メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

レコードのライフサイクルステージの自動設定と同期

更新日時 2024年 1月 30日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

HubSpotでは、レコードの作成方法に基づいてライフサイクルステージを自動的に設定したり、特定の関連オブジェクトのライフサイクルステージを自動的に同期したりすることができます:

  • 新規に作成されたコンタクトや会社のライフサイクルステージを自動設定することができます。
  • コンタクトまたは会社が作成されたときに、そのコンタクトまたは会社が関連付けられ ているライフサイクルステージを自動的に設定することができます。
  • 会社のライフサイクルステージは、関連付けられているコンタクトのライフサイクルステージを自動的に更新することができます。会社のライフサイクルステージの同期設定を有効にすると、プライマリー会社レコードのライフサイクルステージの値を変更した場合、関連付けられているコンタクトレコードに適用されます。
  • 取引のパイプラインステージは、関連付けられている会社およびコンタクトのライフサイクルステージを自動的に更新することができる。取引の作成時や獲得時など、特定のアクションに基づいて自動的に設定されるライフサイクルステージを選択することができます。

ライフサイクルステージの自動化の設定を管理します:

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左サイドバーのメニューから、[オブジェクト][]に移動し、[コンタクト]を選択します。 
  • ライフサイクルステージタブをクリックする。
  • プライマリーの関連会社のステージが変更されたときにコンタクトのライフサイクルステージを自動的に更新するには、[ライフサイクルステージの同期][]チェックボックスを選択します。会社のライフサイクルステージ値の更新は、関連付けられているコンタクトを更新しますが、コンタクトのライフサイクルステージの更新は、プライマリーコンタクトには影響しません。

ライフサイクルステージ自動化設定

  • 新規作成されたコンタクトおよび会社の既定のステージを設定するには、コンタクトまたは会社が作成されたときにライフサイクルステージの設定スイッチをクリックしてオンに切り替えます。ライフサイクルステージの設定ドロップダウンメニューで、ステージを選択する。
    • この設定を[][]にオンにすると、全ての新規コンタクトおよび会社にそのライフサイクルステージが割り当てられます。唯一の例外は、作成時に手動で異なるライフサイクルステージの値を設定した場合、またはフォームの設定で既定のライフサイクルステージを設定したフォーム送信によってレコードが作成された場合です。
    • この設定をoffにすると、レコード作成時にライフサイクルステージの値は、以下の例外を除いて空白のままになります:
      • コンタクト / 会社ホームページまたは関連付けられているレコードで作成された会社とコンタクトは、作成時にライフサイクルステージの値を設定しない限り、表示順でアカウントの最初のライフサイクルステージに設定されます。
      • [コンタクト][会社] または [HubSpot以外のフォーム] フォーム送信で作成されたコンタクトや会社は、 表示順でアカウントの最初のライフサイクルステージに設定されます。ただし、 フォームの設定 で既定のライフサイクルステージを設定している場合はこの限りではありません。
  • 取引が作成されたときに、関連付けされているコンタクトおよび会社の既定のステージを設定するには、「取引が作成されたときにライフサイクルステージを設定」スイッチをクリックしてオンにします。ライフサイクルステージの設定ドロップダウンメニューで、ステージを選択する。
    • この設定を) にオンにすると、コンタクトまたは会社が最初に関連付けされている取引が作成されたときに、ライフサイクルステージが自動 的に更新されます。
    • この設定をオフにした場合、関連付けされたレコードのステージに基づいてライフサイクルステージが自動設定されることはない。
  • 取引が成立したときに、関連付けされているコンタクトおよび会社に既定のステージを設定するには、「取引が成立したときにライフサイクルステージを設定」スイッチをクリックしてオンにします。ライフサイクルステージの設定ドロップダウンメニューで、ステージを選択する。
    • この設定を[][]にした場合、関連付けされている取引が成立すると、コンタクトや会社のライフサイクルステージが自動的に更新されます。
    • この設定がオフになっている場合クローズ日クローズまでの日数関連付けられているコンタクトおよび会社のプロパティーは自動更新されません。

これらの設定はlコンタクトのライフサイクルステージを逆に設定することはありません。以下の例を参照してください。

  • 1つの会社には2つのコンタクトが関連付けられ ています。1つはライフサイクルステージがSubscriberで、もう1つはライフサイクルステージがOpportunityです。会社のライフサイクルステージがリードに設定されている場合、のみ加入者がリードライフサイクルステージに更新されます。会社のライフサイクルステージが[顧客][コンタクト]に設定されている場合、両方のコンタクトは[顧客][コンタクト]に更新されます。
  • コンタクトが顧客のライフサイクルステージである場合、取引が作成され、そのコンタクトに関連付けられたとしても、コンタクトのライフサイクルステージが[商談]に変更されることはありません。コンタクトのライフサイクルステージがリードに設定されている場合、案件が作成され関連付けられると、コンタクトのライフサイクルステージは商談に更新されます。

ご注意: Salesforce連携を使用していて、ライフサイクルステージの同期設定をオンにすると、ライフサイクルステージの自動移行設定によってコンタクトのライフサイクルステージに加えられた変更は、HubSpotの同じ会社に関連付けられている全てのコンタクトに適用されます。HubSpotでは機会に関連付けられているアカウントは認識されないため、Salesforceのコンタクトは、コンタクト役割を介して機会と関連付けられている必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。