メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

取引、見積もり、請求書、支払いリンクに商品項目エディターを使用する

更新日時 2024年 6月 12日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

商品項目エディターを使用して、商品ベースの商品項目および取引見積もり請求書支払いリンクの価格、割引、請求条件などのカスタム商品項目の詳細を設定します。

購入者が購入した後、レポート作成ツールを使用して、これらの商品項目に関するレポートを作成することができます。また、商品項目ワークフロー登録トリガーを使用して、取引、見積もり、請求書、支払い、定期購入、注文、カートベースのワークフローを自動化することができます。

どのユーザーを作成しても、取引、支払いリンク、または見積の商品項目をビューおよび編集することができますが、新規のカスタム商品項目を作成するには、 カスタム商品項目を作成 権限 が必要です。製品ライブラリーの使用方法については、こちらをご覧ください。

取引商品項目

取引が作成されると、商品項目エディターを使用して取引関連付け:商品項目を追加 または編集することができます。

製品ライブラリーから既存のものを追加するだけでなく、インポートや、新規取引を作成する際にユーザーに関連項目を追加するよう求めることで、関連項目を一括で取引に追加することができます

注:商品項目をインポートする場合、関連付けされた取引金額は更新されません。商品項目に基づいて取引金額を更新する場合は、以下の手順で商品項目と取引を関連付けしてください。

取引から商品項目を追加、編集、削除する。

  • HubSpotアカウントにて、[CRM]>[取引]の順に進みます。

  • 取引の名前をクリックします。

  • 商品項目を追加するには、右パネルの「商品項目」セクションで、「追加」をクリックし、商品項目のない取引に商品項目を追加するか、「編集」をクリックし、既存の商品項目を編集します。商品項目エディターが表示されます。

add-line-items-to-deal-record

注:関連商品項目カードは、取引レコードにそれ以上の関連商品項目がある場合でも、関連付けされた99項目までしか表示されません。

  • 右上の商品項目を追加をクリックし、以下のいずれかを選択する:
    • 製品ライブラリーから選択:製品ライブラリー内の商品に基づいて商品項目を追加します。HubSpot-Shopify連携を使って作成した商品項目も含まれます。このオプションを選択した後、製品名またはSKUで検索するか、詳細フィルターをクリックして検索を絞り込むことができます。Sチェックボックスを選択します。次に、「追加」をクリックする。

商品項目新規追加

    • 「カスタム商品項目を作成」: i 「カスタム商品項目を作成」 permissionsがある場合、このオプションはこの取引に固有の新規カスタム商品項目を作成します。商品項目エディターから作成された商品項目は、、製品ライブラリーに追加されることはありません。このオプションを選択したら、右側のパネルで商品項目の詳細を入力します。次に[保存]または[保存し、さらに追加]をクリックします。

  • 商品項目を編集、複製、削除するには、商品にマウスポインターを合わせ、アクションをクリックし、オプションを選択します:

行編集

    • 編集 : この取引のみの商品項目を編集する。製品ライブラリーは影響を受けません。

      • また、商品項目編集の列を編集することで、期間、単価、数量、割引額など、個々の商品項目の詳細を編集することができます。該当する列に新しい値を入力する。列を追加または削除する方法を学ぶ

行_項目_単位_割引_ドロップダウン

    • Delete : 商品項目を削除する。

    • 複製:同じ内容の商品項目を新規作成する。

    • 商品項目を並べ替えるには、dragHandleドラッグハンドルを使って、商品項目をクリックしてドラッグする。

line_items_drag_handle_gif

行数計算

  • 既定では、定期商品項目の請求は決済時に開始されます。購入者に商品項目の代金を後日請求するには、[請求開始日]ドロップダウンメニューをクリックし、次のオプションのいずれかを選択します:

    • カスタム日付:将来の特定の日付を指定します。このオプションを選択した後、日付入力を使用して開始日を選択し、[保存]をクリックします。

    • 開始の遅延(日):決済時から請求を開始するまでの遅延を日数で指定します。このオプションを選択後、右パネルの請求開始の遅延日数(日)フィールドに数値を入力し、保存をクリックする。

    • 開始の遅延(月):決済時から請求を開始するまでの遅延を月数で指定します。このオプションを選択後、右パネルの請求開始の遅延(月)フィールドに数値を入力し、保存をクリックする。

