お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Account Settings

ユーザーの追加と削除

更新日時 2020年 7月 15日

対象製品

すべての製品とプラン

お使いの HubSpot アカウントにユーザーの追加と編集の権限がある場合、新規ユーザーの作成、ユーザー権限のカスタマイズ、アカウントからのユーザーの削除が可能です。


ユーザーの追加

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューから [ユーザーとチーム] を開きます。
  • 右上の [ユーザーを作成] をクリックします。
  • ユーザーは、次のどの方法でも追加することができます。
    1. 追加したいユーザーの E メールアドレスを [E メールアドレスを追加] のフィールドに入力します。複数のユーザーを同時に追加する場合は、それぞれの E メールアドレスを半角スペースで区切って入力します。完了したら、[次へ] をクリックします。
    2. CSV ファイルからユーザーをインポートします。Excel にユーザーの E メールアドレスが記入された列を追加して、ファイルを CSV 形式で保存します。[CSV ファイル] をクリックしてから、インポートしたい CSV ファイルをドラッグ&ドロップするか、[ファイルを選択] をクリックしてお使いのコンピューターのファイル一覧から選択します。完了したら、[次へ] をクリックします。
    3. Salesforce との連携を設定している場合は、Salesforce からユーザーをインポートすることができます。[Salesforce レコード] をクリックします。初期設定では、すべての Salesforce ユーザーがインポート対象に選択されています。インポートしたくないユーザーが含まれている場合は、該当するチェックボックスのチェックを外して、[次へ] をクリックします。

create-users

  • 新しいユーザーの権限を設定します。複数のユーザーを追加した場合、選択されたすべてのユーザーに権限が設定されます。
    • HubSpot で設定できる権限の内訳を見て、それぞれのタブを切り替えながら新しいユーザーに許可するアクセスをカスタマイズしていきます
    • 役割を作成した場合、権限付与に追加したユーザーの役割を選択することができます。[役割] ドロップダウンメニューをクリックし、新しいユーザーの役割を選択します。
    • 例えば、追加したユーザーが 1 名であり、[スーパー管理者] の権限を与える場合は、[アクション] ドロップダウンメニューをクリックして [スーパー管理者を作成] を選択します。複数名のユーザーを追加した場合は、権限の設定を開始する前に 1 名の名前にチェックを入れてから、[アクション] ドロップダウンメニューをクリックします。
    • 追加したユーザーが 1 名の場合で、チームへの割り当てを設定する場合、ユーザーの E メールアドレスの下に表示されている [チームが割り当てられていません] ドロップダウンメニューをクリックして、割り当てるチームを選択します。チームが作成されていない場合や、複数のユーザーが追加された場合は、チームを作成して既存のユーザーを追加する方法を参照してください。
  • 新しいユーザーの設定が完了したら、[次へ] をクリックします。
  • [送信] をクリックして、新たにアクセス権が付与されたユーザーへのウェルカム E メールを送信します。 

新規のユーザーは、受け取ったウェルカム E メールからアカウントにアクセスし、画面の案内に従って HubSpot のパスワードを設定する手続きを行う必要があります。追加されたユーザーがすでに他の HubSpot アカウントでユーザーになっている場合、改めてパスワードを設定する手続きは不要です。ログインすると、新たに追加されたアカウントにもアクセスすることができます。

新しいユーザーへのウェルカムEメールが、アカウントへの追加完了から 5 分以内に届かないときは、ユーザーの迷惑メールフォルダーに振り分けられていないかをまず確認してください。迷惑メールフォルダーにも届いていない場合は、HubSpot からの E メールを確実に受け取れるようにする方法の手順に従って、ユーザー側の設定を見直します。次にパスワードのリセット E メールを送信して、ユーザーがアクセスできるようにします。パスワードのリセット E メールは、新規ユーザー本人がログイン画面から直接リクエストすることもできます。

新規のユーザーは、ログインに続いて自身のプロフィールを設定できます

 

ユーザーを削除

注: HubSpot アカウントから Sales Hub StarterProfessional、または Service Hub Professional ユーザーを削除するには、まず有料セールスおよびサービスツールへのユーザーアクセスを削除する必要があります

ユーザーを削除する際には、そのユーザーが作成した次のようなコンテンツや所有するレコードに影響が及ぶ可能性にあらかじめ留意してください。

  • ユーザーが HubSpot アカウントから削除されても、そのユーザーが作成したすべてのコンテンツ(ブログ記事、ページ、リスト、ワークフロー、レポート、フォーム、その他)は残っています。

  • 削除されたユーザーが公開したソーシャルメッセージは、公開されたままになります。ただし、削除されたユーザーがソーシャルメディアアカウントの管理者である場合、これらのアカウントを再接続する必要がある場合があります。

  • アカウント内で作成されたシーケンス、テンプレート、ドキュメントは、ユーザーの削除後も残ります。ただし、他のユーザーがそのユーザーのセールステンプレートにアクセスするためには、削除の前に共有の設定を行っておく必要があります。

  • アカウントからユーザーが削除されると、そのユーザーが担当者になっていたコンタクト、会社、取引、チケットのプロパティーには、[無効化されたユーザー] の文字列とそのユーザーの E メールアドレスが表示されます。お使いの HubSpot アカウントが Salesforce と連携され、削除されたユーザーが引き続き Salesforce ユーザーである場合、そのユーザーは ["ユーザー名"(Salesforce)] のように表示されます。これは HubSpot へのアクセス権をまだ持っていない SFDC ユーザーも同じです。
  • ユーザーがアカウントから削除されたら、リストやダッシュボードなどのフィルターのオプションとして表示されなくなりますフィルタリングするときに [非アクティブな所有者を表示] チェックボックスを選択して、フィルターで削除されたユーザーを表示できます

    show%20inactive%20owners

ユーザーの削除を実行する前に、そのユーザーが担当者になっているコンタクト、会社、取引、オープン状態のチケットを別の担当者に割り当てておく必要があります。詳しくは、HubSpot のレコードの担当者を設定する方法を参照してください。

アカウントからユーザーを削除する手順は次の通りです。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューから [ユーザーとチーム] を開きます。
  • 削除するユーザーの横にあるチェックボックスを選択し、テーブル上部の [アカウントから削除] をクリックします。複数のユーザーを選択して一括削除することができます。

  • ダイアログボックスで [はい、ユーザーを削除します] をクリックします。削除が実行されると、そのユーザーはお客様の HubSpot アカウントにアクセスできなくなります。

[アカウントと請求] の設定で連絡先として設定されているユーザーを削除する場合、その前にその役割から削除する必要があります。

  • HubSpotアカウントにて、右上に表示される[アカウント名]をクリックし、[アカウントと請求]をクリックします。
  • 左にあるサイドバーメニューで [会社情報] をクリックします。
  • [連絡先] セクションで、そのユーザーに設定されている役割それぞれの横にある [役割から削除] をクリックします。

remove-point-of-contact

  • ダイアログボックスで [はい、役割から削除します] をクリックします。
  • そのユーザーがプライマリコンタクトとして設定されている場合、別のユーザーに置き換える必要があります。
    • [プライマリコンタクト] の横にあるドロップダウンメニューをクリックし、別のユーザーを選択します。
    • ダイアログボックスで [はい、ユーザーを役割に追加します] をクリックします。

これでアカウントからユーザーを削除できるようになります。

注: アカウントからユーザーを削除しても、ユーザーはブログ執筆者として残ります。ブログ執筆者プロファイルを手動で削除する方法を参照してください。

/jp/settings/add-and-remove-users