メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Deals

ボードビューのレコードに表示するプロパティを選択

更新日時 2023年 1月 20日

対象製品

すべての製品とプラン

ボードビューでディール、チケット、カスタムオブジェクトレコードを表示する際に、パイプラインカードに表示されるプロパティをカスタマイズすることができます。選択すると、パイプラインのカードにプロパティと各プロパティのレコードの値が表示されます。

ProfessionalまたはEnterpriseサブスクリプションのアカウントの場合、各パイプラインに固有のプロパティを選択することも可能です。ユーザーにはアカウントおよび Edit property settingsの権限を持っていなければ、パイプラインボードカードのカスタマイズはできません。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。

  • 左サイドバーのメニューで、次のように移動します。オブジェクトを選択し、次にディール,チケットまたはカスタムオブジェクトを選択します。

  • [パイプライン]タブをクリックします。

  • アカウントに ProfessionalまたはEnterpriseサブスクリプションがある場合、 Select a pipeline ドロップダウンメニューをクリックし、カードを編集するパイプラインを選択します。パイプラインの作成を選択して、新しいパイプラインのボードカードを作成し、カスタマイズします。
  • Customize[object] cardsをクリックします。Starterサブスクリプションを持つアカウントでは、カスタマイズはオブジェクトのすべてのパイプラインに適用されます。

注意:ProfessionalまたはEnterpriseサブスクリプションからStarterまたは無料ツールにダウングレードした場合、既存のすべてのパイプラインのボードカードは、デフォルトのプロパティを表示するようにリセットされます。その後、オブジェクトのすべてのパイプラインのボードカードのプロパティをカスタマイズすることができますが、個々のパイプラインごとにカスタマイズすることはできなくなります。サブスクリプションに基づくパイプラインの制限について、詳しくはこちらをご覧ください。


  • 右側のパネルで、ボードビューでのカードの表示方法をプレビューできます。各オブジェクトの主要な表示プロパティ(例:ディール名、チケット名)はデフォルトで表示され、変更することはできません。 
  • カード上のプロパティを置き換えるには、ドロップダウンメニューをクリックし、プロパティを選択します。
  • プロパティを追加するには、「Add property 」をクリックしドロップダウンメニューをクリックして、追加したいプロパティを選択します。最大4つのプロパティを含めることができます。
add-property-to-deal-card
  • カードからプロパティを削除するには、プロパティの横にある削除デリートアイコンをクリックします。
  • プロパティの順番を変更するには、プロパティをクリックし、希望の場所にドラッグします。

re-order-properties

  • [保存]をクリックします。この設定は、すべてのパイプライン(Starter)または個々のパイプライン(ProfessionalとEnterpriseのみ)に適用されるようになりました。

ご注意ください。ボードビューでレコードを表示する際、レコードに選択したプロパティの値がない場合、そのプロパティはそのレコードのカードに表示されません

ボードビューのカードの外観を編集するその他の方法については、こちらをご覧ください。レコードのカスタマイズについては、デフォルトのプロパティ・サイドバーを設定する方法と、アソシエーション・カードに表示されるプロパティをカスタマイズする方法をご覧ください。

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.