メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Lists

リストを作成して使用する

更新日時 2021年 6月 30日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotのリストツールでは、アクティビティーなどのプロパティー値および特性に基づいてコンタクトや会社のリストを作成できます。この記事には、リストツールからリストを作成して編集する手順が記載されています。既存のリストにレコードを追加するには、リスト条件を設定する方法、または静的リストにレコードを手動で追加する方法をご確認ください。

リストは、他のHubSpotツール上で特定のコンタクトグループに変更を加える際に使用されます。以下にHubSpotでのリストの使用例を示します。

現在、会社リストでは上記のような使用ができません。ただし、特定の条件に一致するコンタクトや会社を分析するためのリストを作成することはできます。

注:作成できるリストの最大数は、ご契約によって異なります。サブスクリプションのオプションと制限について詳しくは、製品&サービスカタログをご確認ください。

リストのタイプ

HubSpotアカウントには、動的リストと静的リストの2種類のリストがあります。

動的リスト

動的リストでは、条件に基づいてメンバーが自動的に更新されます。レコードは、条件を満たすとリストに追加され、条件を満たさなくなるとリストから削除されます。

動的リストを使用する場合の例:

  • 各コンタクトの行動やプロパティーに基づく独自のマーケティングEメールを送信する。定期的にニュースレターを送信する場合は、動的リストで、絶えず変化する受信登録者の一覧を自動的に管理できます。
  • 行動やプロパティー値に基づいてコンタクトにアウトバウンドコールをかける。
  • ライフサイクルステージ別にコンタクトをグループ化し、各ステージのコンタクトの行動とプロパティーを継続的に明らかにする。
  • HubSpotスコア」など、時間とともに頻繁に変化するプロパティーに応じてレコードのセグメンテーションを行う。

静的リスト

静的リストには、リストが保存された時点で、設定された条件を満たしているレコードが含まれています。静的リストの更新は自動的には行われないため、条件を満たす新しいレコードはリストに追加されませんレコードは、手動で静的リストに追加または削除することができます

静的リストを使用する場合の例:

  • ワークフローにレコードを手動で追加する。
  • 1回限りの一斉送信Eメール、実施頻度が少ないEメールキャンペーン、変更しないコンタクトのリスト(例:イベント参加者のリスト、社内ニュースレター用のスタッフリスト、展示会で集めたコンタクトのリストなど)に使用する。 
  • 共通のリスト条件がないレコードを手動でグループ化する。
  • アカウントのレコードを一括削除するためにセグメント化する。

リストを作成する

  • HubSpot アカウントにて、[コンタクト] > [リスト]の順に進みます。
  • 右上の[リストを作成]をクリックします。
  • 左側のパネルで[コンタクトベース]を選択してコンタクトのリストを作成するか、または[会社ベース]を選択して会社のリストを作成します。
  • 右側のパネルで、リスト名前を入力してから、[動的リスト][静的リスト]かを選択します。
  • 右上にある[次へ]をクリックします。
  • 左側のパネルで、セグメント化するコンタクトまたは会社の条件を設定します。利用可能なリスト条件とその機能をご覧ください。
    • フィルタータイプを選択します。
    • スクロールまたは入力して検索し、フィルターとして使用するプロパティーまたはアクティビティーを選択します。
    • オプションを選択してから、フィールドタイプに基づいて条件を設定します。
      • ドロップダウンの選択またはチェックボックスドロップダウンメニューをクリックし、値の左側のチェックボックスを選択します。
      • テキスト[オプションを追加]ドロップダウンメニューをクリックし、テキスト値を入力します。複数のオプションを追加している場合は、各値をセミコロンで区切ります。(例:Boston; Chicago; New York)
      • 数値フィールドをクリックし、数値を入力します。複数のオプションを追加している場合は、各値をセミコロンで区切ります。(例:10; 25; 30)これは「数値」「スコア」「計算」 プロパティーに適用されます。
      • 日付選択カレンダーdateカレンダーフィールドをクリックしてから、そのカレンダー内で日付を選択します。
select-filter-options-list
  • 条件を設定したら、[フィルターを適用]をクリックします。この条件に一致するレコードがテーブルに入力されます。

