メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

HubSpotとShopifyを接続する

更新日時 2021年 10月 20日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotとShopify統合は、Eコマースのアクティビティーとマーケティングアクティビティーの間のギャップを埋めるものです。

ShopifyストアをHubSpotに接続する

1件以上のShopifyストアをHubSpotに接続できます。接続されている各Shopifyストアには、ストア固有の埋め込みEコマース ワークフロー セットとEコマース設定ページがあります(Marketing HubSales Hub ProfessionalEnterpriseアカウントのみ)。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコンmarketplace ]をクリックし、[アプリマーケットプレイス]を選択します。
  • 検索バーを使用してShopify連携を検索して選択します。
  • 右上の[アプリをインストール]をクリックします。
  • ダイアログボックスで、ストアのShopify URLを入力し、[Shopifyに接続]をクリックします。
  • ポップアップウィンドウで、Shopifyの認証情報を入力してから[ログイン] をクリックします。

HubSpotに戻されて、ShopifyストアがHubSpotに接続されていることを示すダイアログボックスが表示されます。HubSpotトラッキングコードがすべてのShopifyストアページに自動的に追加されます。Shopifyからのデータインポートの進捗状況を確認するか、[Eコマース設定に移動]をクリックして同期設定を変更します。

最初のストアが接続されたら、Shopify統合ページから追加のShopifyストアを接続できます。左上のストアの名前をクリックし、[+別のストアを接続]を選択します。ストアを切り替えるには、右上にある[ストア名]ドロップダウンメニューを使用します。

コンタクト、取引、製品のプロパティーである[Source store(ソースストア)]は、オブジェクトと同期されている接続済みShopifyストアを特定する際に使用できます。またこのプロパティーを使用することで、個々のストアのデータ、あるいは接続済みのすべてのストアのデータをレポート、絞り込み、表示したりできます。

同期設定のカスタマイズ

ShopifyストアがHubSpotに接続されたら、同期設定をカスタマイズできます。デフォルトでは、ShopifyからHubSpotへの一方向の同期が、連絡先、取引、製品の同期に対して有効になっています。これは、取引や商品の同期では変更できません。 

連絡先の双方向同期を有効にするには

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • Shopify」をクリックします。 
  • Contacts」タブをクリックします。
  • Contact sync rulesセクションで、Sync limited HubSpot updates to Shopify (required Shopify login )チェックボックスを選択し、双方向の同期を有効にします。 

双方向同期が有効になっている場合、ShopifyアカウントまたはHubSpotアカウントのどちらかで以下のコンタクトプロパティーを更新するたびに、その更新が同期されます。

  • マーケティングの受け入れ
  • 受け入れるマーケティング更新時間
  • 住所
  • 既定のアドレス
  • 電話番号
  • 免税

「Eメール」コンタクトプロパティーについては、最初にShopifyでコンタクトを作成したときにHubSpotと同期されますが、ShopifyでコンタクトのEメールアドレスを更新した場合には、その新しいEメールアドレスはHubSpotと同期されません。HubSpotでEメールアドレスを更新する場合には、その新しいアドレスはShopifyと同期されます

注:Eコマースパイプラインを編集しないことをお勧めします。このパイプラインは、Eコマースブリッジを使用しているすべての統合によって使用されます。いずれかのストアを更新すると、このパイプラインは既定のラベルおよびステージに戻ります。

フィールドマッピングを編集

Shopifyアプリを接続すると、HubSpotでデータがどのように作成、更新、削除されているかを確認したり、HubSpotとShopifyの間のフィールドマッピングを編集したりすることができます。 

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のパネルで、「Integrations」> 「Connected apps」に移動し、「Shopify」をクリックします。
  • 連絡先」取引先」「商品」タブをクリックすると、そのオブジェクトの詳細情報が表示されます。 
  • オブジェクト]同期ルール]セクションでは、ShopifyのどのオブジェクトがHubSpotのどのオブジェクトと同期しているか、オブジェクトレコードの作成、更新、削除のルールなどの詳細情報を表示します。
  • object] field mappingsをクリックすると、HubSpotのプロパティとShopifyのフィールドのマッピングが表示されます。 
  • 新しいフィールドマッピングを追加するには、「新しいマッピングの追加」をクリックします。 
  • ドロップダウンメニューを使って、マッピングしたいHubSpotのプロパティとShopifyのフィールドを選択します。 
  • [保存]をクリックします。
  • フィールドマッピングを編集するには、マッピングの横にあるActionsをクリックし、Edit をクリックします。
  • フィールドマッピングを削除するには、マッピングの横にある「アクション」をクリックし、「削除」をクリックします。

Shopify連携の使用について詳細をご確認ください。