプレイスにアクセス]をクリックします。
  • 検索バーを使用してGoogleカレンダー同期を検索します。統合の上にカーソルを置き、[統合を表示]をクリックします。
  • ダイアログボックスで、[Googleカレンダーに接続]をクリックします。
  • Googleのログイン画面にリダイレクトされます。または、複数のアカウントをお持ちの場合は、使用するアカウントを選択します。
  • [許可]をクリックします。

注:HubSpotに統合できるのは既定のGoogleカレンダーのみです。

再びHubSpotにリダイレクトされて、Google Calendar for HubSpotのインストールが完了したことを示すダイアログボックスが表示されます。

OutlookカレンダーをHubSpotに接続する

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • 右上にある[アプリマーケットプレイスにアクセス]をクリックします。
  • 検索バーを使用してOutlookカレンダー同期を検索します。統合の上にカーソルを置き、[統合を表示]をクリックします。
  • ダイアログボックスで[Connect to Outlook Calendar(Outlookカレンダーに接続)]をクリックします。
  • Office 365にリダイレクトされ、アカウントへのログイン画面が表示されます。

ログイン資格情報を入力した後、HubSpotにリダイレクトされ、Outlookカレンダーのインストールが完了したことを示すダイアログボックスが表示されます。

注:Googleカレンダー同期またはOutlookカレンダー同期のいずれか一方のみをHubSpotに接続できます。両方の統合を同時にインストールすることはできません。

HubSpotでミーティングをスケジュールする

GoogleカレンダーまたはOutlookカレンダーを接続した後、コンタクト、会社、取引、チケットのページに移動します。左側のパネルで、ミーティングアイコンdateをクリックして、ミーティングイベントを作成します。画面の下部に表示されるウィンドウで、ミーティングの詳細を入力します。ミーティングが作成されると、対応するイベントがGoogleカレンダーまたはOutlookカレンダーに追加され、コンタクトにミーティングの招待メールが送信されます。コンタクト、会社、取引のレコードからミーティングのスケジュールを設定する方法について詳細をご確認ください。schedule-meeting-from-contact-record

注:HubSpotでミーティングを削除しても、GoogleカレンダーやOutlookカレンダーからイベントが削除されることはありません。

GoogleカレンダーまたはOutlookカレンダーでミーティングをスケジュールする

GoogleカレンダーまたはOutlookカレンダーで作成されるミーティングの参加者に、HubSpotアカウントのコンタクトが含まれている場合は、コンタクトのタイムライン上にもこのミーティングが表示されます。同じように、HubSpotのコンタクト側からミーティングへの招待が届いた場合にも、そのコンタクトのタイムラインにミーティングが表示されます。create-google-calendar-event

カレンダーでイベントを編集または削除すると、コンタクトのタイムラインに表示されるミーティングの情報にも、その更新内容が反映されます。

contact-record-scheduled-meeting

注:
  • 接続されたカレンダーからミーティングを作成すると、そのミーティングは、HubSpotアカウントにすでに存在するコンタクトのタイムライン上にのみ記録されます。対象のHubSpotアカウント内にそれらのゲストがまだ存在しない場合、HubSpotにより自動的にコンタクトレコードが作成されることはありません。 
  • ゲストのコンタクトレコードの[Eメール]プロパティーで同じEメールアドレスが使用されていないと、ミーティングはそのコンタクトのタイムラインに表示されません。
  • HubSpotでは、Eメールのドメイン(ポータルのターゲットおよび接続されているドメイン)に基づいてお客様の社内関係者とみなされる方や、既存ユーザーの方については、自動的にイベントが追加されないようになっています。
  • 統合前に作成されたイベントは、HubSpotに同期されません。イベントのゲストがHubSpotアカウントのコンタクトとして存在し、[Eメール]プロパティーに同じEメールアドレスが設定されているとしても、例外ではありません。統合がアクティブな状態でGmailやOffice 365で作成されたイベントのみが、コンタクトのタイムラインに同期されます。
  • 定期的なミーティングの場合、HubSpotはシリーズ内の最初のイベントのみを同期します。シリーズ中の別のイベントに変更があった場合、または参加者応答に変更があった場合、更新されたイベントがHubSpotに同期されます。たとえば、週ごとの定期ミーティングについてだれかが特定の週にキャンセルすると、それによりその週のイベントがHubSpotに同期されます。
  • すべての終日イベントがHubSpotに同期されるわけではありません。
  • HubSpotのカレンダー同期では、非公開のカレンダーイベントはHubSpotアカウントに同期されません。