メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Tasks

タスクキューを使用する

更新日時 2022年 6月 3日

対象製品

Sales Hub Starter, Professional, Enterprise
Service Hub Starter, Professional, Enterprise

HubSpotでは、、タスクを作成してToDoリストを管理することができます。複数のタスクを連続的に完了するには、タスクキューを作成します。タスクキューを開始すると、その最初のタスクを完了できるように、関連付けられたレコード(コンタクト、会社など)が自動的に表示されます。キュー内の1つのタスクが完了すると、次の タスクに関連付けられたレコードが表示されます。

Sales Hubまたは Service HubProfessionalまたはEnterpriseのシートが割り当てられたユーザーは、ProfessionalおよびEnterpriseのシートを持つ他のユーザーをキュー内のタスクの作業に招待することも可能です。 

注:各ユーザーは各アカウントに最大20件のタスクキューを作成できます。新しいキューを作成する必要があるときに、キューの上限に達している場合は、新しいキューを作成するために完了済みのキューを削除することを検討してください。

タスクキューを作成する

Sales HubまたはService Hubの「Starter」、「Professional」、「Enterprise」のシートが割り当てられているユーザーは、個人で使用するタスクキューを作成することができます。プロフェッショナルまたはエンタープライズシートを持つユーザーであれば、プロフェッショナルおよびエンタープライズシートを持つ他のユーザーのために共有キューを作成することもできます。

新規タスクキューを作成するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、[セールス] > [タスク]の順に進みます。
  • 右上にある[キューを追加]をクリックします。

add-task-queue-updated

  • 右側のパネルで、タスクキューの名前を入力します。
  • Sales Hub またはService Hub Professional またはEnterpriseのシートを持つユーザーであれば、他のユーザーを自分のタスクキューに招待することができます。タスクキューの作成者のみが、ユーザーを招待し、キューの編集や削除などの変更を行うことができます。

注:タスクキューに追加できるユーザーは、Sales Hub」または「Service Hub Professional」、「Enterprise」のシートが割り当てられているユーザーのみです。キューにアクセスできないユーザーにキュー内のタスクを割り当てると、そのタスクはキューから削除されます。

    • [ユーザーをキューに追加]ドロップダウンメニューをクリックして、招待するユーザーを探します。
    • ユーザー名の横にあるチェックボックスをオンにします。
    • 招待済みのユーザーを削除するには、ドロップダウンメニューで名前の横にある[X]をクリックします。

name-task-queue-1

タスクをキューに追加する

  • HubSpotアカウントにて、[セールス] > [タスク]の順に進みます。
  • キューに新しいタスクを追加するには、[タスクの作成]をクリックします。タスクの詳細を入力し、[キュー]ドロップダウンメニューからキューを選択します。
  • 既存のタスクをキューに追加するには、キューに追加したいタスクの横にあるチェックボックスを選択し、テーブルの上部にある「キューの変更」をクリックします。

change-queue-updated

  • ダイアログボックスで、ドロップダウンメニューの中のキューを選択します。
  • [保存]をクリックします。

select-change-task-queue

これで、あなたとキューを共有しているユーザーがタスクにアクセスして、タスクの完了に協力できるようになります。 

タスクキューでタスクを完了する

タスクキューを開始すると、まず最初のタスクから始まり、キュー内の各タスクに関連付けられたレコードが連続的に表示されます。レコードに関連付けられていないキュー内のタスクは自動的にスキップされます。キュー内のどのタスクもレコードと関連付けられていない場合、キューを開始することはできません。

  • HubSpotアカウントにて、[セールス] > [タスク]の順に進みます。
  • 作業したいタスクキュークリックします。タスクキュータブには、Upcomingなどのデフォルトキューもあります。
  • 右上にある[タスクを開始]をクリックします。レコードに関連付けられていないタスクがある場合、関連付けを追加するか、タスクを完了するか、またはタスクをスキップするように求められます。

start-task-queue-updated

キューの最初のタスクに関連付けられたレコードにリダイレクトされます。タスクの種類メール電話LinkedIn Sales Navigatorなど)を指定した場合、対応するアクティビティエディタがレコード上で自動的に開きます。

