メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

接続済みの受信トレイに送信された、マーケティングEメールへの返信をトラッキングする

更新日時 2021年 6月 29日

対象製品

すべての製品とプラン

GmailまたはOutlookの受信トレイをHubSpotに接続すると、マーケティングEメールへの返信をトラッキングできるようになります。Eメールに関して報告されるデータには返信率が含まれるため、コンタクトがEメールに返信したかどうかに基づいて、リストをセグメント化したり、ワークフローを設定したりできます。

reply-tracking-contact-timeline-activity

要件

  • 返信のトラッキングを開始するには、個人用Eメールまたはチームの共有アドレスがHubSpotに接続されている必要があります。Eメールの「返信先アドレス」をコンタクトの担当者に設定する場合は、担当者の受信トレイが接続されている必要があります。
  • HubSpotは、接続済みの受信トレイに新しく追加された返信のみをトラッキングします。マーケティングEメールへの過去の返信はトラッキングされません

注:不在メッセージなどの自動化された返信は、フィルタリングされて返信のデータから除外されます。

マーケティングEメールへの返信トラッキングを設定する

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • 右上の[Eメールを作成]をクリックするか、編集する既存のEメールの名前をクリックします。
  • [設定]タブをクリックします。
  • [返信先]ドロップダウンメニューをクリックし、接続済みの受信トレイを選択します。
    • 自分の「送信者アドレス」を「返信先アドレス」として使用するには、[これを返信用アドレスとして使用]チェックボックスをオンにします。
    • {{owner.email}}を選択する場合は、コンタクトの担当者の受信トレイが接続されている必要があります。

reply-tracking-configure-email-settings

コンタクトのタイムラインにEメールの返信を記録して応答する

チームの共有アドレスをHubSpotに接続した場合、コンタクトがマーケティングEメールに返信すると、その返信はコンタクトのタイムラインに記録されます。返信内容を確認し、応答を作成したり、チームの別のメンバーにEメールを転送したりできます。

logged-reply-on-contact-timeline

注:個人用Eメールが関連付けられたマーケティングEメールへの返信をログに記録するには、まず、マーケティングEメールへの返信に応答してから、その応答をセールスEメールとしてログに記録する必要があります。応答をログに記録すると、元のマーケティングEメールの返信が記録済みEメールのスレッド履歴に表示されます。

送信したマーケティングEメールへの返信を分析する

Eメール受信者からEメールへの返信を受け取った後、その結果を他のEメール パフォーマンス データと併せて分析できます。すべてのEメールに対する返信率を表示するには、次の手順に従います。 

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • [分析]タブをクリックします。
  • [受信者のエンゲージメント]レポートに、返信の合計数および対応する返信率が表示されます。

reply-tracking-performance-analyze-tab

個々のEメールへの返信を確認することもできます。

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [Eメール]の順に進みます。
  • Eメールの名前をクリックします。
  • [受信者]タブをクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで[返信済み]をクリックします。

reply-tracking-analyze-recipients-tab

返信のデータをリストとワークフローで使用する

コンタクトのリストに対して基準を設定する際や、ワークフローの登録トリガーを設定する際に、返信のデータを利用できます。具体的には、「最初のマーケティングEメールへの返信日」、「最後のマーケティングEメールへの返信日」、または「返信されたマーケティングEメール」に関するコンタクトのプロパティーを使用できます。

コンタクトが特定のEメールに返信したかどうかに基づいてコンタクトをセグメント化することもできます。

  • リストに対する基準またはワークフローの登録トリガーを設定するときに、フィルタータイプとして[マーケティングEメール]を選択します。
  • 特定のマーケティングEメールを選択します。
  • [コンタクトがEメールに返信しました]を選択します。
  • [フィルターを適用]をクリックします。
segment-contacts-by-replied-to-email-property