お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

コンタクトをマージする

更新日時 2019年 10月 31日

2 つの既存のコンタクトを HubSpot にマージしたい場合があります。コンタクトをマージする前に、マージするコンタクトレコードのデータがどうなるかを理解する必要があります。

コンタクトをマージする

ご注意ください:2 つのコンタクトがマージされたら、それらをマージ解除することはできません。 

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
  • プライマリコンタクトとして保持するコンタクト名をクリックします
  • [アクション] ドロップダウンメニューをクリックし、[マージ] を選択します。
  • ダイアログボックスで、ドロップダウンメニューをクリックし、プライマリコンタクトにマージするコンタクトを検索します。一旦セカンダリコンタクトを選択してから、[マージ] をクリックします。セカンダリコンタクトの E メールアドレスは、マージ後のコンタクトの 2 つ目の E メールアドレスとして追加されます。

  • マージが進行中であることを示すメッセージが表示されます。すべてのコンタクトのアクティビティを同期するには、最大 30 分かかる場合があります。

2 つのコンタクトをマージするとどうなりますか?

  • 最初に マージをクリックしたコンタクトレコードは、プライマリコンタクトとして残ります。マージ処理中に選択されたコンタクトが、そのプライマリコンタクトにマージされます。
  • いずれかのコンタクトの最新の値が、残りのコンタクトレコードの現在の値になります。ただし、いくつかの例外があります。詳細は、下記を参照してください。
  • 両方のコンタクトレコードのプロパティー値の履歴は、マージ後のコンタクトレコードのプロパティー履歴となります。
  • マージ後のコンタクトレコードには、プライマリとセカンダリコンタクトレコードの両方のタイムラインアクティビティの組み合わせが表示されます。
  • マージイベントは、マージ後のコンタクトレコードのタイムラインに追加されます。。コンタクトレコードの[アクティビティを絞り込み]ドロップダウンメニューをクリックし、[マージ]チェックボックスを選択して、コンタクトが以前にマージされたかどうかを確認します。

コンタクトプロパティーはどうなりますか?

通常は、各プロパティーの最新の値がプライマリコンタクトで使用されます。ただし、これにはいくつかの例外があります:

  • E メール: プライマリコンタクトの E メールアドレスが維持されます。
    • セカンダリコンタクトにプライマリコンタクトよりも新しい E メール値がある時は、マージ後のコンタクトの [E メール] のプロパティーの履歴には、[コンタクトをマージ] のみが変更ソースとして表示されます。
    • プライマリコンタクトの E メール値の方が新しい場合、マージ後のコンタクトの E メールプロパティーの履歴には、[コンタクトをマージ] ではなく、元の変更ソースが表示されます。
  • ライフサイクルステージ: ファネルの最も先に進んだステージが維持されます。たとえば、片方のコンタクトが「リード」で、もう一方が「顧客」の場合、マージ後のコンタクトでは、ライフサイクルステージは「顧客」になります。
  • 作成日: 古い方のコンタクトの値が維持されます。
  • [コンバージョン数] および [送信された固有のフォーム数]: 各コンタクトの値と合計されます。たとえば、プライマリコンタクトが 3 件のフォームを送信し、セカンダリのコンタクトが 2 件のフォームを送信した場合、送信された実際のフォーム数は 5 件になります。
  • 分析のプロパティー: これらのプロパティーは再同期され、両方のコンタクトに合計ページビュー数が表示されます (上記の例とほぼ同じ)。
  • 分析 - オリジナルソースタイプ: オリジナルソースのプロパティーの最も古い値が保持されます。
  • E メール情報のプロパティー: プライマリコンタクトの情報が保持されます。

リストメンバーシップはどうなりますか?

  • セカンダリコンタクトは、すべての静的リストから削除されます。
  • プロパティーの変更により、コンタクトマージの結果としてスマートリストメンバーシップが変更される場合があります。

ワークフローの登録はどうなりますか?(プロフェッショナル および エンタープライズ)

  • セカンダリコンタクトはすべてのワークフローから登録解除されます。
  • リストメンバーシップ及び、またはプロパティーの変更により、プライマリコンタクトが新しいワークフローに追加されることがあります。

ソースデータはどうなりますか?

  • セカンダリコンタクトからの訪問回数はソースに保持されますが、;プライマリコンタクトにリンクされるようになります。

セカンダリコンタクトからフォームが送信されるとどうなりますか?

  • いずれかのコンタクトに関連付けられたすべての Cookie (HubSpot ユーザートークン) がプライマリコンタクトにマージされます.したがって、セカンダリコンタクトが以前にフォーム送信をしたことがあるデバイスからフォームを送信すると、送信データは重複削除され、プライマリコンタクトに関連付けられます。
  • セカンダリコンタクトの E メールアドレスは永久的にプライマリコンタクトに関連付けられます。コンタクトが一度もフォーム送信をしたことがないデバイスから、セカンダリコンタクトレコードの E メールアドレスを使用してフォームを送信すると、この送信はプライマリコンタクトのレコードに反映されます。

1 つまたは両方のレコードが Salesforce と同期している場合はどうなりますか?

HubSpot と Salesforce の同期を有効にしていた場合、HubSpotでコンタクトをマージすると、Salesforceに影響があります。

注: HubSpot でマージした両方のレコードが Salesforce と同期されている場合は、そのレコードを Salesforce にマージすることを推奨します必ず HubSpot のプライマリコンタクトレコードと同期している Salesforce レコードを保持してください。

  • 各 HubSpot レコードは、1 つの Salesforce レコードにのみリンクできます。そこでHubSpot でコンタクトをマージした後、以前に同期されていれば、プライマリコンタクトのみが引き続き Salesforce レコードにのみ同期されます。
  • プライマリコンタクトにマージされたセカンダリコンタクトが Salesforce と同期していた場合、レコードはもう存在しないため、Salesforce のレコードはもはや Hubspot に同期されなくなります。

 関連付けられている会社や取引はどうなりますか? 

  • プライマリレコードの関連付けられた会社は維持されます。
  • いずれかのコンタクトレコードに関連付けられている取引はすべて、マージ後にプライマリレコードに関連付けられます。取引は、もともと関連付けられていた元の会社に関連付けられます。例:
    • プライマリコンタクトは会社 A と取引 A に関連付けられています。
    • セカンダリコンタクトは会社 B と取引 B に関連付けられています。
    • マージ後、マージされたコンタクトレコードでは、会社 A との関連付けが維持され、取引 A と取引 B の両方と関連付けられます。会社 A は取引 A と、会社 B は取引 B と、それぞれ関連付けが保持されます。

コンタクトをマージ解除できますか?

コンタクトをマージ解除することはできません。マージされたコンタクトで 2 つ目の E メールアドレスを削除し、その 2 つ目の E メールアドレスで新しいコンタクトを作成することができます。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。

  • コンタクトの名前をクリックします。

  • [概要]カードで、[E メールのプロパティー]の上にカーソルを置き、鉛筆アイコン editをクリックします。
  • ダイアログボックスで、元のレコードにマージされた追加の E メールアドレスの横にある [アクション] ドロップダウンメニューをクリックし、 [削除]を選択します。

削除された E メールアドレスで新しいコンタクト を作成できるようになりました。

/jp/contacts/how-do-i-merge-contacts