メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

レコードをエクスポートする

更新日時 2021年 10月 15日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotアカウントからレコード(コンタクトレコードなど)をエクスポートできます。アカウントの過去のエクスポートのリストを表示することもできます。

レコードをエクスポートする

  • レコードに移動します。
    • コンタクト:HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
    • 会社:HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [企業]の順に進みます。
    • 取引:HubSpotアカウントにて、 [セールス] > [取引]の順に進みます。
    • チケット:HubSpotアカウントにて、[サービス] > [チケット]の順に進みます。
    • カスタムオブジェクト:HubSpotアカウントで、[コンタクト]>[コンタクト]に移動し、左上のドロップダウンメニューをクリックし、カスタムオブジェクトの名前を選択します。
  • 取引またはチケット インデックス ページで、左上のlistViewテーブルアイコンをクリックして、テーブル形式にしてください。
  • すべてのレコードをエクスポートする場合は、[すべての「レコード」]タブを表示します。
  • 既存のカスタムビューでレコードをエクスポートするには、[すべてのビュー]をクリックしてから、ビューの名前をクリックします。
  • エクスポートするビューに移動したら、右上にある[テーブルアクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[ビューをエクスポート]を選択します。

  • ダイアログボックスで、[ファイル形式]ドロップダウンメニューをクリックし、エクスポートファイルの形式を選択します。

注:ファイル形式XLSは65,000行に制限されています。65,000行を超えるレコードをエクスポートする場合は、別のファイル形式を選択する必要があります。


  • テーブルの[ビューのプロパティーのみ]を含めるか、または[レコードのすべてのプロパティー]を含めるかを選択します。
  • コンタクトレコードをエクスポートする場合は、[すべてのEメールアドレスを含める]チェックボックスをオンにして、コンタクトに関連付けられているすべてのEメールアドレスをエクスポートファイルに含めることができます。
  • 会社レコードをエクスポートする場合は、[すべてのドメインを含める]チェックボックスをオンにして、会社に関連付けられているすべてのドメイン名をエクスポートファイルに含めることができます。
  • ドロップダウンメニューをクリックして、エクスポートファイル内の列ヘッダーを表示する言語を選択します。既定では、ドロップダウンメニューには設定で選択した既定の言語が表示されます。既定プロパティーの列ヘッダーは翻訳されますが、各列内のプロパティー値は選択された言語に翻訳されません
  • [エクスポート]をクリックします。エクスポートファイルへのダウンロードリンクが記載されたEメールを受信します。

export-records

注:
  • レコードに含まれるエンゲージメントをアプリ内でエクスポートすることはできません。リソースがある場合、開発者と協力してエンゲージメントAPIエンドポイントを使用できます。
  • Eメールを受信したら、エクスポートファイルをダウンロードします。エクスポートファイルへのすべてのダウンロードリンクは30日後に失効します。

よくある質問

コールのエクスポート、またはエクスポートされたコールの共有はできますか?

現時点では、録音済みのコールをエクスポートまたは共有することはできませんリソースがある場合、開発者と協力してエンゲージメントAPIエンドポイントを使用できます。「recordingUrl」オブジェクトが録音済みのコールへのリンクです。

レコードからコメントをエクスポートすることはできますか?

現時点では、レコードに追加されたコメントをエクスポートすることはできません。コメントはエンゲージメントと見なされ、エクスポートのプロパティーとしては保存されません。

リソースがある場合は、開発者と協力してエンゲージメントAPIエンドポイントを使用してコメントデータをエクスポートできます。

関連付けられているオブジェクトはエクスポートファイルでどのように表示されますか?

エクスポートするレコードに関連付けられているレコードがある場合、関連付けられているオブジェクトごとに、ファイル内に次のヘッダーを持つ独自の列が作成されます。

  • 関連付けられている企業:会社ID、名前
  • 関連付けられているコンタクト:コンタクトID、名、姓、Eメール
  • 関連付けられている取引:取引ID、取引名

ファイル形式ごとにどんな行制限がありますか?

XLSファイルは最大65,536行、XLSXファイルは最大1,048,576行、CSVファイルは無制限の行数をサポートします。

エクスポートファイルがEメールで送られてこないのはなぜですか?

エクスポートファイルが送られてこない場合、ファイルが2GBを超えている可能性があります。エクスポートを速く受信できるように、レコードを絞り込んで、別々のバッチでエクスポートしてください。