メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Salesforce

SalesforceからHubSpotにカスタムオブジェクトを同期させる。

更新日時 2022年 2月 25日

対象製品

Marketing Hub Enterprise
Sales Hub Enterprise
Service Hub Enterprise
CMS Hub Enterprise

SalesforceのオブジェクトをHubSpotのカスタムオブジェクトと同期する方法については、こちらをご覧ください。

始める前に

カスタムオブジェクトを HubSpotアカウントで作成してから 、Salesforceの統合設定内でカスタムシンクを設定する必要があります。 

カスタムオブジェクト同期を設定する

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • [Salesforce]をクリックします。
  • 右上の[+カスタムオブジェクトを同期]をクリックします。
sync-custom-object
 

注:同期できるカスタムオブジェクトは最大で10個のみです。

  • ポップアップボックスで、[Get started(開始する)]をクリックします。

オブジェクトをマッピングする

  • [オブジェクトをマッピング]画面で、ドロップダウンメニューをクリックし、同期するSalesforceオブジェクトと、それに関連付けるHubSpotカスタムオブジェクトを選択します。 
sync-salesforce-object-to-hubspot-updated
  • [次へ>]をクリックします。

同期ルール

  • [同期ルール]画面で、次の手順を実行します。
    • [[自分のカスタムオブジェクト]の作成および更新]のルールは読み取り専用です。
      salesforce-create-update-custom-object
    • [自分のカスタムオブジェクト]を削除したときに、どのような処理が行われるかを選択します。
      salesforce-delete-object
  • [次へ>]をクリックします。

関連付け

関連付け画面に表示される関連付けフィールドは、そのカスタムオブジェクトに対してSalesforceで設定されているものを表しています。正しいフィールドが表示されない場合は、Salesforceの管理者に連絡してください。

  • クリックすると、SalesforceからHubSpotに同期させたい関連付けが切り替わります
  • ドロップダウンメニューで、HubSpotが2つのオブジェクトを関連付けるために使用するフィールドを選択します。 

注:関連付けは、すでにHubSpotと同期されているオブジェクト間でのみ受け渡しすることができます。例えば、会社の同期が有効になっている場合、アカウントとカスタムオブジェクト間の関連付けを同期できます。


turn-on-association

  • [次へ>]をクリックします。

フィールドマッピング

  • [フィールドマッピング]画面で、HubSpotの必須フィールドと同期するSalesforceフィールドを選択します。HubSpotのカスタムオブジェクトには、1つ以上の必須フィールドが必要です。
required-fields
  • [次へ>]をクリックします。
  • プロパティーのマッピングを確認します。マッピングは編集または削除することができます。次のステップに進む前に、すべてのエラーを解決する必要があります。
review-field-mappings
  • [次へ>]をクリックします。

プレビュー

  • [プレビュー]画面で、カスタムオブジェクトの設定をプレビューして確認します。[編集]または[<戻る]をクリックして設定を変更することができます。
review-salesforce-settings-1
  • [次へ>]をクリックします。

同期を有効にする

  • Turn sync on画面で、Start continual syncを選択すると、Salesforce でレコードが作成または更新されたときに同期されます。後でシンクをオンにする場合は、「後で保存する」を選択します。

同期をオンにすると、Salesforceで作成または更新されたレコードのみがHubSpotに同期されます。既存のレコードを同期するには、SalesforceからHubSpotにカスタムオブジェクトをインポートすることができます。 

カスタムオブジェクトの同期を設定した後、Salesforceからカスタムオブジェクトをインポートすることで、カスタムオブジェクトの既存のデータを取り込むことができます。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
  • 画面右上の[インポート]をクリックします。
  • インポート開始]をクリックします。
  • 統合 ]を選択し、[ 次へ ]をクリックします。
  • Salesforceレコードを選択し、[次へ]をクリックします。
  • カスタムオブジェクト ]を選択し、[ 次へ ]をクリックします。
  • インポートするカスタムオブジェクトを選択します。

salesforce-import-custom-object

  • インポートのレコード数を確認するには、[レビュー]をクリックします。
  • [インポートを開始]をクリックします。
  • インポート画面に戻ります。インポートの処理が完了すると、結果が画面上の一覧に表示されます。

サポート対象のSalesforceオブジェクト

Salesforceとカスタムオブジェクトと標準オブジェクトの両方をHubSpotに同期できますが、すべての標準オブジェクトがサポートされているわけではありません。
 
The following standard objects can be synced: AcceptedEventRelation, AccountContactRole, AccountPartner, ActionLinkGroupTemplate, ActionLinkTemplate, AdditionalNumber, Asset, AssetRelationship, AssignedResource, AssociatedLocation, BusinessProcess, CallCenter, Campaign, CampaignMember, CampaignMemberStatus, Case, CaseComment, CaseContactRole, CaseMilestone, CaseSolution, CaseStatus, CaseTeamMember, CaseTeamRole, CaseTeamTemplate, CaseTeamTemplateMember, CaseTeamTemplateRecord, CategoryData, CategoryNode, ClientBrowser, CollaborationGroup, CollaborationGroupMember, CollaborationGroupMemberRequest, CollaborationGroupRecord, CollaborationInvitation, Community, Contract, ContractContactRole, ContractLineItem, ContractStatus, DeclinedEventRelation, EmailMessage, EmailMessageRelation, EmailServicesAddress, EmailServicesFunction, EmailTemplate, Entitlement, EntitlementContact, EntitlementTemplate, EntityMilestone, EntitySubscription, Event, EventRelation, Holiday, Idea, IdeaComment, KnowledgeableUser, LeadStatus, Li
 
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.