メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

将来開始する定期的な支払いをスケジュールする

更新日時 2023年 8月 21日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Marketing Hub Starter, Professional, Enterprise
Sales Hub Starter, Professional, Enterprise
Service Hub Starter, Professional, Enterprise
Operations Hub Starter, Professional, Enterprise
CMS Hub Starter, Professional, Enterprise

支払いリンクや見積書を作成する際に、定期商品項目の請求開始日を未来に設定することができます。これにより、バイヤーからの確定した将来のサブスクリプション料の支払いを回収することができます。 

例えば、この機能を使ってこんなことができる:

  • ウェブサイト構築の初期費用を集めると同時に、6ヶ月先からのSEOサービスの月次請求を予定。
  • 四半期ごとのサブスクリプションサービスを2ヶ月前に契約し、サブスクリプションが始まるまで請求書を発行しない。 

以下では、将来の日付に課金を開始する定期的な項目を設定する方法について説明します。次に、購入者がチェックアウトした後の定期的な支払いを管理する方法について説明します。

制限

定期品目の請求開始日を未来に設定する場合、以下の点に注意してください。

  • 支払いリンクに将来の請求開始日が含まれている場合、埋め込みコードを使用して支払いリンクを埋め込むことはできません。
ノーエンベッドオプション
  • 一回限りの注文割引は、チェックアウト時に期限切れの商品に対してのみ適用されます。このタイプの割引は、将来の日付の定期的な小切手には適用できない。将来の日付の定期的な項目で割引を提供するために、代わりに項目でユニット割引を含めることができます。

定期課金項目の課金開始日を設定する

支払いリンクや見積書の商品項目を設定する際、その請求開始日を商品項目エディターから、または請求開始日列を調整することで調整することができます。 

  • 商品項目エディターから将来の請求開始日を設定する場合。
    • 商品項目名をクリックします。
    • 右側のパネルで、「請求開始日を遅らせる」チェックボックスを選択します。
遅延請求日選択
    • Start billing termsドロップダウンメニューで、以下のいずれかを選択します。
      • カスタム日付:将来の特定の日付を指定します。このオプションを選択した後、日付入力を使用して開始日を選択し、[保存]をクリックします。
      • 開始の遅延(日):決済時から請求を開始するまでの遅延を日数で指定します。選択後、「Delayed billing start by days」欄に数値を入力する。
      • 開始の遅延(月):決済時から請求を開始するまでの遅延を月数で指定します。このオプションを選択した後、「Delayed billing start by months 」の欄に数値を入力してください。
delay-billing-start-date-options(遅延請求開始日オプション
  • 商品項目表から将来の課金開始日を設定する場合。
    • チェックアウト後、特定の日数または月数だけ課金を遅らせるには、「Billing start dateby」列までスクロールしてください。次に、Delayed billing start byの欄に、日数または月数を入力します。課金開始日の欄も、この遅延を反映して更新されます。
    • 特定の日まで課金を遅らせるには、課金開始日欄までスクロールします。次に、請求開始日のドロップダウンメニューをクリックし、「カスタム日」を選択します。右側のパネルで、日付入力で日付を選択し、[ 保存 ]をクリックします。

注:この設定により、バイヤーからの確定した将来の支払いを回収することができます。このツールを使って他の支払い方法を徴収する予定がある場合は、各自の法律顧問に相談してください。

2023-03-22_15-35-31 (1)

将来の開始日を選択すると、その開始日前に支払いリンクを表示したバイヤーには、定期購入アイテムの詳細が記載された「将来の料金」セクションが表示されます。また、この情報は彼らの領収書とあなたの加盟店コピーに記載されます。チェックアウト時の合計金額には、初回の支払い金額のみが含まれ、将来の請求は含まれません。

支払将来負担額

チェックアウト後、1回限りの商品項目には支払い記録が作成され、定期的な商品項目にはステータスが「Scheduled」の定期購入記録が作成されます。

取引レコード・サイドバー・ペイメント・アンド・サブスクリプション
将来の請求開始日が過ぎた後に購入者が支払いリンクまたは見積書を開くと、すべての商品項目の支払いはチェックアウト時に行われます。1回限りの割引は、1回限りの項目だけではなく、サブスクリプションの最初の分割払いに適用されます。 

バイヤーチェックアウトフューチャーチャージ

購入者がチェックアウトした後は、サブスクリプションのキャンセル、支払いリマインダーの設定、サブスクリプションを利用した他のHubSpotツールの利用など、サブスクリプションを管理することができます。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。