お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Tasks

タスクキューを使用する

更新日時 2020年 7月 15日

対象製品

Sales Hub  Starter, Professional, Enterprise
Service Hub  Starter, Professional, Enterprise

タスクを作成してそれらを自分自身や他のユーザーに割り当てることができます。また HubSpot アカウント内の他のユーザーから割り当てられることも可能です。

HubSpot で複数タスクを連続的に完了するには、タスクキューを作成して実行します。タスクを作成してタスクキューに追加したら、他のユーザーを HubSpot アカウントに招待してタスクキューを実行することもできます。

タスクキューを開始すると、最初のタスクを完了するための関連するコンタクトレコードが表示されます。最初のタスクが完了したら、引き続いてキュー内のタスクが実行され、その処理がすべてが完了するか、スケジュールを再設定するか、またはスキップするまで続けられます。

注意:タスクキューを開始するためには、Sales HubまたはService Hub有料シートが割り当てられたユーザーでなければなりません。

タスクキューを作成する

タスクキューを作成するには、次のようにします。

  • HubSpotアカウントにて、[セールス] > [タスク]の順に進みます。
  • 左にあるサイドバーで [キューを追加] をクリックします。
  • 右側のパネルで、タスクキューの名前を入力します。
  • サブスクリプションがSales Hub ProfessionalまたはEnterprise、あるいはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseである場合、ユーザーをタスクキューに招待できます。
    • [ユーザーをキューに追加] ドロップダウンメニューをクリックして、招待するユーザーを探します。
    • ユーザーの名前の横にあるチェックボックスをオンにします。
    • 招待したユーザーを削除するには、ドロップダウンメニューで彼らの名前の横にある [X] をクリックします。

注:タスクキューに追加できるユーザーは、Sales HubまたはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseのシートが割り当てられているユーザーだけです。ユーザーを各自のタスクキューに招待し、タスクキューを変更できるのは、そのタスクキューの作成者だけです。

  • [保存] をクリックします。彼らのユーザープロファイルの写真がタスクキューの名前の横に表示されます。
  • この新しいタスクキューまだは空です。タスクをキューに追加する必要があります。
既存のタスクを空のキューに追加するには、次のようにします。
  • 左のサイドバーメニューで [タスクを開く] をクリックします。
  • タスクの横にあるチェックボックスを選択します。
  • テーブルの一番上にある [キューに追加] をクリックします。
  • ダイアログボックスで、[キュー] ドロップダウンメニューをクリックし、キューを選択します。次に [追加] をクリックします。

  • あなたとあなたが追加したユーザーは、タスクキュー内のタスクへのアクセス権が割り当てられ、キュー内のタスクの実行を支援できます。

新しいタスクを作成したなら、それをキューに追加できます。そのためには、[キュー] ドロップダウンメニューをクリックし、タスク追加先のキューを選択します。

タスクダッシュボードのフィルタリングされたビューから直接キューを開始するには、右上の [キューを開始] をクリックします。これらの既定のビューではタスクがステータス別またはタスクタイプ別にフィルタリングされるため、すぐに締め切りが来るタスクを優先したり、特定のタスクタイプに集中したりすることができます。

注:各タスクキューのタスクは500件に制限されます。また、各アカウントでユーザーごとに作成できるタスクキューは最大10個です。新しいキューを作成する必要があるときに、キューの上限に達している場合は、完了したキューしてから新しいキューを作成することを検討してください。

タスクキューでタスクを完了する

タスクキューを開始するには、次のようにします。

  • HubSpotアカウントにて、[セールス] > [タスク]の順に進みます。
  • 左にあるサイドバーで、対象のタスクキューをクリックします。フィルター (開封タスクなど) をクリックすることもできます。
  • 右上にある [キューを開始] をクリックします。
  • タスクを完了するために、該当するレコードにリダイレクトされます。詳細な情報が必要な場合は、レコードの右パネル関連付するレコードをクリックすることができます。その場合も、タスクキューの中にとどまったままです。
  • LinkedIn Sales Navigatorのタスクをキューに追加した場合は、LinkedIn Sales Navigatorが開き、InMailメッセージまたはつながりリクエストをキューから直接送信できます。