請求開始日

  • 変更が完了したら、[保存]をクリックします。ダイアログボックスで、取引金額を更新して新しい商品項目を反映させるか、取引金額を更新せずに保存するかを選択します。

商品価格変更

サマリーの確認

商品項目を設定する際には、サマリーセクションを確認し、購入者がどのように請求されるかを理解してください。

小計、チェックアウト時にお支払いいただく商品のみが反映されます。後日請求される項目は、代わりに将来の支払いの合計に表示されます。支払期日に関係なく、全ての項目は合計契約額で合計される。

行目_商品_取引_概要_将来

注:レポートでは、商品項目の単価の通貨は取引金額の通貨と一致します。アカウントで複数の通貨を使用している場合は、複数の通貨を商品項目で使用するについて詳細をご覧ください。


見積もりの商品項目

見積もりを作成している間、割引、税金、手数料、支払スケジュールを含む商品項目を追加することができる。 

このセクションで行われた変更は、関連取引レコードに記載された商品項目を更新する。取引レコードが複数の見積と関連付けされている場合、最も最近作成された見積の商品項目のみが取引レコードの商品項目カードに表示されます。

見積もりから商品項目を追加、編集、削除する。

  • 見積もりを作成 .
  • 商品項目を追加するには、右上の商品項目を追加をクリックし、以下のいずれかを選択する:
    • 製品ライブラリーから選択:製品ライブラリー内の商品に基づいて商品項目を追加します。HubSpot-Shopify連携を使って作成した商品項目も含まれます。このオプションを選択した後、製品名またはSKUで検索するか、詳細フィルターをクリックして検索を絞り込むことができます。S右パネルの商品項目の横にあるチェックボックスを選択します。次に、Addをクリックする。

商品項目新規追加

    • カスタム商品項目を作成:カスタム商品項目を作成許可がある場合、このオプションはこの個別見積に固有の新規カスタム商品項目を作成します。商品項目エディターから作成された商品項目は、、製品ライブラリーに追加されることはありません。このオプションを選択したら、右側のパネルで商品項目の詳細を入力します。次に、保存するまたは保存し、さらに追加するをクリックする。
  • 商品項目を編集、複製、削除するには、商品にマウスポインターを合わせ、アクションをクリックし、オプションを選択します:

行編集

    • 編集 : この見積もりの商品項目のみを編集します。製品ライブラリーは影響を受けません。

      • また、商品項目編集の列を編集することで、期間、単価、数量、割引額など、個々の商品項目の詳細を編集することができます。該当する列に新しい値を入力する。列を追加または削除する方法を学ぶ

      • 定期請求の頻度(例:今月)を設定すると、顧客のために定期購入が作成されます。サブスクリプションの詳細 .

行_項目_単位_割引_ドロップダウン

    • Delete : 商品項目を削除する。

    • 複製:同じ内容の商品項目を新規作成する。

    • 商品項目を並べ替えるには、dragHandleドラッグハンドルを使って、商品項目をクリックしてドラッグする。

line_items_drag_handle_gif

注:決済ツールと連携された見積もりを作成する際、定期請求の頻度を設定した商品項目のTermの値を0に設定すると、サブスクリプションはキャンセルされるまで自動更新されます。

  • 既定では、定期商品項目の請求は決済時に開始されます。購入者に商品項目の代金を後日請求するには、[請求開始日]ドロップダウンメニューをクリックし、次のオプションのいずれかを選択します:
    • カスタム日付:将来の特定の日付を指定します。このオプションを選択した後、日付入力を使用して開始日を選択し、[保存]をクリックします。

    • 開始の遅延(日):決済時から請求を開始するまでの遅延を日数で指定します。このオプションを選択後、右パネルの請求開始の遅延日数(日)フィールドに数値を入力し、保存をクリックする。

    • 開始の遅延(月):決済時から請求を開始するまでの遅延を月数で指定します。このオプションを選択後、右パネルの請求開始の遅延(月)フィールドに数値を入力し、保存をクリックする。

請求開始日

割引、手数料、税金を追加する。

[集計]セクションで、見積もり小計に計上する割引、手数料、税金を追加できます。これらの追加された要素は、関連付けされた取引の金額プロパティーには追加されない。 

注:

