メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

リストを作成して使用する

更新日時 2024年 2月 2日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

HubSpotのリストツールでは、プロパティー値やその他のプロパティー(アクティビティーを含む)に基づいてコンタクト、会社、取引、カスタムオブジェクトのリストを作成できます。この記事には、リストツールからリストを作成して編集する手順が記載されています。既存のリストにリスト条件を設定してレコードを追加するには、リスト条件を決定する方法、または静的リストにレコードを手動で追加する方法をご確認ください。

リストは、他のHubSpotツール上で特定のコンタクトグループに変更を加える際に使用されます。以下にHubSpotでのリストの使用例を示します。

現在のところ、会社、取引、またはカスタムオブジェクトのリストでは、上記のほとんどの操作を行うことができません。ただし、一定の条件に一致するオブジェクトを分析するためのリストを作成することはできます。

注:作成できるリストの最大数は、ご契約によって異なります。サブスクリプションのオプションと制限について詳しくは、製品&サービスカタログをご確認ください。

リストのタイプ

HubSpotアカウントには、動的リストと静的リストの2種類のリストがあります。

動的リスト

動的リストでは、条件に基づいてメンバーが自動的に更新されます。レコードは、条件を満たすとリストに追加され、条件を満たさなくなるとリストから削除されます。

動的リストを使用する場合の例:

  • 各コンタクトの行動やプロパティーに基づく独自のマーケティングEメールを送信する。定期的にニュースレターを送信する場合は、動的リストで、絶えず変化する受信登録者の一覧を自動的に管理できます。
  • 行動やプロパティー値に基づいてコンタクトに発信通話をかける。
  • ライフサイクルステージによってコンタクトをグループ化し、各ステージのコンタクトの行動とプロパティーを継続的に特定します。
  • HubSpotスコアなど、時間の経過とともに頻繁に変化するプロパティーに基づいてレコードをセグメント化。

静的リスト

静的リストには、リストが保存された時点で、設定された条件を満たしているレコードが含まれています。静的リストの更新は自動的には行われないため、条件を満たす新しいレコードはリストに追加されません。レコードは静的リストから手動で追加・削除できる。

静的リストを使用する場合の例:

  • ワークフローにレコードを手動で追加する。
  • 1回限りの一斉送信Eメール、実施頻度が少ないEメールキャンペーン、変更しないコンタクトのリスト(例:イベント参加者のリスト、社内ニュースレター用のスタッフリスト、展示会で集めたコンタクトのリストなど)に使用する。 
  • 共通のリスト条件がないレコードを手動でグループ化する。
  • アカウントのレコードを一括削除するためにセグメント化する。

リストを作成する

リストの作成方法については、以下のビデオをチェックアウトしてください:

リストへの書き込み権限を持つユーザ(ユーザーを作成)はリストを作成できます。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[リスト]の順に進みます。
  • 右上の[リストを作成]をクリックします。
  • 左側のパネルで[コンタクトベース]を選択してコンタクトのリストを作成するか、[会社ベース]を選択して会社のリストを作成するか、[取引ベース]を選択して取引のリストを作成します。
  • 右側のパネルで、リストの詳細を入力します。
    • リスト名:リストの内部名(必須)。
    • 説明:リストに含まれる内容の説明。
    • どのようなリストを作成しますか?:動的リストまたは静的リストのいずれを作成するかを選択します。このページで使用したリストの数を確認することもできます。 
    • カスタムプロパティー:組織のカスタム リスト プロパティーを作成した場合は、このセクションでそれらのプロパティーを設定できます。カスタムリストのプロパティーを作成フォームに追加するには、「リストの作成」フォームのカスタマイズをクリックする。カスタムレコードフォーム作成について詳しくはこちら。
  • 右上にある[次へ]をクリックします。
  • 左側のパネルで、セグメント化するコンタクトまたは会社の条件を設定します。リストの基準とその仕組みをご覧ください。1つのリストにつき最大250件のフィルターを選択できます。
    • [フィルターを追加]を選択します。
    • スクロールするか入力して検索し、フィルターのカテゴリーを選択します。
    • カテゴリー内でスクロールまたは入力して検索し、フィルターとして使用するプロパティーまたはアクティビティーを選択します。
    • プロパティーまたはアクティビティーのオプションを1つ選択し、フィールドタイプに基づいて次のように条件を設定します。
      • ドロップダウンの選択またはチェックボックス:ドロップダウンメニューをクリックし、値の左側のチェックボックスを選択します。
      • テキスト:[オプションを追加]フィールドをクリックし、テキスト値を入力します。複数のオプションを追加している場合は、各値をセミコロンで区切ります。(例:Boston; Chicago; New York)

