Integrations

HubSpotとShopifyを接続する

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotとShopify統合は、Eコマースのアクティビティとマーケティングアクティビティの間のギャップを埋めるものです。

ShopifyストアをHubSpotに接続する

1件以上のShopifyストアをHubSpotに接続できます。接続されている各Shopifyストアには、ストア固有の埋め込みEコマース ワークフロー セットとEコマース設定ページがあります(Marketing HubSales Hub ProfessionalEnterpriseアカウントのみ)。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコンmarketplace ]をクリックし、[アプリマーケットプレイス]を選択します。
  • 右上にある[アプリマーケットプレイスにアクセス]をクリックします。
  • 検索バーを使用してShopify統合を検索します。Quickbooks統合にカーソルを重ねて、[統合を表示]をクリックします。
  • ダイアログボックスで、ストアのShopify URLを入力し、[Shopifyに接続]をクリックします。
  • ポップアップウィンドウで、Shopifyの認証情報を入力してから[ログイン] をクリックします。

HubSpotに戻されて、ShopifyストアがHubSpotに接続されていることを示すダイアログボックスが表示されます。HubSpotトラッキングコードがすべてのShopifyストアページに自動的に追加されます。Shopifyからのデータインポートの進捗状況を確認するか、[Eコマース設定に移動]をクリックして同期設定を変更します。

最初のストアが接続されたら、Shopify統合ページから追加のShopifyストアを接続できます。右上にある ドロップダウンメニューをクリックして、[+ Connect another store(+別のストアを接続)]を選択します。ストアを切り替えるには、右上にあるドロップダウンメニューを使用します。

コンタクト、取引、製品のプロパティーである[Source store(ソースストア)]は、オブジェクトと同期されている接続済みShopifyストアを特定する際に使用できます。またこのプロパティーを使用することで、個々のストアのデータ、あるいは接続済みのすべてのストアのデータをレポート、絞り込み、表示したりできます。

データ同期をセットアップする

ShopifyストアがHubSpotに接続されたら、同期設定をカスタマイズできます。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。 
  • [Eコマース]をクリックします。
  • [一方通行の同期]または[双方向の同期]を選択します。
    • 一方通行の同期:これは既定で有効になります。ShopifyからHubSpotへのデータ同期のみが行われます。
    • 双方向の同期:双方向の同期を有効にして、顧客情報が確実に最新の状態になるようにします。Eコマースの設定の[データ同期]セクションで、[双方向同期]を選択し、ダイアログボックスで[有効にする]をクリックします。Shopifyの資格情報を入力します。

two-way-sync-shopify-1

双方向同期が有効になっている場合、コンタクトの以下のプロパティーが同期されます。

  • マーケティングの受け入れ
  • 受け入れるマーケティング更新時間
  • 住所
  • 既定のアドレス
  • 電話番号
  • Eメール
  • 免税

注:Eコマースパイプラインを編集しないことをお勧めします。このパイプラインは、Eコマースブリッジを使用しているすべての統合によって使用されます。いずれかのストアを更新すると、このパイプラインは既定のラベルおよびステージに戻ります。

Shopify統合の使用方法をご確認ください。またはすでにPieSyncを使用している場合はPieSyncを使用してShopifyを接続する方法について詳細を確認できます