メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

営業目標を作成する

更新日時 2024年 2月 27日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Sales Hub Starter, Professional, Enterprise

目標では、管理者はHubSpotが提供するテンプレートをもとに、営業チームやサービスチームのユーザーごと目標を作成することができます。ユーザー、チーム、パイプラインの各レベルで目標を割り当てることができます。レポートで自分の目標を使用箇所を視覚化し、時系列で達成状況を追跡することで、パフォーマンスに関するより良い文脈的洞察を提供する。

カスタム目標をゼロから作成する方法をご覧ください。

サブスクリプションのティアごとに、異なる目標測定指標にアクセスできます。
  • 「Sales Hub」および「Service Hub Starter」では、「収益」目標測定指標にのみアクセスできます。 
  • 「Sales Hub Professional」および「Enterprise」は、「作成された取引」、「実施済みコール」、「収益」および「ミーティング予約数」にアクセスできます。
  • 「Service Hub Professionalおよび「Enterprise」では、「平均チケット解決時間」、「平均チケット対応時間」、「収益」、「クローズされたチケット数」の目標測定指標にアクセスできます。

注:、ユーザーアカウントで目標を作成、編集、削除するには、予測権限を持つユーザーである必要があります。ただし、目標を割り当てるには、 Sales Hub Starter、Professional、またはEnterpriseの有料シート、またはService Hub Enterpriseの有料シートのいずれかが必要です。 

チームの売上目標を作成する

create-goal-from-template
  • 目標の名前を入力します。
  • Contributorsセクションで、ゴールを割り当てたいUsersまたはTeamsを選択し、検索フィールドを使用してアカウント内の割り当て先ユーザーまたはチームを検索します。
  • 期間を選択します。[期間]ドロップダウンメニューをクリックし、[週]、[月]、[四半期]、[年]または[カスタム]を選択します。
    • 「週単位」、「月単位」、「四半期単位」、または「年単位」の目標にする場合、目標の期間をアカウントの会計年度と合わせるには、[会計年度の設定に合わせるか]チェックボックスをオンにします。 

    • 「カスタム」の期間を使用する場合は、開始日と終了日を入力します。
  • 「収益フォーキャスト」目標テンプレートを使用している場合は、[年]と[パイプライン]を選択します。年は、設定で選択したアカウントの会計年度と同じになります。

注:目標を作成する際は、目標の[期間]とフォーキャストで表示する[フォーキャスト期間]が一致している必要があります。例えば、目標期間が四半期に設定されている場合、予測期間も四半期に設定する必要があります。


  • [次へ]をクリックします。
  • 年の目標を設定します。
    • 選択したユーザーまたはチームごとに、月別の値を設定および編集します。「Sales Hub Professional+」および「Service Hub Professional+」のユーザーは、この画面でチームとユーザー両方の目標を選択できます。目標のフォーキャストを行わないことを選択した場合は、各ユーザーまたはチームの[パイプライン]ドロップダウンをクリックし、パイプラインを選択します。

注:チーム目標でユーザーを表示および編集するには、そのユーザーが有料Sales Hub Starter、Professional、および Enterprise シート および 表示/編集権限 を持っている必要があります。Enterpriseシート、またはService Hub Enterpriseシートおよび表示および編集権限を持っている必要があります。

    • 年間を通じて同じ月間目標を設定したい場合は、ユーザーまたはチームの左側にあるチェックボックスをオンにし、[ターゲットを適用]をクリックします。
      • ダイアログボックスに目標金額を入力します。
      • [適用]をクリックします。
    • 目標のフォーキャストを使用しないことを選択した場合に、選択した全てのユーザーまたはチームに同じパイプラインを設定するには、表の左上のチェックボックスをオンにして、[パイプラインを適用]をクリックします。
      • ダイアログボックスで、[パイプラインを選択]ドロップダウンメニューをクリックし、パイプラインを選択します。
      • [適用]をクリックします。
  • [次へ]をクリックします。
  • 通知をトリガーする目標マイルストーンの横にあるチェックボックスをオンにします。
goal-notifications
  • 右下の[完了]をクリックします。