注:リストフィルターのほとんどのテキスト条件では、ワイルドカード(*)の使用はサポートされていません。ワイルドカード(*)が機能するのは、ページ閲覧数の条件で、コンタクトがアクセスした(またはアクセスしていない)かを突き合わせるURLで正規表現を使用する場合のみです。


      • 数値:[値を追加]フィールドをクリックし、数値を入力します。複数のオプションを追加している場合は、各値をセミコロンで区切ります。(例:10; 25; 30)これは、Number、Score、Calculationのプロパティーに適用される。
      • 日付入力:dateカレンダーフィールドをクリックしてから、そのカレンダー内で日付を選択します。 
    • 関連オブジェクトフィルターの場合、既定では、関連付けられたレコードのいずれかが条件を満たす場合、リストにレコードが含まれます。プライマリーの会社の関連付けまたは関連付けラベルに基づいて絞り込み条件 を設定するには、左のパネルでいずれかの[オブジェクト]ドロップダウンメニューをクリックします:
      • 特定のオブジェクトタイプの全ての関連レコードに基づいて絞り込むには、[任意の[オブジェクト]]を選択します(例:いずれかの関連会社が条件を満たす場合、コンタクトがリストに追加されます)。
      • コンタクトベースのリストを作成する場合、プライマリー関連会社のみに基づいて絞り込むには、[プライマリーの[オブジェクト]]を選択します(例:プライマリー関連会社が条件を満たす場合にのみ、コンタクトがリストに追加されます)。
      • (ProfessionalおよびEnterpriseのみ)[ラベルあり]セクションでは、ラベルを選択すると、選択したラベルを使用する関連付けのみに基づいて絞り込めます(例:そのラベルが付いている関連会社が存在し、その会社が条件を満たす場合にのみ、コンタクトがリストに追加されます)。
primary-company-list-filter
    • 同じカテゴリーまたはグループに属するフィルターをさらに追加するには、[フィルターを追加]をクリックします。同じフィルターカテゴリーまたはグループに追加するフィルターは、ANDロジックに従います。レコードがグループ内の全ての条件を満たした場合にのみ、そのレコードがリストに追加されます。
    • フィルターグループの編集を終了するには、エディターの右上にある[X]をクリックします。
    • 別のフィルターグループを追加する場合は、[+フィルターグループを追加]をクリックします。フィルターグループの間には、ORロジックが適用されます。レコードがリストに含まれるためには、フィルターグループの少なくとも1つの条件を満たす必要があります。

add-additional-filter-group

    • 既存のフィルターグループから条件の一部を削除するには、プロパティー、アクティビティー、または値の上にマウスポインターを置き、delete削除アイコンをクリックします。複数のフィルターを含むカテゴリーを削除する場合は、ポップアップボックスで[分岐を削除]をクリックして確認します。
delete-criteria
    • フィルターグループを複製または削除するには、グループの右上にある[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[複製]または[削除]を選択します。
    • 既存のレコードがフィルター条件を満たしているかどうかをテストするには、左側のパネルで[テスト]をクリックします。ドロップダウンメニューでレコードを選択してテストします。
  • 右上の[リストを保存]をクリックします。

このリストは、有効な条件を入力または選択すると処理を開始します。表示される一連のレコードは、リストに追加されるレコードのプレビューです。リストが保存されて完全に処理されると、左上のリスト名の下にレコードの正確な数が表示されます。リストの処理が完了したら、リストの編集に進むことができます。