注:LinkedIn Sales Navigatorのタスクを作成するときに[コメント]フィールドにメッセージコンテンツを追加した場合、このコンテンツに自動的にInMailまたは接続リクエストが取り込まれることはありません。メッセージコンテンツは手動で入力する必要があります。

各レコードでは、以下のいずれかの操作を行うことができます。

  • タスクを完了する場合は、[完了]をクリックして次のタスクに進みます。
  • タスクキューでコンタクトにEメールを送信する場合、Eメールの送信時にタスクを自動的に完了するかどうかを選択できます。
    • Eメールエディターの下部のdownCarat下向きカラットを選択します。 
    • Eメールを送信してタスクを完了するには、[送信してタスクを完了]を選択します。Eメールを送信するものの、まだタスクを完了にしない場合は、[送信]を選択してすぐに送信するか、[後で送信]を選択してEメール送信をスケジュールします。
  • タスクを完了できない場合は、次のいずれかを実行します。
    • 右上にある[スキップ]のをクリックして、このタスクをスキップし、次のタスクに移動します。スキップしたタスクは未完了のままになります。
    • 期日を後の日付に再スケジュールするには、右上の[再スケジュール]をクリックします。再スケジュールができたら、[次へ]をクリックして次のタスクに進みます。
    • 右上にある[X]をクリックしてタスクキューを終了し、レコード上にとどまります。 
  • レコードの右側のパネルで任意の関連レコードをクリックできます。その場合も、タスクキュー内にとどまったままです。[進捗]ドロップダウンメニューをクリックして、いつでもキュー内にある今後のタスクを表示することもできます。

タスクキューで作業している間は、レコードのタスクを削除することはできません。キュー内のタスクを削除するには、タスクインデックスページに戻ります。

タスクキューを編集、削除、または並べ替える

タスクキュー名の変更、キューに含まれるタスクの編集ができます。使用していないタスクキューを削除したり、使いやすいようにタスクキューを並べ替えたりすることもできます。プロフェッショナルまたはエンタープライズシートを持つユーザーであれば、他のプロフェッショナルおよびエンタープライズユーザーにキューへのアクセス権を与えることができます。

注意:共有タスク・キューでは、キューを作成したユーザーだけが編集や削除を行うことができます。

  • HubSpotアカウントにて、[セールス] > [タスク]の順に進みます。
  • 上部のタブから削除するキューを選択します。キューが表示されない場合は、[その他]ドロップダウンメニューをクリックし、キューを選択します。
  • 正しいタブに移動したら、キューの名前をクリックします。ドロップダウンメニューで、次の操作を行います。
    • 編集:右側のパネルで、タスクキューの名前を変更するか、キューにアクセスできるユーザーを追加または削除します。[保存]をクリックします。
    • 削除:キューを削除します。ダイアログボックスで[削除]をクリックします。
    • ビューを並べ替え:キュータブを並べ替えます。右側のパネルで、キューをドラッグして適切な順序に並べ替えて[保存]をクリックします。

edit-task-queue-1

タスクキューに自動的にタスクを追加する

ワークフローまたはシーケンスにアクセスできるアカウントでは、タスクを自動的に作成し、共有タスクキューに追加して、他のユーザーがタスクを表示し、完了させることができます。

ワークフロー(「Professional」および「Enterprise」のみ)

ワークフローを作成して[タスクを作成]アクションを追加するときに、右側のパネルでタスクキューにタスクを追加できます。

  • [タスクを作成]セクションを追加するときに、[タスクキューに追加]ドロップダウンメニューをクリックし、タスクの追加先とするタスクキューを選択します。
  • タスクの詳細を入力し、[保存]をクリックします。
複数のユーザーと共有されているタスクキューを選択した場合は、そのすべてのユーザーがキュー内のタスクを表示して実行できます。

シーケンス(「Professional」および「Enterprise」のみ)

 シーケンスを作成してタスクステップを追加する際に、そのタスクの追加先とするタスクキューを選択できます。

  • タスクステップを追加するときに、[キュー]ドロップダウンメニューをクリックし、タスクの追加先とするタスクキューを選択します。
  • [追加]をクリックし、シーケンスの編集を続行します。

複数のユーザーと共有されているタスクキューを選択した場合は、そのすべてのユーザーがキュー内のタスクを表示して実行できます。

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.