メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

コンタクトベースのワークフロータイプを理解する

更新日時 2022年 4月 1日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional
コンタクトベースのワークフローを作成する際、3つのワークフロータイプのオプションがあり、これによってワークフローアクションのタイミングが決定します。

ご注意ください:コンタクトベースのワークフロータイプを選択し、[ワークフローを作成]をクリックすると、ワークフロータイプを変更できなくなります

ブランクワークフロー

ブランクワークフロー、または標準的なワークフローでは、最初のワークフローアクションまたは遅延は、コンタクトが登録トリガーを満たしたときにワークフローに登録される、またはワークフローに手動で登録される時間に対するものです。ワークフローの他の場所に追加された遅延は、コンタクトが登録された時間ではなく、前のアクションを基準とします。

ブランクワークフローの例としては、以下のようなものがあります。

  • コンタクト送信後にフォローアップ E メールを送信する。
  • コンタクトデータベースに追加されたときにセールスチームにリードを割り当てる。
  • コンタクトのペルソナが決定された後に、コンタクト担当者のタスクの作成などの一連のアクションを自動化する。

Blankコンタクトベースのワークフローを作成する方法について説明します。

特定の日付

特定日ワークフローでは、すべてのワークフローのアクションは、固定されたカレンダーの日付に集中します。ブランクワークフローと同様に、コンタクトは登録トリガーを満たした時点でワークフローに登録されるか、または手動でワークフローに登録されます。 

ただし、コンタクトは、固定カレンダー日付を基準として、最初のアクションの実行がスケジュールされるまではワークフロー内に留まります。ワークフローの他の場所に追加された遅延は、前のアクションではなく、固定のカレンダー日付を基準とします。

とは異なり連絡先の日付プロパティワークフローでは、特定日ワークフローに含まれるすべての連絡先が、同じ日時にワークフローのアクションを実行します。特定日ワークフローの例としては、以下のようなものがあります。

  • コンタクトに休日 E メールを送信する。
  • 今後のウェビナーに登録したコンタクトにリマインダー E メールを送信する。

特定日連絡先ベースのワークフローを作成する方法について説明します。

コンタクトの日付のプロパティー

連絡先日付プロパティワークフローでは、すべてのワークフローでのアクションは、連絡先の日付プロパティを中心としたものです。ブランクワークフローと同様に、コンタクトは登録トリガーを満たした時点でワークフローに登録されるか、、手動でワークフローに登録されます。ただし、コンタクトは、固定の日付プロパティーを基準として、最初のアクションの実行がスケジュールされるまではワークフロー内に留まります。ワークフローの他の場所に追加された遅延は、前のアクションではなく、コンタクトの日付プロパティーを基準とします。

とは異なり具体的な日付ワークフローのアクションは、連絡先の日付プロパティの日付値に基づいて、連絡先に対して異なる時刻に実行されます。Contactdate propertyワークフローの例としては、以下のようなものがある。

  • コンタクトのアカウントのアクティベート日に基づいて歓迎 E メールを送信する。
  • クーポンやパーソナライズされたオファーを使用して、誕生日のコンタクトに E メールを送信する。
  • コンタクトのトライアル有効期限に基づき、コンタクト担当者のタスクの作成などの一連のアクションを自動化する。

操作方法連絡先日付プロパティの作成連絡先ベースのワークフロー.

Was this article helpful? *
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.