メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

取引とチケットの優先順位を色付きのオブジェクトタグで表示する

更新日時 2024年 5月 21日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Sales Hub   Starter , Professional , Enterprise
Service Hub   Starter , Professional , Enterprise

パイプラインの中で最も重要な取引とチケットを簡単に識別できるように、特定の条件に基づいて色付きのオブジェクトタグを設定できます。たとえば、「大口取引」という緑色の取引タグを作成し、「金額」が10,000ドルを超える取引に割り当てることができます。

オブジェクトタグを設定したら、取引タグとチケットタグプロパティーを保存ビュー、レポートワークフローリストなどの他のHubSpotツールで使用できます。

オブジェクトタグを作成する

アカウントが取引タグを作成するには「Sales Hub」サブスクリプションを持っている必要があり、チケットタグを作成するには「Service Hub」サブスクリプションを持っている必要があります。「Starter」サブスクリプションを持っているアカウントは、全てのパイプラインに適用されるタグを設定できます。「Professional」または「Enterprise」サブスクリプションを持っているアカウントは、個々のパイプライン用のタグを作成できます。

各アカウントは、各オブジェクトに対して最大10個のタグを持つことができる。ユーザーを作成または編集するには、スーパー管理者権限が必要である。

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[オブジェクト]>[取引]または[オブジェクト]>[チケット]の順に移動します。
  • [パイプライン]タブをクリックします。
  • [[取引/チケット]タグをカスタマイズ]をクリックします。

customize-object-tags

  • 新規のオブジェクトタグを作成するには、[タグを追加]をクリックします。取引タグについては、プリセットタグを選択することも、[ゼロから作成]をクリックして独自にカスタマイズすることもできます。
  • 右側のパネルで、オブジェクトタグの設定を行います。
    • オブジェクトタグの名前と説明(オプション)を入力します。
    • [カラー]ドロップダウンメニューをクリックし、オブジェクトタグの色の割り当てを選択します。
    • 既定では、オブジェクトタグは全てのパイプラインに適用されます。特定のパイプラインにオブジェクトタグを割り当てるには(「Professional」または「Enterprise」のみ)、[特定のパイプライン]を選択し、ドロップダウンメニューで、オブジェクトタグを表示したいパイプラインのチェックボックスをオンにします。
  • [次:フィルターを追加]をクリックします。
  • 取引カードまたはチケットカードにいつオブジェクトタグを表示するかを絞り込むフィルターを設定します。
    • [+フィルターを追加]をクリックして、最初のフィルターグループを追加します。
    • デフォルトでは、タグは現在のオブジェクト(例えば取引タグの場合は取引)で絞り込みされます。関連付けされたオブジェクトに基づいて絞り込みするには、「絞り込みの基準」ドロップダウンメニューをクリックし、オブジェクトを選択して基準を設定します(例えば、取引に関連付けされたコンタクトに基づく取引タグ)。
    • フィルター・カテゴリーを選択する(例:オブジェクト・プロパティー、リス ト/インポートにおけるメンバーシップ)。
    • プロパティーまたはリスト/インポートを検索して選択し、条件を設定します。

注:現在、「取引ステージ」または「チケットステータス」プロパティーに基づいて条件を設定することはできません。オブジェクトタグは全てのパイプラインステージの該当レコードに表示されますが、「取引はクローズされていますか?」プロパティーを使用すると、クローズされた取引ステージに基づいてフィルターを設定できます。クローズされた取引を除外するには、このプロパティーの条件を「次の値と等しい:False」に設定します。

オブジェクトタグの例

    • グループ内で、[+フィルターを追加]をクリックして、オブジェクトタグが満たすべき条件を追加します。ANDロジックは1つのグループ内で適用されます。つまり、オブジェクトタグが表示されるためには、そのグループ内の全てのフィルター条件を満たす必要があります。
    • フィルターグループを追加するには、[+フィルターグループを追加]をクリックして、フィルターと条件を設定します。ORロジックは複数のグループで適用されます。つまり、オブジェクトタグが表示されるためには、少なくとも1つのグループの全てのフィルター条件を満たす必要があります。
    • 変更内容は自動的に適用されます。変更を取り消す場合は、[変更の破棄]をクリックします。新規のオブジェクトタグの場合は、全てのフィルターがクリアされます。既存のオブジェクトタグの場合は、前に設定されていたフィルターに戻ります。
  • [次:タグを確認]をクリックします。
  • 取引カードまたはチケットカードに表示されるオブジェクトタグのプレビューに加えて、オブジェクトタグの設定とフィルターが表示されます。
  • 完了したら、[保存]をクリックします。

