お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
conversations

会話受信トレイ内のホスト済みEメールアドレスに E メールを転送します

更新日時 2019年 4月 25日

受信ボックスがOffice 365 または Google Apps によってホストされていない場合は、HubSpot でホスト済みEメールをセットアップし、Eメールクライアントから会話受信トレイ内のホスト済みEメールにメールクライアントからEメールを転送します。顧客とのやり取りを管理するために Google グループまたは Eメールエイリアスを使用する場合、ホスト済み Eメールを使用して、会話内の Eメールの受信および返信を行うことができます。 

HubSpot でホスト済み Eメールアドレスを設定する場合、このホスト済み Eメールアドレスを、Eメールアカウントの設定において転送先アドレスとして追加する必要があります。これらの設定にアクセスできない場合、またはEメールのホスティング元が不明な場合は、以下の手順を行う前に、 IT チームに問い合わせてください。 

ホスト済み受信トレイをセットアップする

  • HubSpotアカウントにて、[コミュニケーション] > [受信トレイ]の順に進みます。
  • 左下角の [受信トレイ設定] をクリックし、次に[E メール] を選択します。
  • [チーム E メールに接続] をクリックします。
  • [Google グループ]を選択して、Google グループアカウントから E メールを転送します。または、[ホスト済みEメール]を選択し、ホスト済みEメールを別のプロバイダー用に設定します。
    choose-hosted-email-provider
  • 次の画面で、送信者名転送先アドレスを入力します。有料ユーザーの場合、ホスト済みアドレスは [あなたのユーザー名]@[あなたのサブドメイン].hs-comになります。;無料ユーザーの場合、ホスト済みアドレスは、[あなたのユーザー名]@[あなたのサブドメイン].hubspot.inbox.comになります。set-up-forwarding-address

注:一度設定したホスト済みEメールアドレスは、編集することができません。 

  • 送信者アドレスを設定する。このアドレスが、会話受信トレイ内の Eメールへの返信時に、訪問者宛に表示されるアドレスになります。
    • 設定した転送先アドレスから返信が送信されるようにしたい場合は、[転送先アドレスと同じ]を選択します。たとえば、このオプションを選択すると、返信は support@mycompany.hs-inbox.com から送信されます。 
    • ドメインマネージャーで設定した Eメール送信ドメインから送信する[カスタム]を選択します。これは、マーケティングハブプロフェッショナルおよび エンタープライズでのみ使用でき、サービスハブプロフェッショナルエンタープライズ のみです。このカスタム送信ドメインは、転送元Eメールアドレスと同じにすることを推奨します。
  • [次へ] をクリックします。customize-hosted-email-address
  • 次の画面で:

ホスティング済み E メールが正常に接続されると、会話受信トレイ内の他の接続済みチャネルとともに表示されます。 

会話受信トレイでホスト済み Eメールを使用

ホスト済み Eメールを構成し、Eメールクライアントの転送設定に Eメールを追加すると、Eメールクライアントに送信された Eメールが会話受信トレイに転送されます。会話から、受信Eメールに返信することができます。ただし、これらの Eメール返信は 、Eメールアカウントまたは Google グループには表示されません。 

たとえば、Eメールが support@mycompany.com に送信されたとします。その後、Eメールアカウントで設定した転送ルールのため、この EメールはHubSpot で設定したホスト済み Eメールsupport@mycompany.hs-inbox.com に自動的に転送されます。HubSpot でこの Eメールに返信すると、構成した送信者アドレスから返信が送信されますが、この Eメールは、support@mycompany.com の受信トレイの送信済みフォルダには表示されません。以降の返信は、support@mycompany.com の受信トレイではなく、会話受信トレイのみで表示されます。