メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

コミュニケーションの受信トレイで許可リストと拒否リストを管理する

更新日時 2024年 1月 29日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

チームEメールをコミュニケーションの受信トレイに接続すると、すべての受信Eメールがこの受信トレイに送信されます。受信トレイを整理するには、受信トレイ設定で許可および拒否リストを設定して、チームが見る必要のないEメールを受信トレイに入れないようにします。

HubSpotの許可リストまたは拒否リストにEメールまたはドメインを追加しても、、接続しているチームメールの外部メールクライアントの設定には一切影響しません(例えば、HubSpotの拒否リストに追加したEメールが、接続しているGmailやOutlookメールの迷惑メールフォルダーに送信されることはありません)。

注:許可または拒否リストを変更するには、アカウントアクセス権限を持つユーザーである必要があります。

Eメールまたはドメインを許可または拒否リストに追加する

許可リストに含まれるEメールやドメインから送信されたコミュニケーションはスパムとして分類されることはありませんが、拒否リストに含まれるEメールやドメインはスパムとして分類され、受信トレイには表示されません。Eメールやドメインを許可リストや拒否リストに追加するには:

注:手動またはフィルタリングルールに基づき自動的にスパムとして分類されたコミュニケーションは、90日後にスパム表示から永久に削除されます。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左サイドバーのメニューから、受信トレイ > 許可・拒否リストを開きます。
  • 許可リストまたは拒否リストセクションで、Eメールまたはドメインの追加をクリックします。

add-email-to-allow-list

  • ダイアログボックスで、メールアドレスまたはドメインを入力します。
    • 特定の受信トレイから送信されるEメールを許可または拒否するには、Eメールアドレスをemailaddress@domain.comのように入力します(例:name@hubspot.com)。
    • 特定のドメインから受信トレイに送信されるEメールを許可または拒否するには、ドメインをdomain.comのように入力します(例:hubSpot.com)。
  • [追加]をクリックします。

手動で許可または拒否リストに追加したEメール・アドレスやドメインに加え、受信トレイではデフォルトで以下のことが起こります:

注: Eメールプロバイダーによってスパムとして分類されたEメールを除き、これらのルールは、Eメールアドレスまたはドメインを許可リストに追加することによって変更することはできません。

  • Eメールが自動返信でない限り、、既存のコンタクトから送信されたEメールがスパムとして分類されることはありません。
  • 自分の接続チームのEメールアドレスから同じEメールアドレス l に送信されたEメールは、スパムとしてマークされます。
  • ブロックされた訪問者から送信されたEメールは、スパムとして分類されます。
  • noreply@hubspot.com から送信されたEメールは、スパムとして分類されます。
  • HubSpotアカウントから送信されたEメール(ワークフローから送信されたEメールなど)はスパムとして分類されます。
  • 受信トレイ()に新しいスレッドを作成するワークフローEメールに返信して送信されたEメールは、、スパムとして分類されます。
  • Eメールプロバイダーによってスパムとして分類されたEメールは、コミュニケーション受信トレイでスパムとして分類され、Spamビューに表示されます。受信許可リストに含まれるEメールアドレスやドメインから送信されたメールは、通常のメールとして受信トレイに表示されます。 
自動的にスパムとして分類されるEメールの種類を管理するには、以下の横にあるチェックボックスをオン/オフします:
  • 自動返信Eメール:自動返信や営業時間外の返信など、自動生成されるEメール。
  • マーケティングEメール:マーケティングキャンペーンの一環として送信されるEメール。
  • 役割ベースのEメール:特定の個人からではなく、会社、部署、役職、グループから送信されるEメール。役割ベースのEメールの完全なリスト:
    • abuse
    • admin
    • alert
    • billing
    • compliance
    • devnull
    • dns
    • finance
    • ftp
    • hostmaster
    • info
    • infrastructure
    • inoc
    • ispfeedback
    • ispsupport
    • it
    • list
    • list-request
    • maildaemon
    • mailer-daemon
    • marketing
    • no-reply
    • noc
    • noreply
    • null
    • phish
    • phishing
    • postmaster
    • privacy
    • registrar
    • root
    • sales
    • security
    • spam
    • support
    • sysadmin
    • tech
    • undisclosed-recipients
    • unsubscribe
    • usenet
    • uucp
    • webmaster
    • www
  • 配信停止リンクEメール:配信停止リンクを含むEメール。
  • [保存]をクリックします。

Eメールをスパム分類を解除する

訪問者がスパムとして分類されている場合、スパムフラグを解除することで、今後この送信者からのEメールが受信トレイに届くようになります。

  • HubSpotアカウントにて、[コミュニケーション]>[受信トレイ]の順に進みます。
  • 左サイドバーで、Spam
  • Eメールコミュニケーションをクリックして開きます。
  • コミュニケーションの上にあるバナーで、「非スパムとして分類」をクリックする。

mark-as-not-spam

受信トレイの自動チケット作成設定をにオンにしている場合、Eメールのスレッドを非スパムとしてマークすると、新規チケットが作成されます。この新しいチケットのタイムスタンプは、Eメールが最初に受信された時刻に基づいています。スパム分類を解除された時刻ではありません。新しいチケットは、自動的にスパムとして分類されたEメールに対してのみ作成されます。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。