  • 割引、手数料、税金は、決済時に請求される商品項目にのみ適用されます。後日請求される商品項目には適用されません
  • HubSpotで税金、手数料、割引を追加することはできますが、特定の状況に最適なコンプライアンス上のアドバイスについては、自社の法務部門および経理部門にご相談ください。

 

  • 税金、手数料、または割引を追加するには、+[税金/手数料/割引]を追加をクリックします。割引について詳細をご確認ください。
  • 該当するテキストフィールドに、税金、手数料、または割引の名前と値を入力します。税金、手数料、または割引値は、特定の通貨金額または合計に対するパーセンテージ(%)に基づいて設定することができます。

請求書_割引_手数料_税

  • 通貨フィールドの隣にあるdelete削除アイコンをクリックして、税金、手数料、割引を削除します。
  • デフォルトでは、公開された見積もりはチェックアウト時の合計金額のみが表示されます。つまり、将来支払う商品項目は合計金額に含まれません。将来の日付の商品項目を含む合計契約額を表示するには、[公開済みの見積もりに合計契約額を表示]チェックボックスを選択します。見積もり設定で既定の動作を設定することができます。

商品項目表示合計契約額

注:

  • 商品項目の単価をいずれかの通貨で設定する場合、最大で小数第6位までサポートされますが、割引額はご注文の確認時に通貨の小数桁数に応じて四捨五入されます。例えば、ある商品項目の価格が11.90米ドルに設定されていて、15%の割引が適用される場合、割引額は1.785米ドルが四捨五入されて1.79米ドルとなり、購入者が支払う金額は10.12米ドルになります。
  • 税金を加算する場合は小数第2位までサポートされています。小数点以下が2つ以上ある税金の場合、HubSpotは税金がパーセンテージベースか通貨ベースかによって以下のように丸めを実行します:
    • パーセンテージベースの税金:値5以下は切り捨てられ、値6以上は切り上げられます。例えば9.995%は9.99%となり、9.996%は10.00%となります。
    • 通貨ベースの税金:値4以下は切り捨てられ、値5以上は切り上げられます。例えば$9.994は$9.99となり、$9.995は$10.00となります。

支払いスケジュールを追加する

支払い予定時刻をオンにして、支払いを分割する。当日オンにすると、支払いごとに期日、金額、名前が設定されます。
HubSpot決済機能または接続済みのStripeアカウントを使用して支払いを回収する場合、初回の支払いは見積もりから行います。その他の分割払いはすべて請求書として作成される。

注:支払いスケジュールは、定期商品項目または将来の請求開始日がある見積もりには設定できません。

支払いスケジュールを設定する:

  • 支払いスケジュールの下にある支払いスケジュールの切り替えスイッチをオンにする。

見積もり支払いスケジュール

  • 分割払いの入力名、金額、期日。デフォルトでは、最初の支払いは受領時に行われます。
  • 別の分割払いを追加するには、[+別の支払いを追加]をクリックします。
  • 支払期日を特定の日に設定するには、ドロップダウンメニューをクリックし、特定の日付を選択し、日付入力で日付を選択します。
  • 特定のマイルストーンに支払期日を設定するには、ドロップダウンメニューをクリックし、マイルストーンを選択し、テキストフィールドにマイルストーンをタイプします。

quote_payment_schedule(見積もり・ペイメント・スケジュール

サマリーの確認

商品項目を設定する際は、[概要]セクションを確認して、購入者への請求の仕組み(割引、手数料、税金など)を把握しましょう。

  • 小計には、チェックアウト時にお支払いいただく商品のみが表示されます。後日請求される項目は、代わりに将来の支払いの合計に表示されます。
  • 支払期日に関係なく、全ての項目は合計契約額で合計される。
  • 1回限りの割引、手数料、および税金は、チェックアウト時に請求された商品にのみ適用されます。後日請求された商品には適用されません。