注:フィルターを適用した後に表示される一連のレコードは、リストに追加されるレコードのプレビューです。リストが保存されて完全に処理されると、左上のリスト名の下にレコードの正確な数が表示されます。


  • 既存のレコードがフィルターを満たしているかどうかをテストするには、次の手順に従います。
    • コンタクトリストで、右上の[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[コンタクトのテスト]を選択します。
    • 会社リストの左側パネルで、[フィルターをテスト]をクリックします。[検索]ドロップダウンメニューをクリックし、テストするレコードを選択します。
  • 右上の[保存]をクリックします。リストの処理には時間がかかる場合があります。

リストの処理が完了したら、リストの編集に進むことができます。

リストを表示および編集する

  • HubSpot アカウントにて、[コンタクト] > [リスト]の順に進みます。
  • 既定で[コンタクト リスト ライブラリー]タブが表示されます。会社リストを見つけるには、[会社リストライブラリー]タブをクリックします。別のHubSpotツールで現在使用されていないコンタクトリストを表示するには、[未使用のコンタクトリスト]タブをクリックします。
  • テーブルの中で、表示または編集するリストをクリックします。
  • 右上にある検索バーを使用して、リスト内の特定のレコードを検索します。
  • 右上の[アクション]ドロップダウンメニューをクリックして、リストでその他のアクションを実行します。
    • 列を編集:テーブル内の各コンタクトに表示するコンタクトプロパティーを選択します。
    • エクスポート/エクスポートリスト:リストのコピーをダウンロードします。
    • コンタクトのテスト:特定のコンタクトがリスト条件を満たしているかどうかを確認します。これはコンタクトリストのみに適用されます。
    • フォルダーに移動:リストの移動先となるリストフォルダーを選択します。
    • 複製:リストを複製します。
    • リストを削除:リストを永久に削除します。HubSpotで現在使用されていないリストのみを削除できます。リスト内のレコードは削除されませんレコードを一括削除する方法をご確認ください。
    • レポートの作成:コンタクトリストに基づいてカスタムレポートを作成します。
    • リストのパフォーマンスを表示:時系列のリストのサイズなどのリストの測定指標と、リストのコンタクトの内訳、エンゲージメント、およびアクティビティーを分析します。これはコンタクトリストのみに適用されます。
    • リストをSalesforceと再同期(「Professional」と「Enterprise」のみ):コンタクト用にSalesforce連携を使用している場合は、リストとSalesforceの再同期をトリガーします。
    • このリストを使用してSalesforce同期を制限する(「Professional」と「Enterprise」のみ):Salesforce連携を使用している場合は、Salesforceに同期するコンタクトのインクルージョンリストとしてリストを指定します。コンタクトのSalesforceインクルージョンリストの詳細をご確認ください。

  • テーブルで、プロパティー値に基づいてコンタクトを並べ替えるには、ヘッダーをクリックします。

リストを削除する

アカウントのリスト上限に達した場合、レコードを削除せずにリストを削除することができます。リスト内のレコードを削除する場合は、リストからコンタクトと会社を削除する方法をご確認ください。

  • HubSpotアカウントで、[コンタクト]>[リスト]の順に進みます。
  • 過去2か月間使用または更新されていないリストのみを表示するには、[未使用のリスト]タブをクリックします。[リストライブラリー]タブで削除を続行することもできます。
  • 単一のリストを削除するには、そのリストの上にカーソルを置き、[続き]ドロップダウンメニューをクリックして[リストを削除]を選択します。
  • リストを一括削除するには、リストの横にあるチェックボックスを選択し、テーブル上部の[削除]をクリックします。

  • ダイアログボックスで[削除]をクリックします。

リストが削除できない理由をご確認ください。