メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Reports

単一オブジェクトおよびクロスオブジェクトのカスタムレポートを作成する

更新日時 2021年 7月 26日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise
Operations Hub  Professional

カスタムレポートを使用すると、HubSpotアカウントでオブジェクトやアクティビティーを分析する際の柔軟性が高まります。

レポートリストを使用すると、アカウントの既定のレポートすべてを管理したり、作成するカスタムレポートを管理したりすることができます。

カスタム オブジェクト レポートに使用できるオブジェクトタイプは、コンタクト、会社、取引、チケット、アクティビティー、商品項目、またはフィードバック送信数です。単一オブジェクトレポートとクロスオブジェクトレポートの両方を作成できます。

  • 単一オブジェクト:1つのオブジェクトタイプについてのレポートを作成できます。
  • クロスオブジェクト:2つの異なるオブジェクトタイプの間の関係を分析することができます。

注:サブスクリプションに応じて、カスタムレポートの数に制限があります。それらの制限については、HubSpot製品&サービスカタログをご確認ください。

オブジェクトに基づくレポートを作成するには、次のようにします。

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [レポート]の順に進みます。
  • 右上の[カスタムレポートを作成]をクリックします。
  • 左側のパネルで、[単一オブジェクト]または[クロスオブジェクト]を選択します。
  • レポートの対象とするオブジェクトを選択し、[次へ]をクリックします。
  • 上部にあるレポートの名前をクリックしてそれを編集します。
  • 左側のパネルで[[オブジェクトタイプ]を追加]プロパティーをクリックし、レポート対象とするプロパティーを参照して選択します。
    • 該当するプロパティーを選択したら、左側のパネルで、プロパティーをドラッグ&ドロップして、右側のテーブル内の列を並べ替えます。
    • プロパティーを削除するには、[x]をクリックします。

  • 左上の[フィルター]をクリックして、レポートに表示されるレコードをセグメント化します。
    • [フィルターを追加]をクリックし、レポートを絞り込むために使用するプロパティーを参照するか検索し、条件を設定します。ANDおよびORロジックを使用してレコードを絞り込むことができます。
    • 取引金額についてのレポートを作成する際、複数の通貨がある場合、特定の通貨で取引を絞り込むにはここに通貨プロパティーを追加することができます。

注:レポートには少なくとも1つのフィルターを追加する必要があります。

  • プロパティーとフィルターを設定したら、[データを取得]をクリックして関連するレコードを収集します。すでにレコードが自動的に収集されている場合は、次のステップに進みます。
  • [視覚化]タブをクリックし、レポートのチャートをカスタマイズします。
  • チャートタイプを選択します。オプションは、選択したオブジェクトタイプによって異なります。
  • [チャートの構成]セクションでプロパティー[表示]セクションにドラッグ&ドロップして、チャートに追加します。データをプロットするには、日付プロパティー、または特定のカウント情報を提供するプロパティーを選択する必要があります。
cross-object%20visualization

注:クロスオブジェクトレポートでは、各レコードが表示されている指標と一致するたびに、そのレコードを繰り返しカウントします。

1つの特定のオブジェクトタイプ(コンタクトなど)に基づいてレポートに表示する指標を選択すると、レポートではその指標と一致するレコードのインスタンスの数をカウントします。他のオブジェクトタイプ(会社など)のレコードについては、レポートではあるレコードに複数の関連付けがある場合、そのレコードを複数回カウントします。

たとえば、クロスオブジェクトレポートの対象が2つのコンタクトに関連付けられている会社のデータセットである場合は次のようになります。

  • 表示する指標として[作成日(コンタクト)]が選択されている場合:
    • 会社の2つのインスタンスが示されます。この会社には2つのコンタクトが関連付けられていることから、この会社はコンタクトの作成日が既知であるという指標に2回一致するためです。
    • それぞれのコンタクトは表示された指標と1回一致するため、各コンタクトが1インスタンスとしてカウントされます。
  • 表示する指標として[作成日(会社)]が選択されている場合:
    • 会社の1インスタンスのみが示されます。この会社は、会社作成日が既知であるという指標と1回一致するためです。
    • それぞれのコンタクトが関連付けられている会社は1つであるため、各コンタクトも1インスタンスとしてカウントされます。
  • 右上にある[頻度]をクリックし、レポートの時間間隔を指定します。[週次]を選択した場合、レポートの対象は月曜日からの1週間ごとになります。
  • レポートの指標として日付プロパティーに基づく線グラフまたは面グラフを選択した場合、現在のデータセットを目標または前の期間と比較できます。右上の[表示オプション]ドロップダウンメニューをクリックします。
    • 各月の静的数値目標とデータを比較するには、[月次レポート目標を含める]を選択し、[目標]フィールドに月間目標を入力します。 
    • レポート内のデータに関連する既存の目標とデータを比較するには、[[測定]目標を含める]を選択します。
    • データを以前の期間と比較するには、[比較]ドロップダウンメニューをクリックし、現在のデータを比較する日付範囲を選択します。ここに表示されるオプション、は設定した日付のプロパティーフィルターによって異なります。

reports-comparison-options

  • 取引に関するレポートの場合、アカウントで複数の通貨を使用していて、[会社通貨での金額]プロパティーが選択されていると、既定では、[会社の通貨での最終金額]プロパティーまたは[会社の通貨での予想額]プロパティーは会社通貨で表示されます。金額を別の通貨で換算するには、[通貨]ドロップダウンメニューをクリックし、別の通貨を選択します。
  • レポートのデータを使用してファイルを受信するには、右上にある[エクスポート]をクリックします。ダイアログボックスで、[ファイルタイプ]を選択し、このファイルを受信するEメールアドレスを入力してから[エクスポート]をクリックします。
  • レポートが完了したら、[保存]をクリックして、それを保存レポートのリストに追加します。