目標を管理する

測定タイプ、チーム、パイプライン別に目標を表示します。HubSpotアカウントで目標を管理するには、ユーザー有料シートを持っている必要があります。

  • HubSpotアカウントにて、[レポート]>[目標]の順に進みます。
  • Overviewタブで、目標をフィルターします:
    • Goal template:目標をテンプレート別に絞り込むには、Goal templateドロップダウンメニューをクリックします。
    • Goal name:目標名で絞り込み条件を設定するには、Goal nameドロップダウンメニューをクリックします。
    • Duration:目標を期間で絞り込むには、Durationドロップダウンメニューをクリックします。
    • Teams:目標をチーム別に絞り込むには、Teamsドロップダウンメニューをクリックします。 
    • Users:目標をユーザー別に絞り込むには、Usersドロップダウンメニューをクリックします。 
    • Pipelines:収益をトラッキングしている場合は、Pipelinesドロップダウンメニューをクリックして、特定のパイプラインの目標を表示します。
概要-目標

  • 月の目標を編集したり、特定の目標マイルストーンに到達した際の通知設定を変更したりするには、ユーザーまたはチームにカーソルを合わせ、[目標を編集]をクリックします。
    • 右側のパネルで、貢献者の目標値を変更するか、Notificationsタブをクリックして通知設定を編集します。
    • 変更が完了したら、[保存] をクリックします。
  • 目標ダッシュボードからユーザーを削除するには、ユーザー名の左にあるチェックボックスをオンにしてから、表の上部で[削除]. TToをクリックします。

注:「進捗」の量、「ステータス」、「前回計算日」のタイムスタンプは24時間ごとに更新されます。

レポートでの目標使用箇所

取引ベースの売上目標をレポートで使用し、目標データを可視化することができます。また、レポートビルダーに売上目標の参照行を追加することもできる。

取引ベースの売上目標をレポートで使用箇所

取引ベースのレポートで売上目標データを使用する。目標データは、棒グラフ、列グラフ、折れ線グラフ、面グラフで使用することができる。

  • HubSpotアカウントにて、[レポート]>[ダッシュボード]の順に進みます。
  • 取引ベースのレポートの右上で、filter表示と絞り込みアイコンをクリックします。

表示と絞り込み

  • フィルター タブで、 目標 ドロップダウンメニュー をクリックし、目標を選択します。Goalドロップダウンメニューは、同じ日付プロパティーとレポートの頻度を使用している目標のみを表示します。
  • レポートが更新され、目標データが表示されます。

注:短い頻度の目標を長い頻度のレポートで表示することができます。例えば、レポートの頻度を月間に設定すると、週間目標は月間目標として表示されます。しかし、その逆は正しくない。今月の目標を毎週の目標と見なすことはできない。


目標レポート

  • 右のパネルで+フィルターを追加する。目標を選択した後にレポートフィルターを編集した場合、目標はレポートから削除され、再度選択する必要があります。
  • 自分のレポートをさらにカスタマイズするには、左下のCustomize。チャートに目標データが表示されているレポートの場合、このオプションは無効になります。カスタマイズオプションを有効にするには、レポートから目標を削除します。
  • 保存 をクリックする。

レポートビルダーに売上目標参照行を追加する。

収益目標をトラッキングする単一オブジェクトの取引レポートを作成することで、経時的な影響を測定することができます。HubSpotはレポートライブラリー標準レポート一式を提供しており、ProfessionalおよびEnterpriseユーザーはこれらのレポートをカスタマイズまたはカスタムレポートを作成することができます。

収益目標レポートを作成する際には、以下の点に留意してください:

  • レポート作成ツールの表示オプションを調整することで、レポートに売上目標を追加することができます。レポートは、日付プロパティーを含む単一オブジェクトの取引レポートである必要があります。レポートは、「線」グラフまたは「面」グラフを使用する必要もあります。

    include-monthly-reference-line
  • 単一オブジェクトのカスタムレポートで営業目標を使用する場合、目標に関連付けられた特定のパイプライン用のフィルターを含めることをお勧めします。それ以外の場合は、全てのパイプラインがレポートに含まれます。
  • 収益目標は以下のように計算されます:(目標収益÷選択した日付範囲の総日数)×選択した日付範囲のこれまでの日数。例えば、レポートの日付範囲が「今月」に設定されている場合、次のように計算されます:(目標収益/今月の日数)x現在までの今月の日数。

高度なカスタム レポート ビルダーで作成したレポートに手動で目標を追加できます。月間目標は、カスタム レポート ビルダーにより以下のチャートタイプで追加できます。

  • X軸が日付プロパティーの縦棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ。
  • Y軸が日付プロパティーの横棒グラフ。

レポートが上記の条件のいずれかを満たしている場合、レポートビルダーの[設定]タブにある[チャート設定]をクリックして、レポートに月間目標を追加できます。

report-builder-chart-settings0

注:チーム目標を報告することはできません。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。