リストを表示および編集する

リストを作成したら、リストの詳細を編集し、他のHubSpotツールでのリストの使用、複製、削除などのアクションを実行できます。リストを編集するには、ユーザーをリストに対する書き込み権限が必要です。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[リスト]の順に進みます。
  • テーブルの中で、表示または編集するリストをクリックします。別のHubSpotツールで現在使用されていないリストを表示または編集するには、[未使用のコンタクトリスト]タブをクリックします。
  • 右上にある検索バーを使用して、リスト内の特定のレコードを検索します。
  • リストの名前を編集するには、現在の名前の横にあるedit鉛筆アイコンをクリックし、新しい名前を入力します。Enterキーを押すか、テキストエディターの外部をクリックすると、変更が保存されます。 
  • 動的リストのフィルターを編集するには、左側のパネルで[フィルターを編集]をクリックし、フィルターと条件を調整します。変更を保存するには、右上の[変更を保存]をクリックします。 
  • プロパティー値に基づいてレコードを並べ替えるには、テーブル内のヘッダーをクリックします。
  • 右上にある[詳細]をクリックします。
    • 右側のパネルで、リストの名前とタイプ、作成日と最終更新日、過去7日間のコンタクト数の変化、リストを作成したユーザー、「リストID」、「ILSのリストID」、リストを現在使用しているHubSpotツールまたはアセットを確認します。
      • リストID:このIDは、連携でリストを参照するとき、またはリストAPIを使用するときに使用されます。
      • ILDリストID:エクスポートAPIを使用する場合に使用されます。
  • リストに対してその他のアクションを実行するには、[アクション]ドロップダウンメニューをクリックして、オプションを選択します。
actions-dropdown-lists
    • 列を編集:テーブル内の各レコードに表示するプロパティーを選択します。
      • 選択したリストだけに列の設定を適用するには、[保存]をクリックします。
      • そのオブジェクトの全てのリストに列の設定を適用するには、[全ての[コンタクト/会社]リストに適用]チェックボックスを選択してから、[保存]をクリックします。
    • エクスポートリスト:リストのコピーをダウンロードします。
    • チームに割り当て先 ( ProfessionalおよびEnterpriseのみ): リストをチームに割り当てます。
    • 複製:リストを複製します
    • 静的リストに変換:動的リストを静的リストに変換します。 
    • ランダムサンプル:リストからコンタクトをランダムに抽出し、サンプルを作成できます。
    • リストを分割(「Marketing Hub Enterprise」のみ):ランダム分割リストを作成します。
    • リストをSalesforceと再同期(「Professional」と「Enterprise」のみ):コンタクト用にSalesforce連携を使用している場合は、リストとSalesforceの再同期をトリガーします。
    • このリストを使用してSalesforce同期を制限する(ProfessionalおよびEnterpriseのみ):Salesforce連携を使用している場合は、Salesforceに同期するコンタクトの同期対象リストとしてリストを指定します。コンタクトのSalesforce同期対象リストの詳細をご確認ください。
  • 他のHubSpotツールでリストを使用するには、[使用箇所]ドロップダウンメニューをクリックして、オプションを選択します。

use-in-dropdown-lists

    • カスタム レポート ビルダー(「Professional」および「Enterprise」のみ):リストに基づいてカスタムレポートを作成します。
    • カスタマー ジャーニー アナリティクス(「Marketing Hub」および「Sales Hub Enterprise」のみ):リストに基づいてジャーニーレポートを作成します。
    • データセット ( Operations Hub Enterpriseのみ): リストに基づいてデータセットを作成します。
    • ワークフロー(「Professional」および「Enterprise」のみ):リストのメンバーシップを登録トリガーとして使用してワークフローを作成します。

リストを削除する

アカウントのリスト上限に達した場合、レコードを削除せずにリストを削除することができます。リスト内のレコードを削除したい場合は、レコードの一括削除の方法を学習してください。リストに対してWriteの権限を持つユーザのみがリストを削除できます。

注:リストを削除した場合、90日以内であれば[最近削除]タブでリストを復元できます。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[リスト]の順に進みます。
  • 過去2か月間使用または更新されていないリストのみを表示するには、[未使用のリスト]タブをクリックします。[リストライブラリー]タブで削除を続行することもできます。
  • 単一のリストを削除するには、そのリストの上にマウスポインターを置き、[その他]ドロップダウンメニューをクリックして[リストを削除]を選択します。 
  • リストを一括削除するには、リストの横にあるチェックボックスを選択し、テーブルヘッダーで[削除]をクリックします。

  • ダイアログボックスで[削除]をクリックします。

リストの削除ができない理由についてはこちらをご覧ください。

削除されたリストを復元する

削除されたリストは、削除後90日以内であれば復元できます。90日以内に復元しなかった場合、リストは永久に削除されます。復元されたリストには同じIDが割り当てられます。 

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[リスト]の順に進みます。
  • [最近削除]タブをクリックします。
  • 復元するリストの上にマウスポインターを置き、[復元]をクリックします。

restore-list

  • ダイアログボックスで、[復元]をクリックして確認します。

リストを複製する

編集または複製するリストがすでにHubSpotに存在する場合は、リストを複製して新しく作成されたリストに必要な変更を行うことができます。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[リスト]の順に進みます。
  • リストの上にマウスポインターを置き、[その他]ドロップダウンメニューをクリックして[複製]を選択します。

clone-list

  • 必要であれば、ポップアップでリストの名前を変更します。 
  • 以下のいずれかのオプションを選択します。
    • 動的リストとして複製:同じフィルターを持つ新しい動的リストを作成します。
    • 静的リストとして複製:同じフィルターを持つ新しい静的リストを作成します。
    • 静的リストとして複製(アクセス権設定のみ):フィルターを削除し、リストのアクセス権設定のみを複製します。 

clone-list-popup-1

  • [リストを複製]をクリックします。 
  • 必要に応じてリスト条件に変更を加え、右上の[リストを保存]をクリックします。
この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。