注:LinkedIn Sales Navigatorのタスクを作成するときに [コメント] フィールドにメッセージコンテンツを追加した場合、このコンテンツはInMailまたはつながりリクエストには自動的に取り込まれません。メッセージコンテンツは手動で入力する必要があります。

  • タスクを完了できない場合は、次のいずれかの手順を実行できます。
    • 右上の [スキップ] をクリックして、とりあえずこのタスクをスキップして次のタスクに移ります。
    • 右上の [再スケジュール] をクリックしてタスクの期日を更新します。スケジュールを再設定したら、[次へ] をクリックして次のタスクを実行します。
    • 右上にある [X] をクリックしてタスクキューを終了し、レコード上にとどまります。
  • タスクを完了したら、右上の [完了] をクリックします。
  • [進捗] ドロップダウンメニューをクリックすることにより、キュー内の今後のタスクを表示することもできます。

 

タスクキューを編集または削除する

  • HubSpotアカウントにて、[セールス] > [タスク]の順に進みます。
  • 左のサイドバーで、編集または削除するタスクキューをクリックします。
  • 右上の [アクション] ドロップダウンメニューをクリックします。
    • キューを削除:選択して、ダイアログボックスで [削除] をクリックし、タスクキューを完全に削除します。
    • キューを編集:選択して、右側のパネルで、タスクキューの名前を変更したり、キューへのアクセス権を持っているユーザーを更新したりできます。完了したら、[保存]をクリックします。

既存のタスクキューに他のユーザーを追加する

サブスクリプションがSales Hub ProfessionalまたはEnterprise、あるいはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseである場合、ユーザーをタスクキューに追加できます。これらのユーザーは、キュー内のタスクを表示して完了できます。

追加できるユーザーは、Sales HubまたはService Hub ProfessionalまたはEnterpriseのシートが割り当てられているユーザーだけです。ユーザーをタスクキューに招待し、タスクキューを変更できるのは、そのタスクキューの作成者だけです。

  • HubSpotアカウントにて、[セールス] > [タスク]の順に進みます。
  • 左にあるサイドバーで、他のユーザーを追加する既存のタスクキューをクリックします。ユーザーを追加する新しいタスクキューを作成することもできます。
  • タスクキューの名前の横にある [共有] をクリックします。

  • 右側のパネルで [ユーザーをキューに追加] ドロップダウンメニューをクリックして、招待するユーザーを探します。ユーザーの名前の横にあるチェックボックスをオンにします。招待したユーザーは、ドロップダウンメニューで彼らの名前の横にある [X] をクリックして削除します。

  • [保存] をクリックします。彼らのユーザープロファイルの写真がタスクキューの名前の横に表示されます。彼らは、タスクキューへのアクセス権が割り当てられ、キュー内のタスクの実行を支援できます。

タスクをタスクキューに自動的に追加する

ワークフローツールまたはシーケンスツールを利用できる場合は、タスクを自動的に作成して共有タスクキューに追加できます。これにより、タスクキューに招待されているさまざまなユーザーがタスクを表示して完了できます。

ワークフロー

これは、ワークフローを利用できる場合にのみ適用されます。ワークフローを作成して [タスクを作成] アクションを追加すると、右側のパネルで、タスクキューにタスクを追加できるようになります。

[タスクを作成] アクションを追加したら、右側のパネルで次のようにします。

  • [タスクキューに追加] ドロップダウンメニューをクリックし、タスクを追加するタスクキューを選択します。
  • 他のフィールドに関連する情報を入力したら、[保存] をクリックします。

タスクキューを複数のユーザーと共有するように選択した場合は、そのすべてのユーザーがキュー内のタスクを表示して実行できます。

シーケンス

これは、シーケンスを利用できる場合にのみ適用されます。シーケンスを作成してタスクステップを追加すると、タスクを追加するタスクキューを選択できるようになります。

  • タスクステップを追加する場合は、[キュー] ドロップダウンメニューをクリックし、タスクを追加するタスクキューを選択します。
  • [追加] をクリックし、シーケンスの編集を続行します。

タスクキューを複数のユーザーと共有するように選択した場合は、そのすべてのユーザーがキュー内のタスクを表示して実行できます。

/jp/tasks/use-task-queues