メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Inbox

WhatsAppの会話に関する同意の収集と管理

更新日時 2023年 1月 20日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise

WhatsAppビジネスアカウントを会話受信トレイのチャンネルとして接続した後、WhatsAppを使用したコミュニケーションについて相手から明示的な同意を得る必要があります。

連絡先は、WhatsAppスレッド内の特定のキーワードで明示的に同意することができます。また、連絡先が明示的かつ検証可能な承諾をした場合、手動でWhatsAppメッセージの受信を選択することも可能です。

WhatsAppの同意要件

WhatsAppでは、事前に承認されたテンプレートを使ってメッセージを送信することで、テキスト会話を開始することができます。連絡先は、業務上のWhatsAppメッセージを使用して通信することに明示的に同意する必要があります。WhatsAppビジネスアカウントにメッセージを送信した方には、貴社からのメッセージ受信に同意する旨を明確に伝える必要があります。事業所名を記載し、適用される法律に準拠する必要があります。

サービス利用規約やプライバシーポリシーなど、関連する法的文書を更新し、WhatsAppの同意と処理方法について詳しく説明するとよいでしょう。WhatsAppビジネスアカウントをHubSpotに接続すると、参照することによりWhatsAppビジネス利用規約に組み込まれ、WhatsAppビジネスサービスの使用に適用されるWhatsAppビジネスメッセージングポリシーに同意することになりますので、ご注意ください。このポリシーには、WhatsAppの同意をユーザーから得るための要件が概説されていますので、よくお読みください。

免責事項:このページは、同意要件の包括的な要約でもなければ、あなたの組織が同意要件を遵守するために使用する法的助言でもありません。その代わりに、WhatsApp同意のオプションと、それがお客様の組織にどのように適用されるかをより良く理解するための背景情報を提供します。この情報は、弁護士がお客様の具体的な状況に応じて法律を適用する法的助言とは異なりますので、この情報の解釈や正確さについて助言をお求めの場合は、弁護士にご相談ください。

WhatsAppスレッドでオプトインキーワードを使用してコンタクトを登録します。

連絡先は、WhatsAppスレッドにキーワードを添えてメッセージを送信し、御社からのWhatsApp通信の受信をオプトインまたはオプトアウトすることができます。HubSpotでは、オプトインおよびオプトアウトの同意のトリガーとなる特定のキーワードを提供しています。これらのキーワードは下表のとおりです。

言語 オプトイン オプトアウト
英語 起動、購読、停止 stop, stopall, unsubscribe, cancel, end, quit
スペイン語 エンペザール アルト
フランス語 コメンター ARRÊTER
ポルトガル語 イニシエール パラ
ドイツ語 LOSLEGEN ビーエンデン
日本語 開始 停止

ワッツアッップメッセージ配信停止キーワード

注意: WhatsAppのクリックチャット機能を使い、ユーザーがリンクをクリックすると自動的にチャットが開始されるようなリンクを作成することも可能です。WhatsAppヘルプセンターにて、クリックチャット機能について詳しくご説明しています。

WhatsAppテンプレートにマーケティングのオプトアウトボタンを含め、連絡先がそれをクリックすると、自動的にHubSpotで配信が停止されます。WhatsAppビジネスアカウントでメッセージテンプレートを作成する方法については、Facebookアカウントにログインし、Metaのビジネスヘルプセンターでこちらの記事をご覧下さい。

コンタクトのオプトインステータスを手動で編集・管理することが可能

連絡先から WhatsApp 連絡を受け取ることに明示的かつ検証可能な同意を得た場合、連絡先記録から連絡先の WhatsApp 契約状況を手動で編集することができます。

コンタクトのオプトインコンセントを管理するため。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
  • コンタクトの名前をクリックします。
  • 左サイドバーの「コミュニケーション」サブスクリプションセクションで、「サブスクリプションの表示」をクリックします。
  • 右側のパネルで、WhatsApp購読の種類にカーソルを合わせて下さい。
    • 手動でコンタクトを登録または再登録する場合。
      • 相手がまだWhatsAppメッセージの受信を希望していない場合、「受信」をクリックします。WhatsAppメッセージの受信を拒否している場合、[ 再登録 ]をクリックして再登録することができます。
      • ダイアログボックスで、通信の法的根拠を選択し、通信に関する説明を入力します。
      • [保存]をクリックします。
    • WhatsAppメッセージの受信を手動で解除したい場合、「受信解除」をクリックします。

whatsapp-manual-opt-in-status-settings(マニュアル・オプトイン・ステータス・セッティング)

購読状況パネルの履歴」タブをクリックすると、連絡先の購読履歴を確認できます。この履歴には、各購読状況変更の法的根拠、説明、タイムスタンプなどの詳細、および購読状況変更を要求したお客様のアカウントのユーザーなどが含まれています。

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.