メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

過去のインポートの表示と分析

更新日時 2022年 8月 12日

オブジェクトをHubSpotにインポートしたら、インポートダッシュボードで以前のインポートを表示して分析できます。これにより、レコードがどのように作成されたかを理解し、インポートエラーのトラブルシューティングを行うことができます。インポートのレコードを削除することもできます。

過去のインポートを表示

  • レコードに移動します。
    • コンタクト:HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
    • 会社:HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [会社]の順に進みます。
    • 取引:HubSpotアカウントにて、 [セールス] > [取引]の順に進みます。
    • チケット:HubSpotアカウントにて、[サービス] > [チケット]の順に進みます。
    • カスタムオブジェクト: HubSpotアカウント で、[取引先責任者] > [カスタムオブジェクト]に移動します。アカウントに複数のカスタムオブジェクトがある場合は、カスタムオブジェクトの上にカーソルを置き、表示するカスタムオブジェクトを選択します。
  • 画面右上の[インポート]をクリックします。
  • [過去のインポート]テーブルでは、次の情報を表示できます。
    • 名前:インポートの名前。
    • 新規レコード:追加された新規レコードの数。インポート前にデータベースに既にレコードが存在する場合、この値には含まれません。
    • 更新されたレコード:インポートによって更新された既存のレコードの数。
    • エラーカウント:エラーが発生したインポート内のレコードの数。
    • ソース:選択したインポートのタイプ。
    • ユーザー:ファイルをインポートしたアカウント内のユーザーの名前。
    • 作成日:インポートが完了した日付。
  • インポートからレコードを表示するには、インポートにカーソルを合わせ、[レコードの表示]をクリックします。複数のオブジェクトをインポートするには、[表示]ドロップダウンメニューをクリックし、表示するオブジェクトを選択します。インポートからのすべてのレコードを一覧表示するインデックスページビューが表示されます。
  • インポートした連絡先を新規または既存のリストに追加するには、[その他]ドロップダウンメニューをクリックし、[インポートした連絡先をリストに追加]を選択します。
  • オリジナルのインポートファイルを表示するには、[その他]ドロップダウンメニューをクリックし、[ダウンロード] [レコード]/オリジナルファイルを選択します。
  • インポートにエラーがある場合は、[その他]ドロップダウンメニューをクリックし、[エラーファイルをダウンロード]を選択して、すべてのエラーがあるファイルをダウンロードします。

注意:過去6か月以内に完了したインポートのオリジナルファイルのみをダウンロードできます。インポートが完了してから1年以内であれば、エラーファイルをダウンロードできます。 

  • インポートとそのエラーに関する詳細を表示するには、インポートの名前をクリックします。
    • 概要」カードには、インポートされた行数、作成された新規のレコード、更新された既存のレコードが表示されます。インポートしたレコードを表示するには、[レコードの表示]をクリックします。複数のオブジェクトをインポートするには、[インポートしたレコードを表示]をクリックし、表示するオブジェクトを選択します。

インポート-サマリー

ビューの保存またはインポートされたレコードの削除

オブジェクトのインデックスページでは、レコードがインポートに含まれているかどうかに基づいてフィルタリングできます。インポートフィルタを保存ビューとして保存し、再訪することができます。インポートによって作成または更新されたレコードを削除することもできます。たとえば、すべての新しいレコードをインポートしたがエラーが発生した場合は、すべてのレコードを削除して再度インポートできます。

注:インポート経由で既存のレコードを更新した場合、削除することで変更を元に戻すことはできません。正しい情報で別のインポートを完了するか、プロパティを手動で編集する必要があります。

インポートしたレコードのビュー
にアクセスするには、次のいずれかを実行します。
  • 過去のインポートテーブルの個々のインポートからレコードのビューに移動します。これを行うには、インポートを終了し、[View [Records]]をクリックします。複数のオブジェクトをインポートするには、[表示]ドロップダウンメニューをクリックし、表示するオブジェクトを選択します。すべてのオブジェクトのビューを保存したり、レコードを削除したりする場合は、各オブジェクトに個別に移動する必要があります。
view - record - from - import
    • 右側のパネルで、[インポート]を見つけて選択します。
    • フィルタ条件を選択しドロップダウンメニューをクリックして、セグメント化するインポートの横にあるチェックボックスを選択します。

save-import-as-view

    • [フィルタを適用]をクリックし、右上隅にある[X]をクリックしてパネルを終了します。

インポートしたレコードに移動したり、ビューを設定したりすると、次のようになります。

  • ビューを保存するには:
    • 右上の[ビューを保存]をクリックし、[新規として保存]を選択します。
    • ダイアログボックスで、ビュー名を入力し表示設定を選択して、[保存]をクリックします。
  • レコードを削除するには:
    • 削除するレコードの左にあるチェックボックスを選択します。すべてのレコードを選択するには、テーブル左上のチェックボックスを選択します。青色のバナーが表示され、選択されたレコード数が表示されます。[すべての[レコード]を選択]をクリックします。
    • テーブルの上部にあるdelete[削除]をクリックします。

保存したビューの管理、レコードの一括 編集、レコードの削除について詳しくは、こちらをご覧ください。

インポートした連絡先をリストに追加する

[過去のインポート]テーブルからインポートした連絡先の新しいリストを作成したり、インポートした連絡先を既存の静的リストに追加したりできます。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
  • 画面右上の[インポート]をクリックします。
  • 連絡先のインポートにカーソルを合わせ、[その他]ドロップダウンメニューをクリックして、[インポートした連絡先をリストに追加]を選択します。
  • ダイアログボックスで、ドロップダウンメニューをクリックし、新しい静的リスト、既存の静的リスト、または新しいアクティブリストに連絡先を追加するオプションを選択します。アクティブリストと静的リストの違いについて詳しくは、こちらをご覧ください。
  • [既存の静的リスト]を選択した場合、表示されるドロップダウンメニューでリストを選択します。
  • [追加]をクリックします。
  • 連絡先が自動的に追加されたリストに移動します。
  • 新しいリストを作成した場合:
    • 左上の[鉛筆の鉛筆を編集]アイコンをクリックして、リストの名前を編集します。
    • +フィルターグループを追加をクリック して、リストに条件を追加します。
    • 完了したら、右上の[リストを保存]をクリックします。
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.