1 種類のオブジェクトを作成すると、取引タグは、ボードカード()、取引レコード ()、チケットレコード()に表示されます。ユーザーの個別ビューでは、[ 取引/チケット]タグによってレコードをフィルターして、特定のオブジェクトタグを持つ取引やチケットのみを表示することができます。また、を選択して、ビューで全てのオブジェクトタグを表示または非表示にすることもできます。

取引タグの表示・非表示を切り詰める

オブジェクトタグを編集または削除する

オブジェクトタグの設定では、既存のオブジェクトタグを管理したり削除したりすることができます。ユーザがオブジェクトタグを編集または削除するには、スーパー管理者権限が必要です。

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[オブジェクト]>[取引]または[オブジェクト]>[チケット]の順に移動します。
  • [パイプライン]タブをクリックします。
  • [[取引/チケット]タグをカスタマイズ]をクリックします。
  • 既定では、全てのパイプラインのオブジェクトタグが表示されます。特定のパイプラインのみを表示するには、[絞り込み条件:]ドロップダウンメニューをクリックして、表示したいパイプラインのチェックボックスをオンにします。
  • [パイプライン割り当て]列で、既存のオブジェクトタグがどのパイプライン(「すべてのパイプライン」または特定のパイプラインのいずれか)に表示されるかを確認します(「Professional」および「Enterprise」のみ)。
  • 既存のオブジェクトタグの設定とフィルターを編集するには、そのオブジェクトタグにカーソルを重ねて、[編集]をクリックします。
  • 既存のオブジェクトタグを削除するには、そのオブジェクトタグにカーソルを重ねて、[削除]をクリックします。ダイアログボックスで、[タグを削除]をクリックして確定します。

edit-or-delete-deal-tag-1

取引パイプラインまたはチケットパイプラインのカスタマイズについては、こちらをご覧ください。

ビューにオブジェクトタグを表示するか非表示にする

一度作成されたオブジェクトタグは、既定ではボードビューに取引カードまたはチケットカードに表示されますが、リストビューでは手動でオブジェクトタグを列として追加する必要があります。オブジェクトタグをビューの表示/非表示はいつでも切り替え可能です。

注:割り当て先取引およびチケットホームページでタグを表示するには、割り当て先が必要です。ユーザー別では、取引タグを表示するにはSales Hubシートが、チケットタグを表示するにはService Hubシートが必要です。シートを割り当てていないユーザーでも、個々のレコードのタグを表示することができる

  • 取引またはチケットに進みます。
    • HubSpotアカウントにて、[CRM]>[取引]の順に進みます。
    • HubSpotアカウントにて、[CRM]>[チケット]の順に進みます。
  • listViewリストビューで、オブジェクトタグを列として追加または削除するには、次の手順に従います。
    • 表の右上にある列を編集をクリックする。
    • ダイアログボックスの左側で、取引タグまたはチケットタグを検索します。
    • オブジェクトタグを表示するには、[取引タグ]または[チケットタグ]チェックボックスをオンにします。右側で、[取引タグ]または[チケットタグ]をクリックして列の順序の好きな位置にドラッグするか、[一番上に移動]をクリックしてレコード名の次の列に配置します。
    • オブジェクトタグを非表示にするには、[取引タグ]または[チケットタグ]チェックボックスをオフにします。そのオブジェクトタグはビューの列として表示されなくなります。
    • [適用]をクリックします。

show-deal-tags-list-view(ショーディールタグリストビュー)。

  • grid ボードビューで、ボードカードのオブジェクトタグを表示または非表示にする:
    • [ボードアクション]ドロップダウンメニューをクリックして、[カードを編集]を選択します。
    • ボードカードにオブジェクトタグを表示するには、[タグを表示]チェックボックスをオンにします。
    • ボードカードでオブジェクトタグを非表示にするには、[タグを表示]チェックボックスをオフにします。
    • [保存]をクリックします。

show-deal-tags-board-view(ショーディールタグボードビュー)。

リストビューで列を編集する方法およびボードビューでカードの外観を編集する方法については、続きをご覧ください。

取引やチケットのレコードでタグを表示します。

取引とチケットの表示権限を持つユーザーは、個々の取引とチケットレコードのタグを表示できます。全ての取引とチケットのタグを表示できるのは、シートを割り当てられたユーザー のみで、それぞれのホームページ

レコードのタグを表示するには:

  • 取引またはチケットに進みます。
    • HubSpotアカウントにて、[CRM]>[取引]の順に進みます。
    • HubSpotアカウントにて、[CRM]>[チケット]の順に進みます。
  • 取引またはチケットの名をクリックします。
  • 左パネルのプロパティーセクションで、アクション > 全てのプロパティーを表示をクリックし、[取引/チケット] タグを検索する。
  • タグがいつ設定されたかを表示するには、プロパティーにカーソルを合わせ、詳細をクリックする。

ビューディールタグオンレコード

レコードでプロパティー値を表示および編集について続きを表示。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。