お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローで取引を作成する

更新日時 January 3, 2019

対象製品

Marketing Hub
marketing-enterprise
Enterprise
Sales Hub
sales-pro-enterprise
Professional, Enterprise

ワークフローを使用して、HubSpot に新しい取引を作成するプロセスを自動化し、セールス担当者の管理プロセスを減らします。

注:Marketing Hub Professional版、またはEnterprise版を2017年11月1日以前に購入したユーザーのみが、[取引を作成]アクションなどのSales Hub Professionalワークフローアクションにアクセスできます。2017年 11月1日以降にMarketing Hub Professional版、またはEnterprise版を 購入したユーザーが[取引を作成]アクションにアクセスするには、Sales Hub Professionalを購入する必要があります。詳しくは、ワークフローアクションの選択についてご覧ください。

  • 右側のパネルで、[取引を作成]を選択します。
  • オブジェクトの既存の所有者を取引の所有者として割り当てるには、次の手順を実行します。
    • コンタクトベースのワークフローで、[取引の割り当て先]ドロップダウンメニューをクリックして、[コンタクトの既存の担当者]を選択します。コンタクト担当者のプロパティーは既定で選択されています。カスタム所有者プロパティーがある場合は、[どの所有者ですか?]ドロップダウンメニューをクリックして、代わりに選択します
    • 任意の他のワークフローで、[割り当て先 *][既存の[オブジェクト]]を選択し、ドロップダウンメニューをクリックして、現在のオブジェクトに基づいて HubSpot ユーザーを選択します。
  • 特定の所有者を割り当てるには、次の手順を実行します。
    • コンタクトベースのワークフローで、[取引の割り当て先]ドロップダウンメニューをクリックし、[特定のユーザー]を選択します。[どの所有者ですか?]ドロップダウンメニューをクリックし、HubSpot ユーザーを選択します。取引は有料シートを持つユーザーにのみ割り当てることができます。
    • 他のタイプのワークフローで、[担当者を指定]を選択し、ドロップダウンメニューをクリックしてHubSpot ユーザーを選択します。取引は有料シートを持つユーザーにのみ割り当てることができます。
  • 取引名、パイプライン、ステージ、クローズ日、金額を設定します。
  • 取引の追加のプロパティーを設定するには、[別の取引のプロパティーを設定]をクリックします。
  • 現在のオブジェクトのプロパティ―を新しい取引のプロパティーにコピーするには、次の手順を実行します。
    • コンタクトベースのワークフローで、[コンタクトのプロパティーを取引のプロパティーにコピー]をクリックします。
    • 他のタイプのワークフローで、[Copy a property to a deal property(取引のプロパティーにプロパティをコピー)]をクリックします。
create-deal-in-workflow
  • 左下の[保存]をクリックします。 

注: コピーするには、ソースとターゲットのプロパティを同じフィールドタイプにする必要があります互換性のないプロパティは、ワークフローアクションでターゲットプロパティのオプションとして表示されません。詳しくは、ワークフローのソースとターゲットのプロパティの互換性をご覧ください。

これにより、ワークフローに[取引の作成]アクションが追加されます。ワークフローを確認して有効にすると、[取引の作成]アクションを実行するすべてのオブジェクトに、取引が作成されます。