商品項目小計

見積もりの署名と支払いオプションの設定に進むには、Nextをクリックします。

請求書の商品項目

請求書の作成中に、割引、税金、手数料などの商品項目を追加することができます。

請求書から商品項目を追加、編集、削除する。

行アイテム_通貨_ドロップダウン

商品項目新規追加

        • 定期請求の頻度で製品を追加する場合、請求頻度は1回に変更されます。製品ライブラリーの製品は影響を受けません。
      • Create custom line item: Create custom line items permissionsがある場合、このオプションはこの請求書に固有の新規カスタム商品項目を作成します。商品項目エディターから作成された商品項目は、製品ライブラリーに追加されません。このオプションを選択したら、右側のパネルで商品項目の詳細を入力します。次に、保存するまたは保存し、さらに追加するをクリックする。
  • 商品項目を編集、複製、削除するには、商品にマウスポインターを合わせ、アクションをクリックし、オプションを選択します:

行編集

    • Edit:この請求書の商品項目のみを編集します。製品ライブラリーは影響を受けません。
      • また、商品項目編集の列を編集することで、単価、数量、割引額など、個々の商品項目の詳細を編集することができます。該当する列に新しい値を入力する。列を追加または削除する方法を学ぶ

行_項目_単位_割引_ドロップダウン

    • Delete:商品項目を削除する。
    • 複製:同じ詳細で新規商品項目を作成する。
    • 商品項目を並べ替えるには、dragHandleドラッグハンドルを使って、商品項目をクリックしてドラッグする。

line_items_drag_handle_gif

割引、手数料、税金を追加する。

サマリーセクションでは、請求書の小計に割引、手数料、税金を追加することができます。

注:税、手数料、割引を追加する機能はHubSpotにありますが、お客さまそれぞれの状況に応じたコンプライアンスアドバイスを提供してくれるのは、法務・会計チームです。

  • 税金、手数料、または割引を追加するには、+[税金/手数料/割引]を追加をクリックします。割引について詳細をご確認ください。
  • 該当するテキストフィールドに、税金、手数料、または割引の名前と値を入力します。税金、手数料、または割引値は、特定の通貨金額または合計に対するパーセンテージ(%)に基づいて設定することができます。

請求書_割引_手数料_税

  • 通貨フィールドの隣にあるdelete削除アイコンをクリックして、税金、手数料、割引を削除します。

注:

  • 商品項目の単価をいずれかの通貨で設定する場合、最大で小数第6位までサポートされますが、割引額はご注文の確認時に通貨の小数桁数に応じて四捨五入されます。例えば、ある商品項目の価格が11.90米ドルに設定されていて、15%の割引が適用される場合、割引額は1.785米ドルが四捨五入されて1.79米ドルとなり、購入者が支払う金額は10.12米ドルになります。
  • 税金を加算する場合は小数第2位までサポートされています。小数点以下が2つ以上ある税金の場合、HubSpotは税金がパーセンテージベースか通貨ベースかによって以下のように丸めを実行します:
    • パーセンテージベースの税金:値5以下は切り捨てられ、値6以上は切り上げられます。例えば9.995%は9.99%となり、9.996%は10.00%となります。
    • 通貨ベースの税金:値4以下は切り捨てられ、値5以上は切り上げられます。例えば$9.994は$9.99となり、$9.995は$10.00となります。

サマリーの確認

商品項目を追加した後、サマリーセクションで割引を適用した小計を確認することができます。

商品項目-請求書サマリー

支払いリンクの商品項目

支払いリンクを作成中、割引、税金、手数料などの商品項目を追加することができる。

行アイテム_通貨_ドロップダウン

商品項目新規追加

        • 定期請求の頻度で製品を追加する場合、請求頻度は1回に変更されます。製品ライブラリーの製品は影響を受けません。
      • カスタム商品項目を作成:カスタム商品項目を作成権限がある場合、このオプションはこの支払いリンク先に固有の新規カスタム商品項目を作成します。商品項目エディターから作成された商品項目は、、製品ライブラリーに追加されることはありません。このオプションを選択したら、右側のパネルで商品項目の詳細を入力します。次に、保存するまたは保存し、さらに追加するをクリックする。
  • 商品項目を編集、複製、削除するには、商品にマウスポインターを合わせ、アクションをクリックし、オプションを選択します:

行編集

    • 編集:この支払いリンクの商品項目のみを編集してください。製品ライブラリーは影響を受けません。

行_項目_単位_割引_ドロップダウン

    • Delete:商品項目を削除する。
    • 複製:同じ詳細で新規商品項目を作成する。
    • 商品項目を並べ替えるには、dragHandleドラッグハンドルを使って、商品項目をクリックしてドラッグする。

line_items_drag_handle_gif

  • 既定では、定期商品項目の請求は決済時に開始されます。購入者に商品項目の代金を後日請求するには、[請求開始日]ドロップダウンメニューをクリックし、次のオプションのいずれかを選択します:

    • カスタム日付:将来の特定の日付を指定します。このオプションを選択した後、日付入力を使用して開始日を選択し、[保存]をクリックします。

    • 開始の遅延(日):決済時から請求を開始するまでの遅延を日数で指定します。このオプションを選択後、右パネルの請求開始の遅延日数(日)フィールドに数値を入力し、保存をクリックする。

    • 開始の遅延(月):決済時から請求を開始するまでの遅延を月数で指定します。このオプションを選択後、右パネルの請求開始の遅延(月)フィールドに数値を入力し、保存をクリックする。

請求開始日

割引、手数料、税金を追加する。

サマリーセクションでは、支払いリンク小計の割引、手数料、税金を追加することができます。 

注:

  • 割引、手数料、税金は、決済時に請求される商品項目にのみ適用されます。後日請求される商品項目には適用されません
  • HubSpotで税金、手数料、割引を追加することはできますが、特定の状況に最適なコンプライアンス上のアドバイスについては、自社の法務部門および経理部門にご相談ください。
  • 税金、手数料、または割引を追加するには、+[税金/手数料/割引]を追加をクリックします。割引について詳細をご確認ください。
  • 該当するテキストフィールドに、税金、手数料、または割引の名前と値を入力します。税金、手数料、または割引値は、特定の通貨金額または合計に対するパーセンテージ(%)に基づいて設定することができます。

請求書_割引_手数料_税

  • 通貨フィールドの隣にあるdelete削除アイコンをクリックして、税金、手数料、割引を削除します。

注:

  • 商品項目の単価をいずれかの通貨で設定する場合、最大で小数第6位までサポートされますが、割引額はご注文の確認時に通貨の小数桁数に応じて四捨五入されます。例えば、ある商品項目の価格が11.90米ドルに設定されていて、15%の割引が適用される場合、割引額は1.785米ドルが四捨五入されて1.79米ドルとなり、購入者が支払う金額は10.12米ドルになります。
  • 税金を加算する場合は小数第2位までサポートされています。小数点以下が2つ以上ある税金の場合、HubSpotは税金がパーセンテージベースか通貨ベースかによって以下のように丸めを実行します:
    • パーセンテージベースの税金:値5以下は切り捨てられ、値6以上は切り上げられます。例えば9.995%は9.99%となり、9.996%は10.00%となります。
    • 通貨ベースの税金:値4以下は切り捨てられ、値5以上は切り上げられます。例えば$9.994は$9.99となり、$9.995は$10.00となります。

サマリーの確認

商品項目を設定する際は、[概要]セクションを確認して、購入者への請求の仕組み(割引、手数料、税金など)を把握しましょう。

  • 小計には、チェックアウト時にお支払いいただく商品のみが表示されます。後日請求される項目は、代わりに将来の支払いの合計に表示されます。
  • 支払期日にかかわらず、すべての項目は合計で合計されます。支払い回数が設定されていない定期商品項目については、この金額を計算することはできません。請求条件列のドロップダウンメニューをクリックすると、支払い回数を設定できます。

商品項目固定番号支払い-1

  • 1回限りの割引、手数料、および税金は、チェックアウト時に請求された商品にのみ適用されます。後日請求された商品には適用されません。

商品項目支払いリンク先サマリー

商品項目編集の列を編集する

取引、見積もり、支払いリンクから商品項目エディターに表示される列を編集するには:

  • 取引、見積、支払いリンクから商品項目エディターに移動します。
  • 商品項目エディターの右上で、列を編集をクリックします。
  • ダイアログボックスで、左側のプロパティーを検索または参照します。
  • 選択した列にプロパティーを追加するには、プロパティー横のチェックボックスを選択します。
  • 列を削除するには、 Selected columnsセクションのプロパティーの右にある Xをクリックします。
  • 列を並べ替えるには、 Selected columnsセクションのdragHandle ドラッグハンドルを使って、プロパティーをドラッグ・アンド・ドロップする。
  • 列をデフォルトの状態に戻すには、 Restore default columnsをクリックする。
  • 変更を保存したら、をクリックします。

行項目_選択_列

 

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。